女性アスリートと月経③

ddfa0f8ed2727fe348e6d695c1177d7e_s

女性アスリートと月経第3弾。
第1弾は「無月経が疲労骨折を招く」。
第2弾は「女性ホルモン(エストロゲン)の不足が無月経を招く」。

今回は女性ホルモンが不足するとなぜ無月経になり、疲労骨折を招くのか?

まず女性ホルモンであるエストロゲンが不足するということはどういうことなのか?
これは簡単に言ってしまうと「更年期の状態」ということになります。

更年期というのは45~55歳ぐらいの年齢で卵巣機能が低下することにより卵巣からのエストロゲンの分泌されなくなった状態になります。
そして、更年期の女性が気をつけなければいけない病気があります。

それが骨粗しょう症です

骨粗しょう症とは骨がスカスカになりもろくなった状態です。
この原因のひとつとしてエストロゲンの不足があります。

骨は毎日のように破壊と再生を繰り返しています。
エストロゲンは骨を破壊する細胞である破骨細胞を減らして、骨を作る骨芽細胞を増やす働きがあります。
しかし、エストロゲンが不足すれば逆の状態になり骨がもろくなりやすいという事になります。

そのため、激しいトレーニングや過度の体重制限をすることにより無月経になると、骨がもろくなり疲労骨折を起しやすくなるということです。
特にこの一連の流れは10代の選手に見られやすい傾向があります。
10代というのは身体が成長過程にあるため、しっかりと食事を摂らなければいけませんが、食事制限をしたり激しいトレーニングを行なうと月経や骨形成に影響が出やすくなります。
若く才能のある女性アスリートの身体の正常な発育・発達を妨げないように選手はもちろん、指導者や家族も知っておく必要があるでしょう。

Share

関連記事

【鍼灸治療も効果的】ストレスによる不正出血の治療法について

ストレスで不正出血があるけど、どんな治療法があるのか、病院で治療をしているけど効果がないと悩んでいませんか? ストレスによる不正出血は病院での治療以外にも鍼灸治療でも改善する事が可能です。 本記事ではストレスによる不正出[…]

[» 続きを見る]

呼吸を変えれば身体も変わる

普段何気なくしている呼吸ですが、呼吸法を変えるだけでも身体は変わってきます。 一度ぐらいは聞いたことがあると思いますが、腹式呼吸を実際にやってみたことがあるという方は少ないんじゃないかと思います。 呼吸法には、肋骨を広げ[…]

[» 続きを見る]

子宮筋腫とエストロゲンの関係

閉経後も子宮筋腫が小さくならない こんにちは。名古屋の鍼灸師こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮筋腫とエストロゲンの関係ですが、一般的には子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなり、閉経することによりエストロゲンの分泌が少な[…]

[» 続きを見る]

生理痛 29歳 女性

主訴:生理痛 月経周期:28日 生理痛:あり(締め付けられるような痛み) 月経量:多い 月経色:赤紫色 その他、仕事で人間関係によるストレスがあり、生理前になるとイライラしやすくなる。 脈:沈弦渋 弁証:肝鬱気滞血オ 【[…]

[» 続きを見る]

知って損なし!秋の花粉症のメカニズム

秋の花粉症はブタクサやヨモギなど主に雑草やカビに対するアレルギー反応により起きる症状になります。 春の花粉症よりは症状が出る方は少ないとはいえ、やはりかなりの方が秋の花粉症を持たれておりますし、中には春は大丈夫だが秋の方[…]

[» 続きを見る]