治療と同じぐらい大切なこと

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s

体の不調があればまずは病院で検査をし、薬での治療が第一選択となり、それでも良くならなければ他の治療法を探す。
これが今の時代の流れになっている。
しかし、治療と同じぐらい大切なことがある。
それが「養生」というもの。

養生とは
①生活に留意して健康の増進を図ること。
②病気の回復に努めること

つまり、日常生活での問題点を考えて、この部分を自身で改善するという今の言葉で言う「セルフケア」ということ。

なぜ、養生の必要があるかというと多くの方の身体の不調はこの日常生活の不摂生に原因がある。
しかし、考え方を変えてみるとこの養生がしっかりできていれば身体の不調は出てこないとも言える。不調があっても年齢的にある程度仕方がない部分だけではないかと思います。

CMでもお馴染みとなった「ライ○○プ」。
主にダイエットを目的とした方が通うジムで、マンツーマンでのトレーニングを行い肉体改造を行う。
しかし、実際にこのきついトレーニングを行なうだけかといえば実はそうではなく、もう1つ行なわなければならないことがある。
それが徹底した糖質制限という食事制限を「自分で行なう必要がある」。
これは1番脂肪になりやすい糖質を制限することでトレーニング効果を高めるために非常に重要なことになる。

しかし、そもそもダイエットが必要ということは生活習慣の問題点としては食べ過ぎ、または運度不足ということが考えられる。
運動と食事のバランスが取れていればダイエットというきつい事をする必要もなければ、高いお金を支払う必要もないはずです。

最終的には自分の身体を良くも悪くもするのはご自身。
治療も大事ですが、治療効果を高めるため、病気にならないため、早く回復するために大切なのが「養生」です。

ちなみに私が行っている養生は以下。
・朝の散歩(犬とともに20~30分)
・週2日の筋トレ。(仕事終わりに仕事場でやっています)
・夜のみ糖質制限の食事
・入浴後のストレッチ(かれこれ10年以上)
・月2~3回の鍼治療

Share

関連記事

東洋医学との出会い

鍼灸治療は東洋医学による治療である。 このようにお考えの方はきっと多いかと思いますが、実はそうではありません。 私自身もこの世界に入る前は「鍼灸=東洋医学」だと思っていました。 しかし、鍼灸学校に入って東洋医学について勉[…]

[» 続きを見る]

怪病多痰

怪病多痰。 東洋医学にはこのような考え方があります。 これは「原因がいまいち特定できない病」の場合、痰という病理物質が原因となることが多いという考え方になります。 では痰とは何なのか? 痰というのは体の中に溜まった水分に[…]

[» 続きを見る]

明日、明後日は国家試験

2月の最終の土日は鍼灸の国家試験が実施される。 土曜日があん摩・マッサージ・指圧師試験、日曜日がはり師・きゅう師試験。 各試験問題は150問で6割以上で合格。(変更がなければですが・・・) 学生諸君は今頃ラストスパートを[…]

[» 続きを見る]

PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由

コンテンツ1 PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由2 血虚と生理後のPMSの関係とは?3 セルフケア PMSの症状が生理後の方が酷くなる理由 多くの方のPMSによる症状は「生理前」に起きるが、中には生理後もイライラや気[…]

[» 続きを見る]

運動を続けるコツは先を見据えること

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 私の運動暦は5歳頃~小5まで剣道。 小学校4年~22歳までバスケ。 小学校6年時に陸上を少々。 現在は週2でジム通いという運動歴になります。 剣道を始めた理由は分からなかったので2[…]

[» 続きを見る]