坐骨神経痛 42歳 女性

数年前から左臀部から太ももの裏側にかけて痺れが出てきたため、病院行くと坐骨神経痛と診断。
しかし、ヘルニアや狭窄症などではない。
その後はマッサージなどを受けに行くがあまり効果がなかったため、インターネットにて自宅から近い当院へ来院。

脈:緊

舌:淡紅・歯痕舌・舌裏怒張

弁証:気滞血オ

治療
1診目:百会・合谷(右)・三陰交(左)へ鍼を刺し30分置鍼
治療後痛みはほぼ消失し、10日経過しても痛みはほとんど出ていない。

2診目:初回と同様

Share

関連記事

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

腰痛の方がやってはいけない腹筋トレーニング

腰痛の方がよく言われるフレーズが「腹筋を鍛えてください」という一言になります。 まず、腰痛の方がなぜ腹筋を鍛えなければいけないのかというと、腹筋というのは何もしなければすぐに筋肉は落ちてしまい、腹筋と背筋のバランスが崩れ[…]

[» 続きを見る]

野菜の日

本日、8月31日は8・3・1ということで「野菜の日」だそうです。 初めて知ったんで覚えておきましょう。 さて、野菜の日だそうですが愛知県にはこんなデータがあります。 コンテンツ1 愛知県は野菜の収穫量が全国1位☆2 野菜[…]

[» 続きを見る]

花粉症の薬が保険適応外に。その背景にある理由とは?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今回はもうすぐやってくる花粉症に関する内容になります。 タイトルにもありますが、このニュースはご存知でしょうか? コンテンツ1 花粉症の薬が保険適応外に2 なぜ保険適応外になるの?[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症は鍼灸で治ります

東洋医学では髪の毛は「腎」や「血」との関わりが深いとされています。 脱毛症になってしまう体質としては ・腎陰虚 ・腎気虚 ・血虚 ・肝腎陰虚 ・肝陽上こう などが比較的多く見られますが、なんだか難しそうに聞こえますね。 […]

[» 続きを見る]