刺絡の効果

image

鍼治療といえば髪の毛ほどの細さの鍼をツボに刺す治療のことになるが、実はこれ以外にも少し特殊な治療法が存在します。
それが「刺絡」という治療法。

刺絡とは指先や皮下にある毛細血管に特殊な鍼を刺し、瘀血(おけつ)と呼ばれる悪い血を出血させる治療法であり、特に熱が原因で起きている疾患や婦人科疾患などで行われることが多い。
皮下の静脈にさす場合はいわゆる血管を狙うのではなく、「糸くず状の赤い毛細血管」を狙う。
出血の際は赤みの強い血液や赤黒いの出血が見られる。

先日この治療を行なった患者さんからメールにてご報告があったのでご紹介します。
※お名前と次回の来院日時は伏せさせていただきます。

===================================================

長谷川様

いつもお世話になってます。
今日もお伺いさせていただきました○○です。

どうしても嬉しくてお伝えしたいことがありまして。

さきほど、自分の足首をみて感動したんですが、
足首周りがビックリするほどスッキリしてます。

どれ程マッサージしても浮腫みがとれず
自分でもわかるくらいのゴリゴリとした老廃物があったんですけど
それがなくなってるんです。
ちょっと痛かったけですけどやってもらってよかったです。

ご報告までです。

○○日もどうぞよろしくお願いします。

Share

関連記事

今年もありがとうございました

2017年の診療は本日で終了となります。 今年も多くの方と出会い、色々な経験をつませていただくことができた1年でした。 今年も不妊症の方が多く来院されましたが、その他、脱毛症やアトピーなど皮膚疾患の方が多かった印象があり[…]

[» 続きを見る]

ストレスで不正出血が起きるのはなぜ?

生理の時期でもないのに不正出血が起きると最初に考えるのが「ストレス?」かもしれません。しかし、よくよく考えるとストレスでなぜ不正出血が?と思いませんか? 本日はなぜストレスで不正出血が起きるのかということを東洋医学の面か[…]

[» 続きを見る]

浮腫み(むくみ)について③

脾とは東洋医学では胃腸系全般のことになります。 この脾と言う部分は食べ物から「気・血・水」を作り出す場所でもあるが、作るだけではなくこれらを全身へ運搬する働きもある。 つまり胃腸が弱っていたり、自覚がなくても胃腸が疲れて[…]

[» 続きを見る]

東洋医学で考えるかゆみの原因

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の症状の1つとして現れる「かゆみ」。 実はこの痒みが起きるメカニズムというのは現代医学では分かっておりません。 ただ1つ分かっているのはかゆみを引き起こす物質に関してです。 そ[…]

[» 続きを見る]

2019年 花粉情報

今さらではありますが、明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 さて、毎年恒例となっておりますが、2019年の花粉情報になります。 今年の花粉は昨年の猛暑の影響もあり大量飛散と予報されております。[…]

[» 続きを見る]