月経に関して

東洋医学には多くの古典が存在しますが、そのうちの1つである「黄帝内経 素問」という古典の中の上古天真論に体の変化(月経)に関する記述があります。
CMでもお馴染みの「女性は7の倍数で体調に変化が出る」というやつですね。

女性は7歳で腎の気が旺盛になり、歯が生え代わり髪が伸びる。
・二七(14歳)で天癸至り、任脈が通じ、太衝脈が旺盛になり、月経があり、子供を作れる。(初潮)
・三七(21歳)で腎気が平均になり、親知らずが生え、成長が極まる。
・四七(28歳)で筋骨が硬くなり、髪長く極まり、身体は盛りとなる。
・五七(35歳)で顔はやつれ始め、髪は抜け始める。
・六七(42歳)で皆顔はやつれ、髪は白くなり始める。
・七七(49歳)で任脈が虚し、太衝脈が衰え、天癸は涸れ、地道通じず、故に子供を作れない。(閉経)

現在では生活習慣の中でも特に食生活が変わっているため、月経は早いと10歳頃で初潮を迎える子もいますが、大体はこんな感じで体に変化が現れるという部分は合っています。

◎東洋医学での腎について
西洋医学では泌尿器系になりますが、東洋医学では生殖器とも深く関わる臓器となります。
また、人が成長していく上でこの腎の働きが正常であれば、体がしっかりと成長し、歯が生え変わり、髪が伸び、生殖能力が備わり、男性では精子が作られ、女性は月経が始まります。
しかし、腎の働きが弱いとこのような体の変化が遅いため、発育不良や月経がなかなか始まらない場合はまずは腎の問題を考えることになります。

ちなみに男性の場合は8の倍数になります。
個人的には今年で32歳なので今が1番体がピークの状態で、あとは老いていくだけなのか・・・という感じです。

Share

関連記事

気とは電流のようなもの

気の存在。 皆さんは信じますか?信じませんか? ちなみに私は否定はしません。どちらかというと肯定派です。 東洋医学にたずさわる以上はこの気をどう説明するのかが非常に難しい部分でもあります。 鍼灸師の中にも『気ってなんだ?[…]

[» 続きを見る]

東洋医学に関するお勧め書籍

東洋医学は鍼灸師になるためには必ず勉強しなければならない科目ですが、鍼灸師の中でも東洋医学に対して好き・嫌いが分かれています。 そのため、一般の方が東洋医学について勉強するのは非常に大変です。 でも、興味があるという方に[…]

[» 続きを見る]

ストレスによる咳喘息の症例

コンテンツ1 40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例1.1 【弁証】1.2 【病因病理】1.3 【治療】 40代 女性 ストレスによる咳喘息の症例 シルバーウィーク頃に風邪を引き、発熱と咳が出る。風邪が治りかけた所で家[…]

[» 続きを見る]

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]

美容鍼について

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院、長谷川です。 新年に入って当院では美容鍼を希望される方からのご予約やお問い合わせが増えておりますが、皆さんは毎週土曜日23:00~日本テレビ系列にて放送されている「マツコ会議」という番組[…]

[» 続きを見る]