同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。

同病異治とは
「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」

ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療法ということですね。
・血圧が高ければ降圧剤
・痛みがあればロキソニン(痛み止め)
・皮膚疾患にはステロイド
・花粉症には抗ヒスタミン薬

この同病異治も非常に東洋医学独特の考え方のように思えますが、よく考えてみると意外とそうではないと個人的には思っています。
なぜなら、一人ひとりの生活習慣が違うわけなので、病気を引き起こしている原因だって違って当然ではないでしょうか?

今あなたのそばにいる誰かとあなたが同じ腰痛を抱えているとします。
・生活習慣
・食生活
・ストレス度
・年齢
・性別

まったくあなたとは同じとは言えないはずです。

・あなたの腰痛はストレスによる腰痛
・別の方は食生活の問題で起きる腰痛
・また別の方は過労による腰痛。という可能性があるわけです。

それぞれの腰痛の原因が違っているため、当然治療法は違ってくるはずです。
痛み止めを飲んでも、痛みを抑えているだけで原因は取り除けてはいません。

異病同治の時にもお話しましたが、東洋医学では西洋医学の診断結果や検査結果などはあくまでも参考にするだけです。

大事なのはあなたがどのような生活習慣を送っているのか?
その結果、どのような体質になっているのかです。

今までの、今現在の生活習慣の中にあなたを苦しめている原因が潜んでいます。

東洋医学はあくまでも病気を診るのはなく、「人」を診ます。

Share

関連記事

なかなか止まらない不正出血の原因は胃腸の弱りが原因かも?

コンテンツ1 胃腸と不正出血の関係とは?2 東洋医学での胃腸について2.1 脾不統血とはどんな状態?3 鍼灸治療の効果は?自分でできる対策は? 胃腸と不正出血の関係とは? 様々な原因で起きる不正出血ですが、東洋医学には独[…]

[» 続きを見る]

本当に凄い鍼灸師とは?

本当に凄い鍼灸師ってどんな人でしょうか? きっと多くの方が 「どんな病気でも1回で治してしまう」または、どんな病気も治してしまう。 という鍼灸師を想像されると思いますが、これは間違いです。 なぜなら1回で治すことができな[…]

[» 続きを見る]

女性アスリートと月経③

女性アスリートと月経第3弾。 第1弾は「無月経が疲労骨折を招く」。 第2弾は「女性ホルモン(エストロゲン)の不足が無月経を招く」。 今回は女性ホルモンが不足するとなぜ無月経になり、疲労骨折を招くのか? まず女性ホルモンで[…]

[» 続きを見る]

ストレスで不正出血が起きるのはなぜ?

生理の時期でもないのに不正出血が起きると最初に考えるのが「ストレス?」かもしれません。しかし、よくよく考えるとストレスでなぜ不正出血が?と思いませんか? 本日はなぜストレスで不正出血が起きるのかということを東洋医学の面か[…]

[» 続きを見る]

妊娠報告

昨年の11月からお越しの30代女性。 黄体機能不全による不妊症でしたが、この度、自然妊娠のご報告をいただきました。 治療は腎陰虚>肝鬱化火と考え、左照海を基本とし、百会や左太衝、左内関から治療のたびに反応を診て使用。 治[…]

[» 続きを見る]