坐骨神経痛 42歳 女性

数年前から左臀部から太ももの裏側にかけて痺れが出てきたため、病院行くと坐骨神経痛と診断。
しかし、ヘルニアや狭窄症などではない。
その後はマッサージなどを受けに行くがあまり効果がなかったため、インターネットにて自宅から近い当院へ来院。

脈:緊

舌:淡紅・歯痕舌・舌裏怒張

弁証:気滞血オ

治療
1診目:百会・合谷(右)・三陰交(左)へ鍼を刺し30分置鍼
治療後痛みはほぼ消失し、10日経過しても痛みはほとんど出ていない。

2診目:初回と同様

Share

関連記事

生理不順や不妊症の原因となる高プロラクチン血症とは?

女性の身体に毎月起きる生理ですが中には生理不順でお悩みの方も多いかと思います。 生理不順にも色々な原因がありますが、今回は不妊症の原因にもなる高プロラクチン血症についてです。 この病気にはある特徴的な症状がありますので生[…]

[» 続きを見る]

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

身体を温める力が低下した「陽虚体質」

気には身体を温める働きがありますが、この機能が低下した状態になります。 このタイプの方はベースには気虚があり、ここに冷えによる症状が加わってきます。 主な原因としては普段から冷たい物を飲食したり、薄着などで長時間にわたり[…]

[» 続きを見る]

診断はできません!

時々ですが、身体の不調があるが病院へは行かずに当院へ来院されて「自分はこの病気だと思うんですが・・・」ということをおっしゃる方がいらっしゃいます。 おそらくですが、体を診た結果「確かにこの病気ですね。」という「診断」をし[…]

[» 続きを見る]

女性に多い喉のつかえ感

痰でも絡んでるかな? いや、痰とは違う。 でも喉に何かある感じがする。 比較的女性に多く見られる喉のつかえ感。 東洋医学ではこのような症状を「梅核気」といい、梅の実が喉に詰まっているような感じ、でも実際には何もない状態に[…]

[» 続きを見る]