逆子 29歳 女性

現在30週 3週間前から逆子で1度も戻らず 腹部の冷えあり お灸+鍼を2本使用 腹部の冷えが非常に強く、逆子になってから時間も経っているため「ちょっと時間がかかるかな?」っと思ったため、とりあえず金曜日にも予約を入れる。

翌日が検診日であり、つい先ほど電話にて「治りました!」との報告あり。

上記の症例を参考にしつつ、逆子でお悩みの方は是非とも鍼灸の選択肢の一つに入れてください。

早めに受けることによって鍼灸での成功率は上がります↑↑↑

Share

関連記事

動眼神経麻痺の治療経過報告

昨年の12月からお越しの40代女性。 数年前に交通事故に遭い、動眼神経麻痺を発症。 ※動眼神経とは光を取り込む瞳孔を収縮させたり目を開く(まぶたを上げる)ための筋肉を動かす神経。 そのため、軽度の眼瞼下垂、瞳孔は開きっぱ[…]

[» 続きを見る]

情報過多で起きるコロナ疲れ。外出は控えるべき?

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 今テレビやネットでは「コロナ疲れ」というキーワードが話題になっていますが、ご存知でしょうか?本日はこのコロナ疲れに関する内容になります。 コンテンツ1 情報過多が原因?コロナ疲れと[…]

[» 続きを見る]

あなたはストレスの影響を受けやすい?

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 普段生活していればストレスは必ずありますが、中には非常にストレスに敏感な体をお持ちの方がいらっしゃいますが、皆さんはいかがでしょうか? ここで言う、ストレスに敏感な体というのは[…]

[» 続きを見る]

便秘薬に頼りすぎないで下さい

便秘でお悩みの女性も意外と多くいらっしゃいます。 便秘の薬と言えば昔からのCMでおなじみの「便秘薬にはコー○ック」ですが、飲んでいる方はいらっしゃるでしょうか? もし飲んでいる方がいましたら、すぐに止めるようにしましょう[…]

[» 続きを見る]

足元を暖めよう!

夏らしい夏ではありませんでしたが、9月に入り徐々に涼しくなってきました。 本格的に寒くなる前に冷えについてです。 四字熟語に「頭寒足熱」という言葉がありますが、この言葉の意味は頭を冷やして足を温めるのは健康によいというこ[…]

[» 続きを見る]