甲状腺について

甲状腺(こうじょうせん)は甲状軟骨という喉の骨にある甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官。
・甲状腺ホルモンの分泌量が増えると甲状腺機能亢進症、通称「バセドウ病」
・分泌不足になると甲状腺機能低下症
・炎症が起きると「橋本病」、さらに進行すると甲状腺機能低下症になります

この甲状腺の病気は圧倒的に女性が罹る割合が高く、年代では30~50代に多く見られ、また、少し特徴的な症状もあり「喉が腫れる」ということが多く見られます。
酷い方であればかなり腫れています。

鏡で簡単にチェックができるので、まずは「喉が腫れていないか?」要チェックです!

Share

関連記事

漢方薬のご相談先を紹介いたします

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 当院の患者様でも時々病院で漢方薬を処方されている方がいらっしゃいます。 しかし、その漢方薬は本当に正しい処方がされているかどうかは疑問があります。 そこで、[…]

[» 続きを見る]

体育の日の豆知識

本日は体育の日。 本来なら祝日も診療しておりますが、本日はお休みになります。 さて、体育の日はどのように作られたかご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、知らないという方への豆知識! 体育の日は、50年前の東京オリンピッ[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の病気の大まかな分類

東洋医学では病気を大まかに分類すると2つに分類することができる。 それが、「実証」と「虚証」。 この2つは身体における正気と邪気の盛衰の状況を反映したもので、正気が不足した状態であれば虚証、邪気が盛んであれば実証として現[…]

[» 続きを見る]

「夏バテ」のセルフケア

お盆が終わりましたが楽しめましたか? 毎年のことですが、帰省ラッシュに会い逆に疲れたなんて方もいらっしゃるかもしれませんね。 さて、前回に続いて夏バテに関してですが、前回は東洋医学では夏バテをどのように考えるのかをお伝え[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療後の基礎体温の変化

多嚢胞卵巣症候群と診断された30代女性。 治療前の基礎体温は低温期でも体温が36.7℃以上になったり、13日(赤丸の日)で高温期を迎えても36.7℃を下回ったりとガタガタしており、きれいな2層には分かれていない。 病院で[…]

[» 続きを見る]