花粉症・PMS(月経前症候群) 26歳 女性

数年前から月経1週間程前になると感情のコントロールができず、イライラしたり、急に泣いてしまったり、集中力の低下、浮腫み、食欲の増加などの症状が出るようになる。

また、花粉症でもあり春・秋どちらも症状が出るという。

治療は月経周期に合わせ、症状が出てくる10日程前から2回治療する事に。

1周期目の治療で症状は6~7割程に収まり、2周期目の治療でほぼ症状は無くなり、花粉症の症状も治まる。

※ 中医学による治療は今回のようにまったく別の病気であっても原因となる体質を変える事が出来れば同時に治癒させる事が出来てしまうのが、中医学の素晴らしい所になります。

Share

関連記事

繊維筋痛症とは?

名古屋の鍼灸師・蓬祥鍼灸院の長谷川です。 繊維筋痛症という病名を聞いたことがあるでしょうか? 最近ですと、アメリカの人気アーティストであるレディー・ガガがこの病気になってしまったことをSNSを通して発表しています。 この[…]

[» 続きを見る]

気温差が激しい今日この頃

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近は朝・晩の気温が大分低くなり、涼しいを通り越してやや肌寒いぐらいの日があるかと思いきや、日中になると30℃前後にまで気温が上がるため、体調管理が難しくなってきます。 こういった[…]

[» 続きを見る]

手湿疹の改善例

10月より来院されている患者さん。 4回目の治療を終えてからあまり良く眠れていなかったが眠れるようになり、その後に副鼻腔炎になってしまったが、副鼻腔炎が治るとともに手湿疹も改善された。

鍼灸治療の豆知識

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今日は鍼灸治療の豆知識として知っていた方が良いことをお伝えします。 医療費控除というものをご存知かと思いますが、鍼灸治療もこの医療費控除の対象となります。そのため、当院では基本的に毎[…]

[» 続きを見る]

奥様に感謝

初回、奥様に連れらて来院された男性患者様。 お話を聞くと10年ほど前から体の不調があり病院へ通っているがなかなか効果がなく、奥様が東洋医学で何とかならないかということでご予約のお電話を頂きました。 奥様は鍼灸治療は経験さ[…]

[» 続きを見る]