異病同治とは

異病同治(いびょうどうち)とは
「西洋医学では異なった病気でも、それぞれの病気を引き起こしている原因が同じであれば治療法は同じ」。
ここで言う原因と言うのが、日々の生活習慣からなる個々の「体質」ということになります。

これは東洋医学独特の考え方。

あなたの職場の方で不調を抱えている方が9人いるとします。
それぞれのお悩みは肩こり、腰痛、頭痛、花粉症、生理痛、めまい、うつ病、飛蚊症、胃痛。
西洋医学では整形外科、神経内科、耳鼻科、婦人科、心療内科、消化器科、眼科と診療科が別れることになります。

職場は人間関係が悪く、ストレスがかなりたまる職場。
東洋医学的に体質を分析すると9人共に「肝鬱気滞証」という体質であったらストレスにより気の流れが悪くなっている状態ということになる。

治療はすべて「疏肝理気(そかんりき)」という気の流れを良くする治療を行うだけ。

病院での診断結果や検査結果などはあくまでも参考にしかしていません。

その理由はそもそもの身体の見方、病気の考え方にちがいがあるためです。

東洋医学はあくまでも個々の体質に合わせて治療を行います。
そのため、病名にとらわれることなく治療を行っています。

Share

関連記事

お灸の熱さの左右差

ここ数年、巷ではやっているのが「お灸女子」なるものです。 お灸女子とはご自身で千年灸を使ってお灸をされる女性のことを言いますが、お灸をしていると熱さを感じなかったり、逆にすぐに熱くなってしまう、さらには左右で熱さの感じ方[…]

[» 続きを見る]

手湿疹の改善例

10月より来院されている患者さん。 4回目の治療を終えてからあまり良く眠れていなかったが眠れるようになり、その後に副鼻腔炎になってしまったが、副鼻腔炎が治るとともに手湿疹も改善された。

原点は「やっぱり治療がしたい!」

大学を辞め、約1年間はバイト、バイト、バイト… 授業料を稼ぐためただひたすらバイトをし、翌年入学したのはトライデントという専門学校。 ここではアスレティックトレーナーという資格を取るために入学しました。 当時の講師にはサ[…]

[» 続きを見る]

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

鍼灸師が教える女性が知っておくべきお勧めのツボ!

コンテンツ1 女性が知っておくべきツボはこのツボ!2 三陰交の名前の由来2.1 ツボの場所3 なぜ三陰交が婦人科疾患の常用穴なのか?3.1 ツボの効能は? 女性が知っておくべきツボはこのツボ! こんにちは。 蓬祥鍼灸院の[…]

[» 続きを見る]