治療中に眠くなる

bd927b9c28224b5eea45f4e2836ff654_s

治療の際は鍼を刺したら一定時間(10分~30分)そのままにするが、この際にベッドから寝息やイビキが聞こえてくる。
元々、眠たいこともあるかもしれないが、患者さんの中には「眠くなった」と言われる方も少なくない。
また、治療中はそうでもないが、治療後に睡魔が襲ってくることもあり、「30分ぐらい・・・」のつもりが気づいたら4時間経ってたという方もいらっしゃいます。

これは温泉に入った時と同じように鍼治療をすることで血行が促進され、新陳代謝があがることにより起きてきます。
もし、眠くなったら遠慮なく寝てください!

Share

関連記事

汗疹(あせも)による痒み

10年ほど前から下腹部にできた汗疹(あせも)の痒みでお悩みの50代男性。 初回は奥様に連れられての来院。 昔から湿疹ができやすい体質ではあったが、この10年ほどはまったく症状が変わらず痒みがひどく常に掻いている状態で、奥[…]

[» 続きを見る]

葛根湯について

テレビのCMでもお馴染みの葛根湯。 風邪の引き始めに服用すると効果があり、病院でも処方されることがある、漢方薬の中でも非常になじみのある薬。 しかし、この葛根湯は風邪の初期に服用すれば必ず効果があるとは限りません。 葛根[…]

[» 続きを見る]

基礎体温が1日だけ下がる現象の正体とは?

基礎体温表をつけていて、排卵日付近で1度体温が下がり、高温期に入った! その後も高温期の体温はしっかりと維持していた。っと思ったら1日だけ体温が下がってしまった・・・という経験はないでしょうか? これでは妊娠は難しいだろ[…]

[» 続きを見る]

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の考え方

東洋医学の考え方は非常に独特なため、一般の方にはなかなか難しい部分があり、鍼灸師でさえ敬遠される方が多いのです。 そのため、東洋医学の考え方を身近なもので例えてみました。 東洋医学で治療を行う際にはまずはその方の生活習慣[…]

[» 続きを見る]