生理痛 29歳 女性

主訴:生理痛

月経周期:28日

生理痛:あり(締め付けられるような痛み)

月経量:多い

月経色:赤紫色

その他、仕事で人間関係によるストレスがあり、生理前になるとイライラしやすくなる。

脈:沈弦渋

弁証:肝鬱気滞血オ

【治療】 月2での治療ペース
百会・合谷・太衝・三陰交・列ケツ・公孫

【経過】
治療を開始してから2週期目には生理痛ほぼなくなり、経色もきれいな赤色になる。

Share

関連記事

月経後のPMS

多くの方のPMSによる症状は「月経前」に起きるが、中には月経後もイライラや気分の落ち込みなどが続く、または月経後の方が酷くなるという方もいらっしゃいます。 これは東洋医学では「血虚」という体質が関係してきます。 月経前は[…]

[» 続きを見る]

脱水症状かどうかチェックできる飲み物

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日、名古屋市内でも過去最高の40℃を記録しました。 外は地獄・・・エアコンが28℃でもかなり涼しく感じられてしまうほどです。 こんな暑い現在ですが、今年はインターハイが東海地区で[…]

[» 続きを見る]

花粉症体質のご紹介

本格的に花粉の季節がやってきたため、当院でも鍼治療に加えて花粉症の方には補助的な治療も加えるようになって来ました。 そこで、本日は東洋医学的に診た「花粉症体質」をご紹介致します。 一言で花粉症といっても東洋医学では様々な[…]

[» 続きを見る]

本当に凄い鍼灸師とは?

本当に凄い鍼灸師ってどんな人でしょうか? きっと多くの方が 「どんな病気でも1回で治してしまう」または、どんな病気も治してしまう。 という鍼灸師を想像されると思いますが、これは間違いです。 なぜなら1回で治すことができな[…]

[» 続きを見る]

東洋医学において大切なこと

東洋医学で大切なことは 「一人ひとりの体質を考えること!」 東洋医学といえば鍼灸治療や漢方薬になりますが、最近では病院でも漢方薬を処方してもらうこともできますし、ドラッグストアでも購入することができます。 しかし、病院で[…]

[» 続きを見る]