月経に関して

東洋医学には多くの古典が存在しますが、そのうちの1つである「黄帝内経 素問」という古典の中の上古天真論に体の変化(月経)に関する記述があります。
CMでもお馴染みの「女性は7の倍数で体調に変化が出る」というやつですね。

女性は7歳で腎の気が旺盛になり、歯が生え代わり髪が伸びる。
・二七(14歳)で天癸至り、任脈が通じ、太衝脈が旺盛になり、月経があり、子供を作れる。(初潮)
・三七(21歳)で腎気が平均になり、親知らずが生え、成長が極まる。
・四七(28歳)で筋骨が硬くなり、髪長く極まり、身体は盛りとなる。
・五七(35歳)で顔はやつれ始め、髪は抜け始める。
・六七(42歳)で皆顔はやつれ、髪は白くなり始める。
・七七(49歳)で任脈が虚し、太衝脈が衰え、天癸は涸れ、地道通じず、故に子供を作れない。(閉経)

現在では生活習慣の中でも特に食生活が変わっているため、月経は早いと10歳頃で初潮を迎える子もいますが、大体はこんな感じで体に変化が現れるという部分は合っています。

◎東洋医学での腎について
西洋医学では泌尿器系になりますが、東洋医学では生殖器とも深く関わる臓器となります。
また、人が成長していく上でこの腎の働きが正常であれば、体がしっかりと成長し、歯が生え変わり、髪が伸び、生殖能力が備わり、男性では精子が作られ、女性は月経が始まります。
しかし、腎の働きが弱いとこのような体の変化が遅いため、発育不良や月経がなかなか始まらない場合はまずは腎の問題を考えることになります。

ちなみに男性の場合は8の倍数になります。
個人的には今年で32歳なので今が1番体がピークの状態で、あとは老いていくだけなのか・・・という感じです。

Share

関連記事

たかが水でも毒になる

人の体の約60%は水分と言われているため、体にとって水分は非常に重要なものであることは間違いありません。 しかし、体にとって必要なものとは言っても、時には毒になることもあります。 いわゆる「水毒」ということです。 どんな[…]

[» 続きを見る]

花粉症の根治治療とされる減感作療法の効果は実際どうなのか?

花粉症でお困りの方へ。 花粉症の方の多くは治療という治療を受けることなく、毎年シーズンに入ると薬での対処療法に頼っている方が多いですが、もし完治できる可能性がある治療法があるとしたらどうしますか? 本記事では花粉症が完治[…]

[» 続きを見る]

排卵はあるがなかなか妊娠できなかった理由は排卵日のズレだった

こんにちは。 名古屋の体質改善請負人こと、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 妊娠希望の方は基礎体温を測り、排卵日がいつなのか?というのは気になる部分かと思います。 しかし、基礎体温をしっかりつけており、お互いに特に問題もない、タ[…]

[» 続きを見る]

不正出血の症例

40代女性 7月から突然不正出血が始まり、総合病院の婦人科を受診し検査をするも原因不明。止血剤と漢方薬(ツムラ24番:加味逍遥散)を処方されたため服用すると出血は治まるが、しばらくすると再度出血が始まる。 その後は漢方内[…]

[» 続きを見る]

妊娠に向けたタイミングの取り方

妊娠を望む場合、多くの方は排卵日辺りで性行為を行なうことが多いと思います。 また、不妊治療における第一の選択として病院で排卵チェックを行いタイミングを取る方法がありますが、この時も医師から「この日に取ってね」と支持される[…]

[» 続きを見る]