坐骨神経痛 42歳 女性

数年前から左臀部から太ももの裏側にかけて痺れが出てきたため、病院行くと坐骨神経痛と診断。
しかし、ヘルニアや狭窄症などではない。
その後はマッサージなどを受けに行くがあまり効果がなかったため、インターネットにて自宅から近い当院へ来院。

脈:緊

舌:淡紅・歯痕舌・舌裏怒張

弁証:気滞血オ

治療
1診目:百会・合谷(右)・三陰交(左)へ鍼を刺し30分置鍼
治療後痛みはほぼ消失し、10日経過しても痛みはほとんど出ていない。

2診目:初回と同様

Share

関連記事

繊維筋痛症とは?

名古屋の鍼灸師・蓬祥鍼灸院の長谷川です。 繊維筋痛症という病名を聞いたことがあるでしょうか? 最近ですと、アメリカの人気アーティストであるレディー・ガガがこの病気になってしまったことをSNSを通して発表しています。 この[…]

[» 続きを見る]

夏の養生

関東では昨日梅雨明けが発表されましたが、東海地方は梅雨明けしたのでしょうか? したということにしておきましょう。 さて、これから夏本番という感じで暑い日が続くようですが、体調を崩さないようにしなければいけません。 夏の養[…]

[» 続きを見る]

変わった治療

当院の鍼灸治療は基本的には頭部・手足・お腹周りにあるツボを使用して治療を行っています。 一般的には鍼灸治療というのは「患部に刺す」というのが常識になりつつあるので、肩こりなら肩、腰痛なら腰というイメージを持たれている方が[…]

[» 続きを見る]

鍼と針の太さの違い

「鍼」と「針」の太さの違いですが、 ・鍼 日本では鍼は鍼灸治療に用いられる針のことを指し、太さは0.14mm~0.3mmほどの太さのものが使用されます。 ・針 苦手な方も多い注射や採血などに用いられる針、その他には裁縫に[…]

[» 続きを見る]

呼吸を変えれば身体も変わる

普段何気なくしている呼吸ですが、呼吸法を変えるだけでも身体は変わってきます。 一度ぐらいは聞いたことがあると思いますが、腹式呼吸を実際にやってみたことがあるという方は少ないんじゃないかと思います。 呼吸法には、肋骨を広げ[…]

[» 続きを見る]