耳鳴りと難聴は同時に起きることが多い。
中医学(東洋医学)では耳鳴りを「耳鳴」、難聴を「耳聾(じろう)」と言います。
耳鼻科での診断では多くは原因不明と言われることが多く、耳鳴りに関しては「治すより慣れろ!」と言われる疾患。

中医学では以下のように分類されます。

①風熱上攻
├風邪による発熱や耳下腺炎などが原因

②肝火
③気滞血瘀
├この2つは主にストレスが原因

④痰火
├ストレスや食生活の不摂生が原因

⑤腎陰虚
⑥腎陽虚
⑦肝陽上亢
├主に加齢が原因

⑧脾気虚(脾胃虚弱)
⑨肝血虚
├虚弱体質が原因

⑩心腎不交
├過労が原因

⑪耳周囲の経絡不通

中医学(東洋医学)で治療を行う場合は「耳鳴りだからこのツボ」、「難聴だからこのツボ」というように形式的な治療は行ないません。
しっかりとその方の原因となっている体質を見極めて治療を行う必要があります。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は不妊症、子宮内膜症、更年期障害などの婦人科
疾患を専門に治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
---------------------------------------------------------------------