東洋医学から診た夏バテ

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

毎日、毎日、毎日暑い日が続く今年の夏。体調はいかがでしょうか?
夏バテになってはいませんか?

夏バテの症状といえば食欲不振、体のだるさ、疲れやすさなどがありますが、一言で言うと『夏の体の不調』ということです。

西洋医学での原因としては
①水分とミネラルの不足
②消化機能の低下、またはれに伴う栄養不足
③冷房による室内と室外の寒暖差による自律神経系の乱れ

東洋医学から診た夏バテの原因は
①脾の弱り
脾とは消化器系のことで、西洋医学での原因と同じ、消化機能の低下した状態となります。
この脾というのは食べた物から気血を作り出す場所であり、冷たい物の過食などで脾が弱ると食欲の低下、そして気血を作り出す機能も低下するため体のだるさや、疲れやすさが出てきます。
また、夏風邪も引きやすくなります。

②湿邪の停滞
湿邪の停滞も脾の弱りが原因で起こります。そして、湿には『重い』という性質があるために、体に湿邪が停滞すると体が重だるく感じます。
また、日本は四方を海に囲まれた島国であり、夏は高温多湿であるため、外から加わる湿邪の影響も受けやすくなります。
症状としては下痢、腹痛、浮腫みなども出てきます。

③陰液の不足
陰液とは体の中の水分や血液のことを言います。
汗を大量にかいたにも関わらず、水分補給ができていないことや寝不足などが原因となります。
足の裏がほてる、寝汗をかく、頭痛などの症状も出てきます。

一言で夏バテといっても症状は人それぞれです。
まずは自分の体をしっかりと分析することが大切です。

合わせてこちらの記事もどうぞ。
夏の養生について

Share

関連記事

逆子 30歳 女性

31週目での検診でも逆子になっていたが逆子体操で正常位に戻ったが、今回は逆子体操でもなかなか治らなかったために当院へ来院。 腹部の触診にて右上腹部に頭部、右下腹部にお尻がある状態の逆子。 腹部の冷えはなく、全体的に温かい[…]

[» 続きを見る]

抗生物質の副作用による手湿疹

薬の副作用って真剣に考えたことはありますか? あまり深く考えずにポンポンと飲んでしまう方もいるのではないでしょうか? 抗生物質の副作用でこんな症状が出る方もいるようです。 それが「カンジタ」。 カンジタと言えば性感染症の[…]

[» 続きを見る]

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の著効例

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの30代女性。 昔から風邪を引くと副鼻腔炎になりやすく、発症するたびに抗生物質を服用している。 普段でも鼻から何か垂れてくる感じがある。 肺経・大腸経に顕著な圧痛あり。 左合谷に3番1寸で1[…]

[» 続きを見る]

腰痛の方がやってはいけない腹筋トレーニング

腰痛の方がよく言われるフレーズが「腹筋を鍛えてください」という一言になります。 まず、腰痛の方がなぜ腹筋を鍛えなければいけないのかというと、腹筋というのは何もしなければすぐに筋肉は落ちてしまい、腹筋と背筋のバランスが崩れ[…]

[» 続きを見る]

もう悩まない!急増中のマスクによる肌荒れを予防する4つの方法

こんにちは、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 コロナウイルスの感染予防のために、多くの方がいつどもどこでもマスクを付けていますが、このマスクによる肌荒れに多くの方が悩んでいるようですが、皆さんはいかがでしょうか? 特に本格的に暑[…]

[» 続きを見る]