三陰交で分かること

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_s

足に三陰交という比較的有名なツボがあります。
このツボがなぜ有名なのかというと婦人科疾患の常用穴、つまり婦人科疾患に非常に効果があるとされるツボだからです。
しかし、実際にこのツボを使って治療を行えば婦人科疾患が改善されるかというとそれほど甘くはありません。

そんな三陰交ですが、婦人科疾患を抱えている方はこのツボを押せば痛がる方が多いが、強く押せば痛みは出やすいのは何となくお分かりいただけると思います。
ただ今回お伝えしたいのは「軽く押しただけでかなり痛がる場合」です。

軽くとはどのぐらいか?
私の感覚では「エレベーターのボタンを押すときぐらい」でしょうか。それほど強くはないと思います。
このぐらいの圧で三陰交を押した時にかなりの痛みがある方が時々いらっしゃいます。

このような方は経験上、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫などを患っている可能性が非常に高い。
すでに婦人科を受診していて分かっているのであればまだいいのですが、生理痛が酷く、薬を飲んでも効果がない。さらに生理痛は年々酷くなっていくという方はまずは婦人科を受診されることをお勧めいたします。

三陰交についてはこちら

Share

関連記事

心身の不調をきたす5月病にご注意を

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 新年度が始まり早1ヶ月が過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか? 社会人の方々は今日からゴールデンウィークということで最長で9連休のため、どこかへ出かける方もいれ[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜を厚くし着床しやすくする方法

コンテンツ1 子宮内膜の厚さと不妊の関係とは?2 子宮内膜が厚くならない原因とは?2.1 ホルモンバランスの乱れ2.2 冷えによる血行障害3 子宮内膜を厚くするためのセルフケア 子宮内膜の厚さと不妊の関係とは? 不妊症の[…]

[» 続きを見る]

妊娠報告

昨年の11月からお越しの30代女性。 黄体機能不全による不妊症でしたが、この度、自然妊娠のご報告をいただきました。 治療は腎陰虚>肝鬱化火と考え、左照海を基本とし、百会や左太衝、左内関から治療のたびに反応を診て使用。 治[…]

[» 続きを見る]

身体のメンテナンスはしてますか?

鍼灸治療は身体の不調がある時だけ受けるものと思われている方もいらっしゃると思いますが、ここ数年では美容の分野でも鍼灸治療は普及しています。 当院でも美容鍼灸には力を入れており、1回で1~2万ほどかかるエステに行くよりも美[…]

[» 続きを見る]

自律神経失調症 37歳 女性

主訴:息苦しい、血の気が引く感じがする(橋本病のキャリア) 転職したことがきっかけで、職場の人間関係のストレスにより体調を崩し、現在は病院にて処方された安定剤を飲んでいる。 食せ活も乱れており、主にコンビニでの弁当が多い[…]

[» 続きを見る]