アトピー性皮膚炎に照海穴

30代女性。
幼少期よりアトピー性皮膚炎があったが、高校生の時に毎日のように菓子パンを食べていたら症状悪化。
以後、ステロイド軟膏を使用し症状を和らげていたが、今年の春から仕事の関係上、パンをよく食べるようになり再度症状が悪化する。
症状は春から夏にかけて全身に痒みがあり、特に夜になると痒みが増す。

弁証:腎陰虚>湿困脾土

左照海穴を基本とし、豊隆・隔兪・至陽・合谷などを使用し、治療すること3ヶ月・13回の治療で皮膚の赤みがかなり引き、夜の痒みも引いてくる。
肌の見た目も落ち着いてきたため、春ごろにはもっと良い状態になるでしょう。

Share

関連記事

塵も積もれば山となる

皆さんは健康のために何かやっていますか? 健康のために何かをするというのは意外と大変ですが、逆に不健康なこと、つまり身体に良くないことは結構日々の生活の中であるのではないでしょうか? 日本にはこんな諺がありますよね。 「[…]

[» 続きを見る]

インフルエンザが警報レベル

おはようございます。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今朝のニュースで知りましたが、愛知県のインフルエンザ情報ですが、警報レベルに達していると出ておりました。 実際に先週ですがお1人インフルエンザでキャンセルされた方がいら[…]

[» 続きを見る]

花粉症にパイオネックス

今年は花粉症の方の治療が例年に比べて多いのですが、今年は体の治療に加えて新しい治療方法を加えております。 それが、パイオネックスというシールタイプの鍼を使用した補助療法です。 シールタイプの鍼はこちらになります。 真ん中[…]

[» 続きを見る]

浮腫み(むくみ)について④~妊婦の浮腫み~

妊婦さんの足の浮腫みの原因で1番多く感じるのが脾の不調。 その理由は・・・ 妊娠により大きくなった子宮が胃を圧迫するため。 産婦人科で足の浮腫みを相談すると利尿作用のある漢方薬を処方されることがほとんどだが、効果がないの[…]

[» 続きを見る]

薬に頼らないためには

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院 長谷川です。 皆さんは体の不調があった時はすぐに薬を服用されますか? 私は鍼灸師であるため、今はまず薬は飲まなくなりましたが、昔は何かあればすぐに薬、すぐに病院へ行っていました。 しかし[…]

[» 続きを見る]