アトピー性皮膚炎に照海穴

30代女性。
幼少期よりアトピー性皮膚炎があったが、高校生の時に毎日のように菓子パンを食べていたら症状悪化。
以後、ステロイド軟膏を使用し症状を和らげていたが、今年の春から仕事の関係上、パンをよく食べるようになり再度症状が悪化する。
症状は春から夏にかけて全身に痒みがあり、特に夜になると痒みが増す。

弁証:腎陰虚>湿困脾土

左照海穴を基本とし、豊隆・隔兪・至陽・合谷などを使用し、治療すること3ヶ月・13回の治療で皮膚の赤みがかなり引き、夜の痒みも引いてくる。
肌の見た目も落ち着いてきたため、春ごろにはもっと良い状態になるでしょう。

Share

関連記事

背中の湿疹の症例

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 久しぶりの症例報告になります。 今回は30代女性の背中の湿疹です。 写真に関しては女性の背中ということで控えさせていただきます。 高校生の頃~春の花粉症[…]

[» 続きを見る]

冬になると悪化する生理痛。冷えと生理痛の関係とは?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 全国的に寒暖差の激しい2019年の冬ですが、体調を崩してはいないでしょうか? 今回は「冬になると悪化する生理痛」についてのお話です。 理想的な生理の状態は痛みがないこと。ですが、多[…]

[» 続きを見る]

花粉症 47歳 女性

もともとは昨年の夏から美容鍼を受けに来られていた方。 美容鍼とともに春には花粉症があると言うことで身体の治療は花粉症のための治療を行っていました。 症状としては鼻水や鼻づまりはそれほどなく、目の痒みがあるていど。 弁証:[…]

[» 続きを見る]

医療費控除してますか?

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今日はいつもより少し温かくなる予報で、最近は日の入り時間が少し遅くなってきたため、春はもうすぐそこまで来ている感じがします。 そして、毎年この時期といえば個人事業主にとってはや[…]

[» 続きを見る]

心と身体

心と身体は切っても切り離せない関係です。 今までにもうつ病の方やパニック障害など心の病を抱えている方の治療に当たる機会がありましたが、治療をしていると本当にそう感じています。 一般的には心の病を抱えている方は心療内科や精[…]

[» 続きを見る]