鍼灸治療と薬の服用

a0006_001790

何かしらの薬を服用している患者さんからのよくある質問として、「薬の服用は今後どうすればよいか?」というのがあります。
回答としては・・・
「医師と相談の上、状態をみて減薬して下さい。」となります。

これは薬に関しては鍼灸師は口を出すことができないためです。

中には鍼治療を始めて体調がとても良くなったために、自己判断で薬の服用を止めてしまう方もいますが、これはちょっと危険ではあります。
最終目標は薬に頼らない体に体質改善することですが、いきなり服薬を止めるのは止めましょう。

Share

関連記事

生理痛 40代 女性

生理初日に毎回下腹部に刺すような痛みと頭痛があるため、ナロンエースまたはロキソニンを服用しており、周期的に本日あたりに生理が来そうで下腹部が張っており、左肩にも痛みがある。 気滞として1寸3番鍼で左合谷に1本。 15分後[…]

[» 続きを見る]

基礎体温が安定しない 36歳 女性

主訴:基礎体温が安定しない。 4ヶ月前から基礎体温表をつけ始めるが、毎回高温期に入ると基礎体温がガクッと落ちる。 また、低温期に高温になる。 来院当初はまだ病院には行っておらず、高温期に基礎体温が下がるということから「黄[…]

[» 続きを見る]

女性に多い喉のつかえ感

痰でも絡んでるかな? いや、痰とは違う。 でも喉に何かある感じがする。 比較的女性に多く見られる喉のつかえ感。 東洋医学ではこのような症状を「梅核気」といい、梅の実が喉に詰まっているような感じ、でも実際には何もない状態に[…]

[» 続きを見る]

自然妊娠の確率

健康な20代のカップルが避妊をせずに性行為を行なった場合の自然妊娠の確率をご存知でしょうか? コンテンツ1 確率的には25~30%となっています。2 排卵日付近に性行為をしても100%できるわけではないということ。 確率[…]

[» 続きを見る]

名古屋でら得プレミアム商品券

本日、名古屋でら得プレミアム商品券の発売日! 販売店では早い時間から行列のようです。 しかし、このプレミアム商品券の販売方法や時間は何とかならなかったのでしょうかね? この猛暑の中で10時~の販売はちょっと遅いんじゃない[…]

[» 続きを見る]