30代女性。
幼少期よりアトピー性皮膚炎があったが、高校生の時に毎日のように菓子パンを食べていたら症状悪化。
以後、ステロイド軟膏を使用し症状を和らげていたが、今年の春から仕事の関係上、パンをよく食べるようになり再度症状が悪化する。
症状は春から夏にかけて全身に痒みがあり、特に夜になると痒みが増す。

弁証:腎陰虚>湿困脾土

左照海穴を基本とし、豊隆・隔兪・至陽・合谷などを使用し、治療すること3ヶ月・13回の治療で皮膚の赤みがかなり引き、夜の痒みも引いてくる。
肌の見た目も落ち着いてきたため、春ごろにはもっと良い状態になるでしょう。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は不妊症、子宮内膜症、更年期障害などの婦人科
疾患を専門に治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
---------------------------------------------------------------------