歯科で原因不明とされた右上奥歯の痛み 43歳 女性

今年の春から突然左上の歯に痛みがでたため、かかりつけの歯科医にいったところ色々な検査をするも何ら悪いところが見当たらないため、痛み止めと、抗生剤をもらい服用すると一旦は治まる。
先週から今度は右上の奥歯に痛みが出たため、再度歯科医へ行くも異常なし。
今回は抗生剤は服用せず、痛み止めのロキソニンで痛みが治まるが、一時的にしか効果がなく、現在は痛みが酷く噛めない状態のため、何とか治したいというため当院へ来院。

その他、数年前に三叉神経痛第1枝痛、花粉症 、肩こり、耳鳴り 、極度の暑がり 、空腹感はあるが食欲があまりない

脈:沈弦やや数

舌:やや暗紅色、舌裏怒張あり

弁証:肝胆火旺、胃陰虚

1診目:百会・外関・太衝・丘きょ・復溜
治療前は痛みのレベルが10段階で8 治療直後に8 → 6に軽減し、さらに時間経過とともに痛みがどんどん引いていきほぼ消失。
2日経過しても痛みはまったくない状態のため、歯の痛みの治療に加えて、眼精疲労の治療を追加。

2診目:百会・合谷・肩中・丘きょ・復溜

歯の痛みで鍼灸治療を希望される方は非常に少なく症例も少ないが、歯科医にて原因不明といわれても東洋医学的に原因を考えていくと原因が発見され、鍼灸治療が非常に効果を発揮することが改めて分かったおもしろい症例になりました。

Share

関連記事

信頼関係

「信頼関係」は人間関係を築いていく上でとても大切こと。そのため、治療を行ううえでもとても大切なものになります。 中には初回の問診の際に疑心暗鬼になっている方も見受けられます。 東洋医学は非常に独特な考え方を持っているため[…]

[» 続きを見る]

入学式

今日は姪っ子の中学の入学式に行って来ました。 懐かしい○○中学。 ちょっと変わった部分もありましたが、ほぼ変わってなかったです。 特に教室は懐かしかった。 不満があるのは通学路。 指定された通路が「か・な・り」大回りにな[…]

[» 続きを見る]

脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で医師からオペを勧めらているが、オペをしたくない場合に鍼灸治療を選択される方が多くいらっしゃいますが、この様な場合はまず2~3回ほど治療を行ないます。 そして痛みや痺れが緩和され、歩行距離や歩行スピードに[…]

[» 続きを見る]

デスクワークによる肩こりや腰痛

現代病ともいえる日本人のデスクワークによる肩こりや腰痛。 人間というのは同一姿勢でいることは意外とストレスになることはあまり知られていません。立っている時で考えていただくと分かりやすいのですが、必ずどちらかの足に体重をか[…]

[» 続きを見る]

直観力

日々治療をしていると直感的に「ここだなっ!」と感じたツボに鍼を打つことがあります。 直感で選び迷いのない鍼が打てると驚くほどの効果が出る。 これは治療者の直感力。 おそらく患者さん側にも同じことが言えるのではないかと思い[…]

[» 続きを見る]