花粉症・PMS(月経前症候群) 26歳 女性

数年前から月経1週間程前になると感情のコントロールができず、イライラしたり、急に泣いてしまったり、集中力の低下、浮腫み、食欲の増加などの症状が出るようになる。

また、花粉症でもあり春・秋どちらも症状が出るという。

治療は月経周期に合わせ、症状が出てくる10日程前から2回治療する事に。

1周期目の治療で症状は6~7割程に収まり、2周期目の治療でほぼ症状は無くなり、花粉症の症状も治まる。

※ 中医学による治療は今回のようにまったく別の病気であっても原因となる体質を変える事が出来れば同時に治癒させる事が出来てしまうのが、中医学の素晴らしい所になります。

Share

関連記事

うつ病だと思ったら実は認知症だった

以前うつ病ということで当院へ来院されていた方のお話です。 仕事の激務により病院にてうつ病と診断され服薬にて治療を行っていたが、なかなか改善されないために鍼灸治療を希望されて当院へ来院されましたが、お話を聞いていると「うつ[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症は2ヶ月前から?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 円形脱毛症は当院でもご相談の多い疾患になりますが、学生時代の学校以外の勉強会に参加していた時にこのようなことを教わりました。 「円形脱毛症は発症した日から2ヶ月前に何かあっ[…]

[» 続きを見る]

もうすぐ花粉の季節がやってきます

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 まだまだ寒い日が続いてきていますが、春はもうすぐそこまでやってきている感じがします。※根拠は特にありません。 個人的に春は好きな季節ではありますが、春が嫌いだという方も結構いら[…]

[» 続きを見る]

舌で見る健康状態

東洋医学独特の診断方法に「舌診」という舌を診る診察方法があり、舌を診るだけでも身体の状態がある程度分かってきます。 舌の状態は診てるようで、意外と診ていない方も多くいらっしゃいます。 しかし、鏡さえあれば誰でも簡単に診る[…]

[» 続きを見る]

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。 この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部[…]

[» 続きを見る]