同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。

同病異治とは
「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」

ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療法ということですね。
・血圧が高ければ降圧剤
・痛みがあればロキソニン(痛み止め)
・皮膚疾患にはステロイド
・花粉症には抗ヒスタミン薬

この同病異治も非常に東洋医学独特の考え方のように思えますが、よく考えてみると意外とそうではないと個人的には思っています。
なぜなら、一人ひとりの生活習慣が違うわけなので、病気を引き起こしている原因だって違って当然ではないでしょうか?

今あなたのそばにいる誰かとあなたが同じ腰痛を抱えているとします。
・生活習慣
・食生活
・ストレス度
・年齢
・性別

まったくあなたとは同じとは言えないはずです。

・あなたの腰痛はストレスによる腰痛
・別の方は食生活の問題で起きる腰痛
・また別の方は過労による腰痛。という可能性があるわけです。

それぞれの腰痛の原因が違っているため、当然治療法は違ってくるはずです。
痛み止めを飲んでも、痛みを抑えているだけで原因は取り除けてはいません。

異病同治の時にもお話しましたが、東洋医学では西洋医学の診断結果や検査結果などはあくまでも参考にするだけです。

大事なのはあなたがどのような生活習慣を送っているのか?
その結果、どのような体質になっているのかです。

今までの、今現在の生活習慣の中にあなたを苦しめている原因が潜んでいます。

東洋医学はあくまでも病気を診るのはなく、「人」を診ます。

Share

関連記事

鍼灸治療の選択はお早めに

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近のお話ですが、ホームページの方を少しだけリニューアルしましたが気づかれた方はいらっしゃいますでしょうか? もちろん、初めて当院のホームページを見た方にはどこがどう変わっ[…]

[» 続きを見る]

自然妊娠の確率

健康な20代のカップルが避妊をせずに性行為を行なった場合の自然妊娠の確率をご存知でしょうか? コンテンツ1 確率的には25~30%となっています。2 排卵日付近に性行為をしても100%できるわけではないということ。 確率[…]

[» 続きを見る]

花粉症にも鍼灸

秋と言えば・・・ ・食欲の秋 ・スポーツの秋 ・読書の秋 ・花粉症の秋 最後にいらないものが入ってますかね? でも、秋の花粉症の方にとっては嫌な季節に突入してしまいました。 花粉症と言うとやはり内科や耳鼻科に行かれる方が[…]

[» 続きを見る]

気の流れを良くする食材

気の流れが悪くなる原因の多くは「ストレス」。 ストレスは様々な病気を誘発するため現代社会においてはストレス対策ができるかどうかが非常に重要となる。 気の流れを良くするために一番良いのは運動。 運動をすると血流が良くなるが[…]

[» 続きを見る]

ストレスと甘いもの

ストレスが溜まると無性に甘いものが食べたくなることはありませんか? そして、甘いものを食べると「ホッ」っとします。 これにはちょっとした理由があります。 ストレスがかかると気が張った状態になりますが、甘いものには「気を緩[…]

[» 続きを見る]