鍼灸師が教える女性が知っておくべきお勧めのツボ!

女性が知っておくべきツボはこのツボ!

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。
今回は女性が知っていて損はないツボをご紹介致します。
ご紹介するツボは三陰交といい、一般的には婦人科疾患の常用穴といわれるツボで、婦人科疾患を抱えている方、または予防したいという方は是非とも覚えておいて頂きたいツボになります。

三陰交の名前の由来

・足の厥陰(けついん)肝経
・足の太陰脾経
・足の少陰腎経
この3つの陰経が交わるため『三陰交』と言います。

ツボの場所

内くるぶしから指4本で、頸骨(スネの骨)の内側
生理痛が酷い方や子宮筋腫、子宮内膜症などがある方はかなり痛むかと思います。

saninkou

saninkou2

なぜ三陰交が婦人科疾患の常用穴なのか?

三陰交が婦人科疾患の際によく使用されるのにはやはりそれなりの理由があります。
先ほどの3つの陰経の経絡(気の流れ道)が全て子宮を通るために、婦人科疾患全般に効果があるとされているためです。

ツボの効能は?

一般的には婦人科疾患の常用穴と言われるために、生理痛などの婦人科疾患に効果的と言われています。また、中には冷え性にも効果があると言われています。
しかし、本来のツボの効果とは以下のようになります。
・活血化瘀(かっけつかお)
・補血
・清熱涼血

このツボは刺激の加え方次第で真逆の効果になります。
瘀血体質の方には強めの刺激を加えると瘀血を下す『活血化瘀』

血虚体質の方に軽い刺激を加えると血液を補う『補血作用』があります。

また、清熱涼血とは身体のかなり深いところに熱を持っている場合に行なう方法で、アトピーなどの皮膚科疾患の際などに用いる治療法になります。

Share

関連記事

東洋医学に関するお勧め書籍

東洋医学は鍼灸師になるためには必ず勉強しなければならない科目ですが、鍼灸師の中でも東洋医学に対して好き・嫌いが分かれています。 そのため、一般の方が東洋医学について勉強するのは非常に大変です。 でも、興味があるという方に[…]

[» 続きを見る]

妊娠報告

昨年の11月からお越しの30代女性。 黄体機能不全による不妊症でしたが、この度、自然妊娠のご報告をいただきました。 治療は腎陰虚>肝鬱化火と考え、左照海を基本とし、百会や左太衝、左内関から治療のたびに反応を診て使用。 治[…]

[» 続きを見る]

生理不順で周期がバラバラになる原因は?

女性にしか起こらない生理的な現象が「月経(生理)」になりますが、特に問題のない方であれば月に1回は必ず訪れるものになります。 医学的には25日~40日以内に定期的に来ていれば問題視されることはありません。 しかし、中には[…]

[» 続きを見る]

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

体育の日

本日は体育の日。 「体育の日(10月10日)は必ず晴れる」というデータから1964年の東京オリンピックはこの日に決まったそうです。 このジンクスは今でも変わらないようです。 今日の新聞に運動週間に関する記事がありました。[…]

[» 続きを見る]