異病同治とは

異病同治(いびょうどうち)とは
「西洋医学では異なった病気でも、それぞれの病気を引き起こしている原因が同じであれば治療法は同じ」。
ここで言う原因と言うのが、日々の生活習慣からなる個々の「体質」ということになります。

これは東洋医学独特の考え方。

あなたの職場の方で不調を抱えている方が9人いるとします。
それぞれのお悩みは肩こり、腰痛、頭痛、花粉症、生理痛、めまい、うつ病、飛蚊症、胃痛。
西洋医学では整形外科、神経内科、耳鼻科、婦人科、心療内科、消化器科、眼科と診療科が別れることになります。

職場は人間関係が悪く、ストレスがかなりたまる職場。
東洋医学的に体質を分析すると9人共に「肝鬱気滞証」という体質であったらストレスにより気の流れが悪くなっている状態ということになる。

治療はすべて「疏肝理気(そかんりき)」という気の流れを良くする治療を行うだけ。

病院での診断結果や検査結果などはあくまでも参考にしかしていません。

その理由はそもそもの身体の見方、病気の考え方にちがいがあるためです。

東洋医学はあくまでも個々の体質に合わせて治療を行います。
そのため、病名にとらわれることなく治療を行っています。

Share

関連記事

葛根湯について

テレビのCMでもお馴染みの葛根湯。 風邪の引き始めに服用すると効果があり、病院でも処方されることがある、漢方薬の中でも非常になじみのある薬。 しかし、この葛根湯は風邪の初期に服用すれば必ず効果があるとは限りません。 葛根[…]

[» 続きを見る]

病は気から

昔から「病は気から」という言葉を聞くと思います。 この意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなるということ。」 心配事や考え込んだりすると病気になりやすく、病状を悪化させることもあるため、常に前向に気持ちも明る[…]

[» 続きを見る]

原因不明の皮膚疾患の経過報告

60代女性 原因不明の皮膚疾患。 7~8年前に靴擦れのようなものから傷に変わり、総合病院の皮膚科を受診するも原因は不明、病名も付いていない。※リベド血管炎にもにているが確定診断はされていない。 医師から皮膚の移植手術を勧[…]

[» 続きを見る]

基礎体温つけてますか?

  こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 妊娠を希望する方にまず行っていただきたいのが、基礎体温表をつけること。 基礎体温表は毎日決まった時間につけなければいけないため、結構面倒で大変なことではありますが、基礎[…]

[» 続きを見る]

太衝穴

ストレスにより気の流れが悪くなった状態を肝鬱気滞といいますが、この場合には「疏肝(そかん))という肝気の流れを良くしなければいけません。 その際によく使用されるのが太衝というツボになります。 正しくツボが取れればこのツボ[…]

[» 続きを見る]