○○と子宮の関係

○○は子宮と関係があります。
さて、何でしょうか?

答えは「唇です」!

唇というのは子宮の反射区で、反射区というのはいわゆる「足ツボ」のようなものになります。

不妊治療で人工授精以上にステップアップしてしまうと性行為どころか、スキンシップすらなくなりがち。
たた、意外なのが病院での治療を休んだとたんに自然妊娠!ということも珍しくないのですが、しばらくご無沙汰だとお互いに誘いにくかったりもしますよね。

そのため、しばらくご無沙汰という場合はまずは「キス」から始めてみてはいかがでしょうか?
唇が子宮の反射区ということはキスをすることにより子宮に刺激を与えることができるということです。

いきなりキスもなんだか照れるっという場合はさらにハードルを下げ「ハグ」から始めてみましょう。

a0002_006953

Share

関連記事

鍼灸治療は全科の治療が可能

病院では内科・呼吸器科・消火器科・泌尿器科・婦人科・整形外科・・・という具合に診療科が分かれているため症状によって通う病院が変わってきたりします。 しかし、鍼灸治療はあまり知らない方もいらっしゃっるかもしれませんが、「全[…]

[» 続きを見る]

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

ご予約に関して

名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 鍼灸院にも色々なスタンスで治療をされていますが、多くの鍼灸院では「完全予約制」または「予約優先」で行なっている治療院が多いかと思いますが、当院では前者の完全予約制にて行なっております。 […]

[» 続きを見る]

坐骨神経痛 30歳 女性

坐骨神経痛 30歳 女性 今年の3月まで育児休暇をとっていたが4月より復職。 オールタイムでの勤務ではないが、仕事・家事に育児にと忙しい毎日を過ごしていると両側の臀部と大腿部に痺れが起きる。 しばらくは様子を見ていたが痛[…]

[» 続きを見る]

東洋医学で考えるかゆみの原因

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の症状の1つとして現れる「かゆみ」。 実はこの痒みが起きるメカニズムというのは現代医学では分かっておりません。 ただ1つ分かっているのはかゆみを引き起こす物質に関してです。 そ[…]

[» 続きを見る]