不妊症 32歳 女性

不妊症 32歳 女性

29歳で結婚したがなかなか子宝に恵まれないため、病院にて検査をすると卵巣の左側に卵管水腫が発見され、腹腔鏡にて左卵管切除。
その後は人工授精・体外受精(4回)と行うが妊娠できない。
当院には今年の3月に来院し、4月に顕微授精を行うため少しでも体調を整える目的で来院。

その他、食事中に睡魔に襲われる症状も治療してほしいと要望あり。

舌:淡紅色・無苔

脈:沈緊

弁証:脾腎両虚

【治療】
脾ユ・腎ユ・足三里・三陰交・太ケイ
1回目の治療後、身体にだるさが出たものの、食事中の睡魔は1度の治療でなくなったため、2診目以降は腎虚に対する補腎をメインに行う。
予定通り4月に入り、顕微授精を行う前日に病院から「受精卵が使えなくなった」と報告あり断念し、周期的に考えると次回はゴールデンウィークになり、5月もできないこということで、もう一度病院にて一通り検査をする。

検査の結果は右側の卵管も詰まっている(卵管水腫)ことが判明したため、7月に右の卵管の切除術を行う。
9月20日に顕微授精を行い、判定日である10月4日に病院にて陽性判定。
現在妊娠4ヶ月に入り順調とのこと。
色々とありましたが来院されてから半年で計19回の治療を経て、当院へ来院されてからは1回目の顕微授精で妊娠されましたが、つわりと格闘中のため今後も定期的にケアをしていきます。

Share

関連記事

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

鍼灸って何に効くの?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 皆さんも一度は考えたことがあるかと思いますが、「鍼灸治療は何に効くのか?」という問題です。 ご自身が抱えている身体の不調に対して鍼灸治療が効果があるのかという疑問は必ず出て[…]

[» 続きを見る]

患者さんの笑顔

膝の痛みで来院されている60代の女性。 整形外科や整骨院で治療を受けてもまったく症状が変わらないどころか、痛みは徐々に増してきて、「この先歩けなくなるのではないか・・・」という不安をもらされていました。 しっかりと身体の[…]

[» 続きを見る]

出産報告いただきました

当院に不妊治療で来院されていた方からお手紙をいただきました。 週一回の治療を7ヶ月ほど継続し、40歳で第一子を自然妊娠、41歳で出産。 妊娠中はつわりや逆子などで大変だったそうですが、無事に出産されたそうです。 高齢出産[…]

[» 続きを見る]

基礎体温計について

基礎体温のつけ方については以前にブログでご紹介しました。記事はこちら。 基礎体温をつけるためには専用の婦人体温計が必要になりますが、現在では色々な種類のものが販売されているため、どれを購入するべきか悩んでしまう方もいらっ[…]

[» 続きを見る]