刺絡の効果②

定期的に来院される50代女性。
足がパンパンに張って痛みとダルさを訴えられていた。
足を診ると大腿部に細絡を確認。
右脚は胃経の梁丘(りょうきゅう)付近、左足は脾経の血海付近

左右の大腿部に刺絡を行なうと赤黒い血液が放出し、直後に足が爽快になる。

刺絡は誰にでも行なうことはできないが、非常に即効性のある治療法です。

Share

関連記事

便秘薬に頼りすぎないで下さい

便秘でお悩みの女性も意外と多くいらっしゃいます。 便秘の薬と言えば昔からのCMでおなじみの「便秘薬にはコー○ック」ですが、飲んでいる方はいらっしゃるでしょうか? もし飲んでいる方がいましたら、すぐに止めるようにしましょう[…]

[» 続きを見る]

日々の運動

約2週間前から10年ぶりにウエイトトレーニング(筋トレ)を始めました。 名古屋市が運営しているスポーツセンターであれば、1回300円、5回の回数券が1,000円、1ヶ月定期が1,600円ということで迷わず1ヶ月定期を購入[…]

[» 続きを見る]

明日、明後日は国家試験

2月の最終の土日は鍼灸の国家試験が実施される。 土曜日があん摩・マッサージ・指圧師試験、日曜日がはり師・きゅう師試験。 各試験問題は150問で6割以上で合格。(変更がなければですが・・・) 学生諸君は今頃ラストスパートを[…]

[» 続きを見る]

薬に頼らないためには

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院 長谷川です。 皆さんは体の不調があった時はすぐに薬を服用されますか? 私は鍼灸師であるため、今はまず薬は飲まなくなりましたが、昔は何かあればすぐに薬、すぐに病院へ行っていました。 しかし[…]

[» 続きを見る]

手湿疹の改善例

10月より来院されている患者さん。 4回目の治療を終えてからあまり良く眠れていなかったが眠れるようになり、その後に副鼻腔炎になってしまったが、副鼻腔炎が治るとともに手湿疹も改善された。