花粉症・PMS(月経前症候群) 26歳 女性

数年前から月経1週間程前になると感情のコントロールができず、イライラしたり、急に泣いてしまったり、集中力の低下、浮腫み、食欲の増加などの症状が出るようになる。

また、花粉症でもあり春・秋どちらも症状が出るという。

治療は月経周期に合わせ、症状が出てくる10日程前から2回治療する事に。

1周期目の治療で症状は6~7割程に収まり、2周期目の治療でほぼ症状は無くなり、花粉症の症状も治まる。

※ 中医学による治療は今回のようにまったく別の病気であっても原因となる体質を変える事が出来れば同時に治癒させる事が出来てしまうのが、中医学の素晴らしい所になります。

Share

関連記事

花粉症の薬で悪夢?

市販の花粉症の薬は眠くなるなどの副作用がありますが、今では眠くなりにくく、1日2回の服用でOKという薬が出ています。 そうです。アレグラという花粉症の薬。 今この薬の副作用が少し話題になっていることをご存知でしょうか? […]

[» 続きを見る]

日々の運動

約2週間前から10年ぶりにウエイトトレーニング(筋トレ)を始めました。 名古屋市が運営しているスポーツセンターであれば、1回300円、5回の回数券が1,000円、1ヶ月定期が1,600円ということで迷わず1ヶ月定期を購入[…]

[» 続きを見る]

直観力

日々治療をしていると直感的に「ここだなっ!」と感じたツボに鍼を打つことがあります。 直感で選び迷いのない鍼が打てると驚くほどの効果が出る。 これは治療者の直感力。 おそらく患者さん側にも同じことが言えるのではないかと思い[…]

[» 続きを見る]

診療報酬の不正受給問題

ニュースで取り上げられている診療報酬の不正受給問題ですが、これは医師だけではなく、鍼灸院や整骨院でも行なわれている問題がある。 なぜこのようなことをするのかというと1つの問題として「経営を安定させたい」という気持ちがある[…]

[» 続きを見る]

生理が遅れる原因は多嚢胞卵巣症候群かも?

コンテンツ1 多嚢胞卵巣症候群1.1 多嚢胞卵巣症候群の原因1.2 多嚢胞卵巣症候群の症状1.3 治療について 多嚢胞卵巣症候群 卵巣にはたくさんの卵細胞があり、通常は平均して月にひとつずつ成熟し排卵します。 卵細胞は卵[…]

[» 続きを見る]