患者さんの笑顔

6e3653713ebbf1cee9925f67e89f22fa_s

膝の痛みで来院されている60代の女性。
整形外科や整骨院で治療を受けてもまったく症状が変わらないどころか、痛みは徐々に増してきて、「この先歩けなくなるのではないか・・・」という不安をもらされていました。

しっかりと身体の状態を診た結果「5~6回で良くなりますよ」と声をかけ治療を開始すると、3回の治療でほぼ痛みは無い状態まで回復。(今は長時間座った状態から立つ時に少し痛む程度)
初回の来院時は痛みのため歩行時に身体が傾いていましたが、今はほぼまっすぐの状態で歩行が可能。

笑顔で「嘘みたいにすっごい楽!」

治療家にとって最もうれしいことは患者さんが笑顔になってくれること。
初回は自分の悩みが改善されるかどうか不安で仕方ないと思いますが、頑張って治療に望んで頂いた結果、症状が改善されるとともに笑顔になっていただけます。
この笑顔をみるとこの世界に入って良かった!っと心の底から思います。

軽率な言動にならないよう、普段は初回の時に治療回数を伝えることはしてませんが、これぐらいで良くなるであろうと感じた時にはお伝えしています。(あくまでも目安ですよ。)
ただし、身体を診てもいない状態でのお電話での「何回で治りますか?」というご質問にはお答えできません。

なかなか良くならないお悩みがある方は是非とも東洋医学をお試しください。

Share

関連記事

鍼灸治療の受領率

日本においての鍼灸治療の年間受領率(一年間に鍼灸治療を受けた事がある)が3%という非常に低くなっている。 生涯受領率(一生のうちに鍼灸を受けたことがある)に関しても20~30%と低くなっている。 数年前は年間受領率は5~[…]

[» 続きを見る]

ストレスによる咳喘息の症例

コンテンツ1 40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例1.1 【弁証】1.2 【病因病理】1.3 【治療】 40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例 シルバーウィーク頃に風邪を引き、発熱と咳が出る。風邪が治りかけた所で家[…]

[» 続きを見る]

不眠症の症例

不眠症を訴える方は以外にも多く、寝つきが悪い、中途覚醒、早朝覚醒などあるが、鍼灸治療では割と簡単に改善するケースが多いことはあまり知られてはいないかもしれない。 ただし、日勤や夜勤などがあり生活習慣が不規則な場合は簡単に[…]

[» 続きを見る]

甲状腺について

甲状腺(こうじょうせん)は甲状軟骨という喉の骨にある甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官。 ・甲状腺ホルモンの分泌量が増えると甲状腺機能亢進症、通称「バセドウ病」 ・分泌不足になると甲状腺機能低下症 ・炎症が起きると「橋本[…]

[» 続きを見る]

うつ病だと思ったら実は認知症だった

以前うつ病ということで当院へ来院されていた方のお話です。 仕事の激務により病院にてうつ病と診断され服薬にて治療を行っていたが、なかなか改善されないために鍼灸治療を希望されて当院へ来院されましたが、お話を聞いていると「うつ[…]

[» 続きを見る]