不妊症 32歳 女性

不妊症 32歳 女性

29歳で結婚したがなかなか子宝に恵まれないため、病院にて検査をすると卵巣の左側に卵管水腫が発見され、腹腔鏡にて左卵管切除。
その後は人工授精・体外受精(4回)と行うが妊娠できない。
当院には今年の3月に来院し、4月に顕微授精を行うため少しでも体調を整える目的で来院。

その他、食事中に睡魔に襲われる症状も治療してほしいと要望あり。

舌:淡紅色・無苔

脈:沈緊

弁証:脾腎両虚

【治療】
脾ユ・腎ユ・足三里・三陰交・太ケイ
1回目の治療後、身体にだるさが出たものの、食事中の睡魔は1度の治療でなくなったため、2診目以降は腎虚に対する補腎をメインに行う。
予定通り4月に入り、顕微授精を行う前日に病院から「受精卵が使えなくなった」と報告あり断念し、周期的に考えると次回はゴールデンウィークになり、5月もできないこということで、もう一度病院にて一通り検査をする。

検査の結果は右側の卵管も詰まっている(卵管水腫)ことが判明したため、7月に右の卵管の切除術を行う。
9月20日に顕微授精を行い、判定日である10月4日に病院にて陽性判定。
現在妊娠4ヶ月に入り順調とのこと。
色々とありましたが来院されてから半年で計19回の治療を経て、当院へ来院されてからは1回目の顕微授精で妊娠されましたが、つわりと格闘中のため今後も定期的にケアをしていきます。

Share

関連記事

基礎体温が安定しない 36歳 女性

主訴:基礎体温が安定しない。 4ヶ月前から基礎体温表をつけ始めるが、毎回高温期に入ると基礎体温がガクッと落ちる。 また、低温期に高温になる。 来院当初はまだ病院には行っておらず、高温期に基礎体温が下がるということから「黄[…]

[» 続きを見る]

保健所の臨検検査終了

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先程、保健所の方が来院されて行われる臨検検査が終了しました。 所要時間は約5分。 何度も保健所には相談に行っていたため、保健所の担当者の方も「助かる」と言われていました。 中には一[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療後の基礎体温の変化

多嚢胞卵巣症候群と診断された30代女性。 治療前の基礎体温は低温期でも体温が36.7℃以上になったり、13日(赤丸の日)で高温期を迎えても36.7℃を下回ったりとガタガタしており、きれいな2層には分かれていない。 病院で[…]

[» 続きを見る]

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例2 弁証および治療について3 考察 60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例 2018年12月来院。 12月7日から右耳の後ろに痛みが出る。 2日後の9日の夕[…]

[» 続きを見る]

診療報酬の不正受給問題

ニュースで取り上げられている診療報酬の不正受給問題ですが、これは医師だけではなく、鍼灸院や整骨院でも行なわれている問題がある。 なぜこのようなことをするのかというと1つの問題として「経営を安定させたい」という気持ちがある[…]

[» 続きを見る]