花粉症 29歳 男性

毎年春に花粉症の症状に悩まされており、薬は眠くなるためあまり飲みたくないということで鍼治療を希望して来院。

現在は税理士を目指して勉強中。

花粉症の症状として一番きついのは目の痒み

舌:舌尖紅・舌苔薄黄

弁証:肝火上炎

1診目:百会・合谷・太衝・大敦(刺絡)

以後1週間おきに治療。

2・3診:同様

4・5・6診目:上記に肝ユを追加

今年の花粉は酷いと言われていたが、症状が酷かったのは数日のみで例年と比較するとかなり楽になっていたとのこと。
4月以降はほぼ症状がなかった。

 

~東洋医学では春は肝気が高ぶる季節。~

そして、感覚器の中では肝は目と最も関連が深いため、春の花粉症で目の痒みがある場合は肝を治療すると症状が軽減するが、この方は現在税理士を目指してもう勉強中であり、細かい計算が必要にあんるためストレスが非常にかかっていた。

このストレスから開放されていればもっと治療効果は高まっていたと思われます。

また、花粉症の方にお勧めなのはシーズン中の治療ではなく、シーズン以外にも鍼灸を受けることにより自然と花粉症は治癒していきます。

Share

関連記事

花粉症体質のご紹介

本格的に花粉の季節がやってきたため、当院でも鍼治療に加えて花粉症の方には補助的な治療も加えるようになって来ました。 そこで、本日は東洋医学的に診た「花粉症体質」をご紹介致します。 一言で花粉症といっても東洋医学では様々な[…]

[» 続きを見る]

東洋医学の診察法~舌診~

東洋医学では問診以外に、脈診や舌診・腹診など独特の診察法があります。 その中で今回は舌診についてのご紹介です! 舌診とはその名の通り「舌」を「診る」わけですが、まず大切なのが健康な人の舌がどのような状態かを知っておかなけ[…]

[» 続きを見る]

半年前からの膝の激痛に対する症例

50代 女性 主訴:両膝の痛み 半年前から両膝に激痛があり、整形外科でレントゲンを撮るも異常なく、医師からは加齢によるものと、体重の増加を指摘される。 病院での処置は水が溜まっているため水を抜くだけ。 以後、1週間から1[…]

[» 続きを見る]

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。 この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部[…]

[» 続きを見る]

女性の無理なダイエットがもたらす代償とは?

コンテンツ1 無理なダイエットがもたらす代償2 無月経とダイエットとの関係は?2.1 ダイエットによる無月経を阻止するためには?2.2 パリコレモデルも無理なダイエットはしていない!3 ダイエットによる無月経の治療法は?[…]

[» 続きを見る]