先天性股関節脱臼が原因で起きている、変形性股関節症により股関節から膝にかけて慢性的な痛みを訴えている女性。
歩行状態は右脚を引きずるように歩かれている。
足を診ると下肢静脈瘤と胃経と胆経上に細絡あり。

sairaku

刺絡を行なうと大量の赤黒い出血があり、治療後の翌日より痛みが嘘のように引いたと驚かれた様子。
2週間経過してもスタスタと歩かれております。

これまで整形外科や他の鍼灸院で治療を受けていたが全く効果がなく、鍼灸院に関しては鍼以外にもとても痛みを伴う徒手療法をされあまり良い印象を持たれていなかった。

そのためか、初回の際に「細絡の処置をすれば痛みは必ず引く」と説明するもあまり納得されていませんでしたが、しっかりと効果かが出たため東洋医学を少しは信じていただけるようになったかと思います。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は不妊症、子宮内膜症、更年期障害などの婦人科
疾患を専門に治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
---------------------------------------------------------------------