心の病の原因は身体にある

86a6adbc65fb9846866e2783999474fb_s

現代社会の代名詞ともいえるのが「ストレス」ですが、このストレスが原因でうつ病やパニック障害などの心の病を発症してしまう人が現代では急増している。
心の病を発症すると心療内科や精神科で抗不安薬や精神安定剤、睡眠薬、最近では漢方薬を処方される。
しかし、薬を飲んでもなかなか良くならないと訴える方も多い。

心の病とは脳から分泌される神経伝達物質の分泌異常と捉え、薬でこの分泌量を調節することになる。

東洋医学ではうつやパニック障害などの心の病をどのように考えるのかというと、「心の病の原因は身体の不調がもたらすもの」と考える。
逆のように考えられるかもしれませんが、東洋医学ではこのようになります。
つまり、心の病を治すためためには身体の治療を第一優先とし、メンタルの部分の治療といえばよく話を聞いてあげること。

この治療の仕方はおそらく西洋医学ではできないやり方。
心療内科や精神科ではカウンセリングと服薬による治療となるが、心の病を患っている方は必ず身体の不調も多岐にわたり抱えている。
そのため、身体の不調を取り除いてあげることで身体だけではなく、心も軽くなる。
これは痛みから解放された時に気持ちが楽になるのと同じこと。

ただし、一気に良くなるということは稀で、多くは少しづつ良くなっていく傾向がある。
「そういえば、最近寝れるようになったな」

「食欲が出てきて、食べれるようになったな」

「身体が楽になったな」

「最近症状が出てないな」

心の病はやはり少し時間がかかる傾向はありますが、しっかりと身体の治療を行えば克服することができるため、あせらずじっくり治療しましょう。

Share

関連記事

情報過多で起きるコロナ疲れ。外出は控えるべき?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今テレビやネットでは「コロナ疲れ」というキーワードが話題になっていますが、ご存知でしょうか?本日はこのコロナ疲れに関する内容になります。 コンテンツ1 情報過多が原因?コロナ疲れと[…]

[» 続きを見る]

内装工事~下地組みが終わりました~

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 本日もお昼休みに内装工事の進み具合をチェックしてまいりました! 「ここからは早いですよ」という言葉に偽りなし! まさかの一日で天井、壁、間仕切りのLGS(軽量鉄骨)による下地組みが[…]

[» 続きを見る]

風邪の治療もできますよ

3週間ぶりに来院された30代の女性患者さんが治療前に「風邪を引きました」と一言。 そのため、まずは風邪の治療を先に行なうことにしました。 症状は喉の痛みとイガイガ、微熱。 脈診と舌診の結果、「風熱表証」として1寸5番鍼で[…]

[» 続きを見る]

自然妊娠の確率を上げる方法

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 自然妊娠をするためには性行為をしなければいけませんが、性行為を行なうタイミングも大切ではありますが、その他にも大切なことがあります。 それは、男性側の精子の状態です。 ここからはあく[…]

[» 続きを見る]

内装工事〜完成までもう少し〜

内装工事が始まり2週間が経過しましたが、現在は壁を張っている最中です。この壁貼り作業も明日には終了する予定です。 明日は候補に挙がっているクロスとフロアタイルを実際に壁や床に当てて選んでいきます! また、明日はNTTの現[…]

[» 続きを見る]