東洋医学の病気の大まかな分類

東洋医学では病気を大まかに分類すると2つに分類することができる。
それが、「実証」と「虚証」。
この2つは身体における正気と邪気の盛衰の状況を反映したもので、正気が不足した状態であれば虚証、邪気が盛んであれば実証として現れる。
※正気:体力や身体の元気度

【実証】
外邪の感受、または体内の病理産物(瘀血や痰など)によって起こる病的な状態。
正気はほとんど傷つけられていない状態でもあり、比較的病気においての初期(急性期)の状態。
※外邪:風・暑・湿・燥・寒・火など自然界の気候のこと。
一般的なカゼという病気は「風邪」と表記されるが、これは「風の邪気」に身体が侵された状態。

【虚証】
虚証とは正気が虚弱なために現れる病的な状態。
気・血・水・陰・陽・臓腑の虚など様々な虚の状態があり、慢性的な病気の状態であることが多い。
そのため、実証の期間が続いたことにより正気が傷つけられ虚証になることもある。

この実証と虚証の分類は治療を行っていく上で非常に重要な要素になります。
東洋医学の治療原則の1つに「虚実補瀉」があり、これは虚という不足した状態には不足したものを補う治療、実という不要なものが溜まった状態には瀉という取り除く治療を行います。
つまり、虚と実では真逆の治療法になり、同じ病気でも虚証の方と実証の方に別れるということになる。

そのため、虚実の鑑別を間違えれば症状を悪化させてしまう。
同じような分類では「寒熱の分類」も重要になります。

Share

関連記事

塵も積もれば山となる

皆さんは健康のために何かやっていますか? 健康のために何かをするというのは意外と大変ですが、逆に不健康なこと、つまり身体に良くないことは結構日々の生活の中であるのではないでしょうか? 日本にはこんな諺がありますよね。 「[…]

[» 続きを見る]

治療効果の出方

鍼灸治療は比較的その場で治療効果を感じていただけますが、中には時間差で効果が出てくる場合もあります。 治療後に痛みが取れない、またはあまり変化がなくとも数時間後~翌日にかけて体に変化が出ることもあるということです。 また[…]

[» 続きを見る]

女性アスリートと月経①

元々、スポーツトレーナーを目指していたので、たまにはスポーツ関連のネタをご提供します。 全国大会などに出場するなど本格的にスポーツをしている女性の2割が疲労骨折を経験しているそうです。 疲労骨折とは正常な骨であれば骨折す[…]

[» 続きを見る]

腰痛の方がやってはいけない腹筋トレーニング

腰痛の方がよく言われるフレーズが「腹筋を鍛えてください」という一言になります。 まず、腰痛の方がなぜ腹筋を鍛えなければいけないのかというと、腹筋というのは何もしなければすぐに筋肉は落ちてしまい、腹筋と背筋のバランスが崩れ[…]

[» 続きを見る]

月経の状態で分かる女性の体調

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今日は女性の月経についてです。 月経・・・つまり生理ですね。 月経は28日周期で訪れるものですが、これは月の満ち欠けと同じ周期で訪れるため「月経」と言われています。[…]

[» 続きを見る]