東洋医学の病気の大まかな分類

東洋医学では病気を大まかに分類すると2つに分類することができる。
それが、「実証」と「虚証」。
この2つは身体における正気と邪気の盛衰の状況を反映したもので、正気が不足した状態であれば虚証、邪気が盛んであれば実証として現れる。
※正気:体力や身体の元気度

【実証】
外邪の感受、または体内の病理産物(瘀血や痰など)によって起こる病的な状態。
正気はほとんど傷つけられていない状態でもあり、比較的病気においての初期(急性期)の状態。
※外邪:風・暑・湿・燥・寒・火など自然界の気候のこと。
一般的なカゼという病気は「風邪」と表記されるが、これは「風の邪気」に身体が侵された状態。

【虚証】
虚証とは正気が虚弱なために現れる病的な状態。
気・血・水・陰・陽・臓腑の虚など様々な虚の状態があり、慢性的な病気の状態であることが多い。
そのため、実証の期間が続いたことにより正気が傷つけられ虚証になることもある。

この実証と虚証の分類は治療を行っていく上で非常に重要な要素になります。
東洋医学の治療原則の1つに「虚実補瀉」があり、これは虚という不足した状態には不足したものを補う治療、実という不要なものが溜まった状態には瀉という取り除く治療を行います。
つまり、虚と実では真逆の治療法になり、同じ病気でも虚証の方と実証の方に別れるということになる。

そのため、虚実の鑑別を間違えれば症状を悪化させてしまう。
同じような分類では「寒熱の分類」も重要になります。

Share

関連記事

花粉症 29歳 男性

毎年春に花粉症の症状に悩まされており、薬は眠くなるためあまり飲みたくないということで鍼治療を希望して来院。 現在は税理士を目指して勉強中。 花粉症の症状として一番きついのは目の痒み 舌:舌尖紅・舌苔薄黄 弁証:肝火上炎 […]

[» 続きを見る]

舌で見る健康状態

東洋医学独特の診断方法に「舌診」という舌を診る診察方法があり、舌を診るだけでも身体の状態がある程度分かってきます。 舌の状態は診てるようで、意外と診ていない方も多くいらっしゃいます。 しかし、鏡さえあれば誰でも簡単に診る[…]

[» 続きを見る]

逆子 29歳 女性

現在30週 3週間前から逆子で1度も戻らず 腹部の冷えあり お灸+鍼を2本使用 腹部の冷えが非常に強く、逆子になってから時間も経っているため「ちょっと時間がかかるかな?」っと思ったため、とりあえず金曜日にも予約を入れる。[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療後の基礎体温の変化

多嚢胞卵巣症候群と診断された30代女性。 治療前の基礎体温は低温期でも体温が36.7℃以上になったり、13日(赤丸の日)で高温期を迎えても36.7℃を下回ったりとガタガタしており、きれいな2層には分かれていない。 病院で[…]

[» 続きを見る]

まずは基礎体温をつけてみましょう

  現在、結婚しているがまだ子供は考えていない、またはそろそろ子作りのことを考えているという方。 自分が妊娠できる体かどうか不安に思ったことはありませんか? 現在は不妊症でお悩みの夫婦は7組に1組と言われる時代[…]

[» 続きを見る]