心の病の原因は身体にある

86a6adbc65fb9846866e2783999474fb_s

現代社会の代名詞ともいえるのが「ストレス」ですが、このストレスが原因でうつ病やパニック障害などの心の病を発症してしまう人が現代では急増している。
心の病を発症すると心療内科や精神科で抗不安薬や精神安定剤、睡眠薬、最近では漢方薬を処方される。
しかし、薬を飲んでもなかなか良くならないと訴える方も多い。

心の病とは脳から分泌される神経伝達物質の分泌異常と捉え、薬でこの分泌量を調節することになる。

東洋医学ではうつやパニック障害などの心の病をどのように考えるのかというと、「心の病の原因は身体の不調がもたらすもの」と考える。
逆のように考えられるかもしれませんが、東洋医学ではこのようになります。
つまり、心の病を治すためためには身体の治療を第一優先とし、メンタルの部分の治療といえばよく話を聞いてあげること。

この治療の仕方はおそらく西洋医学ではできないやり方。
心療内科や精神科ではカウンセリングと服薬による治療となるが、心の病を患っている方は必ず身体の不調も多岐にわたり抱えている。
そのため、身体の不調を取り除いてあげることで身体だけではなく、心も軽くなる。
これは痛みから解放された時に気持ちが楽になるのと同じこと。

ただし、一気に良くなるということは稀で、多くは少しづつ良くなっていく傾向がある。
「そういえば、最近寝れるようになったな」

「食欲が出てきて、食べれるようになったな」

「身体が楽になったな」

「最近症状が出てないな」

心の病はやはり少し時間がかかる傾向はありますが、しっかりと身体の治療を行えば克服することができるため、あせらずじっくり治療しましょう。

Share

関連記事

不眠症にも鍼灸

患者さんを問診していると意外と多いのが睡眠の質の低下。 不眠症とまではいかないけれど寝つきが悪い、夜中に目が覚めるという方は意外といらっしゃいます。 このように睡眠の質が低下した状態を東洋医学ではどのように考えていくのか[…]

[» 続きを見る]

お腹に鍼を刺して肩こりが解消する理由

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 肩こりに対しての鍼灸治療といえば一般的には肩や首などにたくさんの鍼を刺すというイメージがあると思いますが、当院ではまずこのような治療は行ないません。 先日、忙しさなどもあり首筋[…]

[» 続きを見る]

黄体機能不全を漢方薬で効果的に治療するためのチェックリスト

黄体機能不全による不妊症を漢方薬で治療することを考えていたり、今治療中だけど効果がなかなか出ない、どんな漢方薬が効果があるのか知りたいと思っていませんか? 本記事では黄体機能不全を漢方薬で効果的に治療するために重要なチェ[…]

[» 続きを見る]

温めると痒みが増す湿疹

  こんにちは。名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 湿疹やアトピー性皮膚炎でお悩みの方の中にはイライラした時や入浴後、または運動後に痒みが増し、逆に冷やすと痒みが治るという方がいらっしゃいます。 […]

[» 続きを見る]

冷え性 28歳 女性

主訴:冷え性 10代の頃から冷え性であり、冬場はもちろん夏場でも素足でフローリングを歩いているだけで足の指の感覚がなくなる。 また、毎日6㎞ジョギングをしているが、それでも足は温かくなることはなく、汗もあまりかかない。 […]

[» 続きを見る]