心の病の原因は身体にある

86a6adbc65fb9846866e2783999474fb_s

現代社会の代名詞ともいえるのが「ストレス」ですが、このストレスが原因でうつ病やパニック障害などの心の病を発症してしまう人が現代では急増している。
心の病を発症すると心療内科や精神科で抗不安薬や精神安定剤、睡眠薬、最近では漢方薬を処方される。
しかし、薬を飲んでもなかなか良くならないと訴える方も多い。

心の病とは脳から分泌される神経伝達物質の分泌異常と捉え、薬でこの分泌量を調節することになる。

東洋医学ではうつやパニック障害などの心の病をどのように考えるのかというと、「心の病の原因は身体の不調がもたらすもの」と考える。
逆のように考えられるかもしれませんが、東洋医学ではこのようになります。
つまり、心の病を治すためためには身体の治療を第一優先とし、メンタルの部分の治療といえばよく話を聞いてあげること。

この治療の仕方はおそらく西洋医学ではできないやり方。
心療内科や精神科ではカウンセリングと服薬による治療となるが、心の病を患っている方は必ず身体の不調も多岐にわたり抱えている。
そのため、身体の不調を取り除いてあげることで身体だけではなく、心も軽くなる。
これは痛みから解放された時に気持ちが楽になるのと同じこと。

ただし、一気に良くなるということは稀で、多くは少しづつ良くなっていく傾向がある。
「そういえば、最近寝れるようになったな」

「食欲が出てきて、食べれるようになったな」

「身体が楽になったな」

「最近症状が出てないな」

心の病はやはり少し時間がかかる傾向はありますが、しっかりと身体の治療を行えば克服することができるため、あせらずじっくり治療しましょう。

Share

関連記事

妊娠しやすい体作り~体重・体脂肪編~

コンテンツ1 妊娠しやすい体と体脂肪の関係2 妊娠するための理想の体脂肪は?3 まとめ 妊娠しやすい体と体脂肪の関係 「余計なお世話だ!」っと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、体重管理というのは妊娠しやすい体を作っ[…]

[» 続きを見る]

妊活の第一歩は基礎体温をつけることから

現在、結婚しているがまだ子供は考えていない、またはそろそろ子作りのことを考えているという方。 自分が妊娠できる体かどうか不安に思ったことはありませんか? 現在は不妊症でお悩みの夫婦は7組に1組と言われる時代のため、決して[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療後の基礎体温の変化

多嚢胞卵巣症候群と診断された30代女性。 治療前の基礎体温は低温期でも体温が36.7℃以上になったり、13日(赤丸の日)で高温期を迎えても36.7℃を下回ったりとガタガタしており、きれいな2層には分かれていない。 病院で[…]

[» 続きを見る]

五十肩の症例

50代 女性。 半年ほど前から右肩の後ろに痛みがあり、整形外科を受診すると五十肩と診断。 リハビリ室でマッサージを受けると痛みが増したため、以後は整形外科の受診をやめ、痛みに耐える日々を送る。 痛みは日中よりも夜の方があ[…]

[» 続きを見る]

毎日の基礎体温付けが楽になるかも?

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 不妊治療をしている方、妊娠を希望している方の多くは基礎体温表を毎日付けているかと思います。 基礎体温は毎朝決まった時間に測りますが、動いてはいけない、起床直後でないといけない、[…]

[» 続きを見る]