生理痛 47歳 女性

数年前から寝る時に考え事をするようになり、寝付きが悪くなる。

また、年齢的に更年期のような症状も出てきたため、当院に来院。

舌の状態を確認すると、舌の裏の血管が怒張(太くなっている)しており、お腹も全体的に張っているため、肝気鬱滞とオケツがあると考え、足臨泣、三陰交、足三里、合谷、背中にある肝ユに鍼を打ち、30分置鍼。 施術後舌の裏の血管を確認すると、怒張がきれいになくなっていた。

その後、2週間に1回のペースで3回の治療を同様に行ったところ、生理痛がまったくなくなり、寝つきもとても良くなる。

現在も同様のペースでお身体のメンテナンスのために通っていただいており、毎回舌の状態を確認するが、初診時のような舌の裏の血管に怒張は見られず、またお腹の状態も柔らかくなっている。

Share

関連記事

PMSに対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状2 体表観察、弁証、治療について3 考察 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状 学生時代には生理前の体調不良はほとんど感じていなか[…]

[» 続きを見る]

ご予約、お問い合わせに関して

【ご予約、お問い合わせに関してのお願い】 水曜午後、木曜、日曜はお休みになります。 当院はマンションの一室にて診療をしておりますが、時々「ここに住んでいるんですか?」というご質問をいただくことがありますが、こちらのマンシ[…]

[» 続きを見る]

東洋医学で考えるかゆみの原因

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の症状の1つとして現れる「かゆみ」。 実はこの痒みが起きるメカニズムというのは現代医学では分かっておりません。 ただ1つ分かっているのはかゆみを引き起こす物質に関してです。 そ[…]

[» 続きを見る]

風邪の治療もできますよ

3週間ぶりに来院された30代の女性患者さんが治療前に「風邪を引きました」と一言。 そのため、まずは風邪の治療を先に行なうことにしました。 症状は喉の痛みとイガイガ、微熱。 脈診と舌診の結果、「風熱表証」として1寸5番鍼で[…]

[» 続きを見る]

妊娠中の鍼灸治療

妊娠中は薬を飲むことができなくなる。 妊娠初期には個人差はあるが「つわり」に苦しむ方がいらしゃいますが、このような症状にも鍼灸治療が非常に効果があります。 また、「つわり」だけではなく、風邪、花粉症、腰痛などなど普段なら[…]

[» 続きを見る]