主訴:基礎体温が安定しない。

4ヶ月前から基礎体温表をつけ始めるが、毎回高温期に入ると基礎体温がガクッと落ちる。

また、低温期に高温になる。 来院当初はまだ病院には行っておらず、高温期に基礎体温が下がるということから「黄体機能不全」の疑いがあり。

月経周期:28日

生理痛:初日に鈍痛があるていど

月経量:少ない

月経色:鮮紅色

脈:弦脈

弁証(体質):肝鬱気滞、腎虚

その他 肝機能検査で要観察 胆のうポリープ 腎結石

4月初旬に病院へ行き血液検査とエコー検査を受けた結果、エストロゲンの分泌不足が判明し、さらに排卵期を過ぎても子宮内膜が4mmしかないことも判明。

そのため、子宮や卵巣へのアプローチ+αで体質治療を行う。

1ヶ月後のに当院での新旧治療後に病院へ行き再度エコー検査を受けたところ、16日or17日に排卵があり、子宮内膜の厚さも6.9mmまで厚くなっていることを来院した際に患者様本人から確認。

また、当初の主訴であった基礎体温も見事に安定を取り戻していました。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------