○○と子宮の関係

○○は子宮と関係があります。
さて、何でしょうか?

答えは「唇です」!

唇というのは子宮の反射区で、反射区というのはいわゆる「足ツボ」のようなものになります。

不妊治療で人工授精以上にステップアップしてしまうと性行為どころか、スキンシップすらなくなりがち。
たた、意外なのが病院での治療を休んだとたんに自然妊娠!ということも珍しくないのですが、しばらくご無沙汰だとお互いに誘いにくかったりもしますよね。

そのため、しばらくご無沙汰という場合はまずは「キス」から始めてみてはいかがでしょうか?
唇が子宮の反射区ということはキスをすることにより子宮に刺激を与えることができるということです。

いきなりキスもなんだか照れるっという場合はさらにハードルを下げ「ハグ」から始めてみましょう。

a0002_006953

Share

関連記事

花粉患者さん増加中

今年も1/4が終わろうとしています・・・ こういう言い方をすると時間の流れがとても早く感じますが、明日から新年度の始まりです! 環境がガラッと変わる方もいらっしゃるかと思いますが、体調にはお気をつけ下さい。 さて、22日[…]

[» 続きを見る]

気の流れを良くする食材

気の流れが悪くなる原因の多くは「ストレス」。 ストレスは様々な病気を誘発するため現代社会においてはストレス対策ができるかどうかが非常に重要となる。 気の流れを良くするために一番良いのは運動。 運動をすると血流が良くなるが[…]

[» 続きを見る]

多嚢胞卵巣症候群(PCOS)の症例②

20代女性 3年前に結婚。 社会人になってから生理痛が酷くなったために病院へ行くと多嚢胞卵巣症候群と診断。 当時は子供のことはまだ考えていなかったが、今年から子作りを考えるが、できるだけ薬を使いたくないとのことで鍼灸治療[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療後の基礎体温の変化

多嚢胞卵巣症候群と診断された30代女性。 治療前の基礎体温は低温期でも体温が36.7℃以上になったり、13日(赤丸の日)で高温期を迎えても36.7℃を下回ったりとガタガタしており、きれいな2層には分かれていない。 病院で[…]

[» 続きを見る]

坐骨神経痛 42歳 女性

数年前から左臀部から太ももの裏側にかけて痺れが出てきたため、病院行くと坐骨神経痛と診断。 しかし、ヘルニアや狭窄症などではない。 その後はマッサージなどを受けに行くがあまり効果がなかったため、インターネットにて自宅から近[…]

[» 続きを見る]