歯科で原因不明とされた右上奥歯の痛み 43歳 女性

今年の春から突然左上の歯に痛みがでたため、かかりつけの歯科医にいったところ色々な検査をするも何ら悪いところが見当たらないため、痛み止めと、抗生剤をもらい服用すると一旦は治まる。
先週から今度は右上の奥歯に痛みが出たため、再度歯科医へ行くも異常なし。
今回は抗生剤は服用せず、痛み止めのロキソニンで痛みが治まるが、一時的にしか効果がなく、現在は痛みが酷く噛めない状態のため、何とか治したいというため当院へ来院。

その他、数年前に三叉神経痛第1枝痛、花粉症 、肩こり、耳鳴り 、極度の暑がり 、空腹感はあるが食欲があまりない

脈:沈弦やや数

舌:やや暗紅色、舌裏怒張あり

弁証:肝胆火旺、胃陰虚

1診目:百会・外関・太衝・丘きょ・復溜
治療前は痛みのレベルが10段階で8 治療直後に8 → 6に軽減し、さらに時間経過とともに痛みがどんどん引いていきほぼ消失。
2日経過しても痛みはまったくない状態のため、歯の痛みの治療に加えて、眼精疲労の治療を追加。

2診目:百会・合谷・肩中・丘きょ・復溜

歯の痛みで鍼灸治療を希望される方は非常に少なく症例も少ないが、歯科医にて原因不明といわれても東洋医学的に原因を考えていくと原因が発見され、鍼灸治療が非常に効果を発揮することが改めて分かったおもしろい症例になりました。

Share

関連記事

生理痛の原因は東洋医学ではどのように考えるの?

コンテンツ1 生理痛は東洋医学ではどのように考えるか?1.1 不通則痛とは?1.2 不栄則痛とは?2 あなたはどのタイプの生理痛?2.1 気滞2.2 瘀血2.3 気血両虚2.4 冷え(寒邪)3 まとめ 生理痛は東洋医学で[…]

[» 続きを見る]

内装工事~床ができました~

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今朝は朝から新店舗で使用するベッドやタオルの購入をしに大曽根まで行ってまいりました。 さて、そんなことよりも新店舗の内装工事ですが、昨日の夕方には床が出来ておりまし[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療を始めたら薬は止めるべき?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近は移転に伴い色々とやることがあり、何かと忙しくしております。 鍼灸治療を始めるきっかけは人それぞれではありますが、中には薬に頼らず体質改善したいという理由で鍼灸治療を始[…]

[» 続きを見る]

本日より新店舗の内装工事スタート!

本日より新店舗の内装工事がスタートします! 現状は「スケルトン」と言い鉄骨むき出しで全く何もない状態です。しかも、床のコンクリートさえもないというから困ったものです。。。 さらに以前は雀荘だったためか、南側と西側の壁も塞[…]

[» 続きを見る]

仕事ができない程のメニエール病なら【休職】という選択を考えよう

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 メニエール病でめまいが酷く、仕事に影響が出てしまっていたり、今後はどのように仕事をしていけばいいか悩んでいませんか? 今回はメニエール病で仕事に影響が出てしまっている場合にとれる1[…]

[» 続きを見る]