同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。

同病異治とは
「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」

ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療法ということですね。
・血圧が高ければ降圧剤
・痛みがあればロキソニン(痛み止め)
・皮膚疾患にはステロイド
・花粉症には抗ヒスタミン薬

この同病異治も非常に東洋医学独特の考え方のように思えますが、よく考えてみると意外とそうではないと個人的には思っています。
なぜなら、一人ひとりの生活習慣が違うわけなので、病気を引き起こしている原因だって違って当然ではないでしょうか?

今あなたのそばにいる誰かとあなたが同じ腰痛を抱えているとします。
・生活習慣
・食生活
・ストレス度
・年齢
・性別

まったくあなたとは同じとは言えないはずです。

・あなたの腰痛はストレスによる腰痛
・別の方は食生活の問題で起きる腰痛
・また別の方は過労による腰痛。という可能性があるわけです。

それぞれの腰痛の原因が違っているため、当然治療法は違ってくるはずです。
痛み止めを飲んでも、痛みを抑えているだけで原因は取り除けてはいません。

異病同治の時にもお話しましたが、東洋医学では西洋医学の診断結果や検査結果などはあくまでも参考にするだけです。

大事なのはあなたがどのような生活習慣を送っているのか?
その結果、どのような体質になっているのかです。

今までの、今現在の生活習慣の中にあなたを苦しめている原因が潜んでいます。

東洋医学はあくまでも病気を診るのはなく、「人」を診ます。

Share

関連記事

もうすぐ花粉の季節がやってきます

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 まだまだ寒い日が続いてきていますが、春はもうすぐそこまでやってきている感じがします。※根拠は特にありません。 個人的に春は好きな季節ではありますが、春が嫌いだという方も結構いら[…]

[» 続きを見る]

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

妊娠中の浮腫み(むくみ)治療

妊娠による浮腫みは多くの妊婦さんが経験するトラブルの1つになります。 浮腫みが酷くなると日常生活にも影響があり、立っているのも辛い状況になってきます。 35歳女性 初産 逆子の治療で来院されるが、足の浮腫みが酷く立ってい[…]

[» 続きを見る]

ストレス性の痛みやコリに効果的なツボ

写真は合谷というツボになります。 このツボは知っている方も多いのではないでしょうか? テレビやツボ押しなどの本ではおそらく、肩こりや眼精疲労などに効果的ということで紹介されているかと思います。 この合谷というツボは色々な[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは痒みのある湿疹を主な症状とする皮膚疾患。 湿疹の状態は赤みがありジュクジュク、掻くと滲出液が出る、カサカサなど様々で年齢によっても変化してきます。(ジュクジュク⇒カサカサ) 原因は不明とされていますが[…]

[» 続きを見る]