瞼裂斑炎の症例

現在来院中の30代女性。
先週来院された際に左目の外側のみ充血していたためどうしたのか聞くと「瞼裂斑炎(けんれつはんえん)」と眼科で診断されたそうです。

正直、聞いたことのない病名でしたが、眼科では目薬を出されているだけであまり変化が見られないため、治療を行なってみることにしました。

東洋医学では目は肝臓と関係があり、この方は元々「肝気」の問題を抱えている方だったため、ツボを探っていくと「行間穴」に左右差があったため、左の行間穴に2番鍼で15分置鍼。
※行間:足の親指と人差し指の間の辺りにあるツボ

9日後の本日と治療前の写真です。

kenretsu

1回で大分変化しました。
この病気はコンタクトレンズによる物理的な刺激や紫外線により充血が起こり、炎症部分が黄色く盛り上がってくることにより目がゴロゴロするそうです。

眼科での治療法としてはあまりにも酷い場合は手術をすることもあるそうですが、結膜は非常にデリケートであるため、少しでもいじると余計に充血が酷くなることがあるため、基本的にはステロイド剤の点眼が用いられます。

以上、こんな病気も東洋医学では治療できるよ!という症例報告です。

Share

関連記事

東洋医学はゆっくり効く?

一般的に西洋医学の薬は即効性があり、東洋医学での治療効果は比較的ゆっくり・じっくり効くというイメージがあると思いますが、これは誤解です。 東洋医学も即効性はあります。 ただし、効果を実感するにはどうしても時間がかかること[…]

[» 続きを見る]

甲状腺について

甲状腺(こうじょうせん)は甲状軟骨という喉の骨にある甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官。 ・甲状腺ホルモンの分泌量が増えると甲状腺機能亢進症、通称「バセドウ病」 ・分泌不足になると甲状腺機能低下症 ・炎症が起きると「橋本[…]

[» 続きを見る]

心身の不調をきたす5月病にご注意を

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 新年度が始まり早1ヶ月が過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか? 社会人の方々は今日からゴールデンウィークということで最長で9連休のため、どこかへ出かける方もいれ[…]

[» 続きを見る]

明日、明後日は国家試験

2月の最終の土日は鍼灸の国家試験が実施される。 土曜日があん摩・マッサージ・指圧師試験、日曜日がはり師・きゅう師試験。 各試験問題は150問で6割以上で合格。(変更がなければですが・・・) 学生諸君は今頃ラストスパートを[…]

[» 続きを見る]

国民皆保険制度が崩壊か?

少し前のニュースですが、国内第2位の加入者がいる「人材派遣健康保険組合」が解散を発表しました。 どういうことかと言いますと、この健康保険組合がなくなってしまったということで、この保険に加入していたかたがたは新たに「協会け[…]

[» 続きを見る]