円形脱毛症になったらチェックすべきこととは?

円形脱毛症になったらチェックすべきこと

円形脱毛症になると非常にショックを受けるかと思います。
思わず「何で自分が・・・」となるかと思いますが、なってしまった以上は原因を追究していかなければなりません。
まず、円形脱毛症になってしまう原因として最も多いのが、ストレス過多の方です。また、元々アトピー性皮膚炎を持っている方も円形脱毛症にはなりやすい為にアトピー体質の方はストレス発散はしっかりとしておかなければいけません。

そして、もう1つ是非チェックしていただきたいことがあります。それが、金属アレルギーかどうかと言うこと。

当院に円形脱毛症で来られる方にはストレスはどうか?アトピー体質ではないか?さらに金属アレルギーはないか?ということをお聞きしますが、検査はしたことはないが指輪やアクセサリーで肌が荒れるという方は結構いらっしゃいます。
しかし、このような場合では指輪やアクセサリーをつけなければ問題ないためにあまり問題があるとは考えられないかと思いますが、盲点ともいえる部分があります。

その場所とは歯になります。

虫歯治療の際に歯に銀を詰めてはいないでしょうか?実はこの歯科治療に使われている銀が円形脱毛症を引き起こしている可能性があります。

金属アレルギーと円形脱毛症の関係

ではなぜ歯の詰め物として使われている銀が円形脱毛症を引き起こすのでしょうか?
歯に使用されている銀は非常に安価なものであり、微量でありますが口内で溶けてしまいます。溶け出した金属イオンが体内に侵入し、体の中で異物と判断され免疫細胞が攻撃を仕掛けますが、この際に毛髪細胞まで攻撃を受けてしまうことにより脱毛症を発症することになります。また、金属アレルギーは円形脱毛症だけではなく湿疹やアトピーの原因にもなります。

どのように検査をするのか?

金属アレルギーの検査は皮膚科にて行なうことができ、パッチテストにて行なわれます。しかし、金属アレルギーの検査はどこの皮膚科でも行なえるものではなく、大きな病院でしか行なっていないことが多くなります。また、皮膚科医の中には金属アレルギーと円形脱毛症との関係に疑問を持たれる医師の方もいらっしゃいます。そのため、あまり気乗りしない医師の方もいるかと思いますが、その際は強く求めるようにしましょう。

金属アレルギーで陽性だった場合はどうするか?

金属アレルギーの検査で陽性反応が出た場合ですが、鍼灸治療で体の治療をすることはもちろんお勧めしておりますが、それ以上に歯の治療をすることをお勧めしております。
そのため、歯科医にて歯の詰め物を除去して身体に害のないものに詰め替えることになります。しかし、この場合は実費治療となることが多いため、非常にお金がかかることはある程度覚悟しておいてください。

まとめ

医師の中には金属アレルギーと円形脱毛症の関係に疑問を持たれている方もいらっしゃいますが、当院に円形脱毛症の治療で来られて方の中には金属アレルギーの検査をした結果、しっかりと陽性反応が出た方がいらっしゃいます。そして、治療を進めていくことで円形脱毛症はもちろんですが、酷い冷え性も治った方もいらっしゃいます。そのため、円形脱毛症の方全ての方が金属アレルギーが原因とは言いませんが、やはり1度検査をしてみることを私はお勧めしております。

Share

関連記事

チャレンジ!

10年ほど前からでしょうか? 納豆トーストが旨い!という話を聞いていましたが、いくら納豆好きとはいえ、やはり一歩踏み出す勇気がありませんでした。 しかし、知人にも納豆トーストが旨いと言われたので、ネットで調べると色々なレ[…]

[» 続きを見る]

東洋医学での肝の働き

●疏泄(そせつ) 疏泄とは肝気が全身の気の流れを調節し、気血水の運行や脾胃の運化を促進し、胆汁の分泌や排泄、感情をコントロールする作用を指す。 そのため肝気の流れがスムーズであれば、気持ちにゆとりがあり、胃腸の働きもいい[…]

[» 続きを見る]

顔面神経麻痺に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例2 弁証および治療について3 考察 60代 女性 顔面神経麻痺(ベル麻痺)の症例 2018年12月来院。 12月7日から右耳の後ろに痛みが出る。 2日後の9日の夕[…]

[» 続きを見る]

ゴーヤーの苦味成分

ここ数日は梅雨明けしたのではないかと思うぐらい暑くてたまらず、ついに自宅でもエアコンデビューしました。 こんな暑い日には冷たい飲み物やアイスが恋しくなりますが、やはりこういったものは摂りすぎは注意しなければいけません。 […]

[» 続きを見る]

治療効果の出方

鍼灸治療は比較的その場で治療効果を感じていただけますが、中には時間差で効果が出てくる場合もあります。 治療後に痛みが取れない、またはあまり変化がなくとも数時間後~翌日にかけて体に変化が出ることもあるということです。 また[…]

[» 続きを見る]