東洋医学には多くの古典が存在しますが、そのうちの1つである「黄帝内経 素問」という古典の中の上古天真論に体の変化(月経)に関する記述があります。
CMでもお馴染みの「女性は7の倍数で体調に変化が出る」というやつですね。

女性は7歳で腎の気が旺盛になり、歯が生え代わり髪が伸びる。
・二七(14歳)で天癸至り、任脈が通じ、太衝脈が旺盛になり、月経があり、子供を作れる。(初潮)
・三七(21歳)で腎気が平均になり、親知らずが生え、成長が極まる。
・四七(28歳)で筋骨が硬くなり、髪長く極まり、身体は盛りとなる。
・五七(35歳)で顔はやつれ始め、髪は抜け始める。
・六七(42歳)で皆顔はやつれ、髪は白くなり始める。
・七七(49歳)で任脈が虚し、太衝脈が衰え、天癸は涸れ、地道通じず、故に子供を作れない。(閉経)

現在では生活習慣の中でも特に食生活が変わっているため、月経は早いと10歳頃で初潮を迎える子もいますが、大体はこんな感じで体に変化が現れるという部分は合っています。

◎東洋医学での腎について
西洋医学では泌尿器系になりますが、東洋医学では生殖器とも深く関わる臓器となります。
また、人が成長していく上でこの腎の働きが正常であれば、体がしっかりと成長し、歯が生え変わり、髪が伸び、生殖能力が備わり、男性では精子が作られ、女性は月経が始まります。
しかし、腎の働きが弱いとこのような体の変化が遅いため、発育不良や月経がなかなか始まらない場合はまずは腎の問題を考えることになります。

ちなみに男性の場合は8の倍数になります。
個人的には今年で32歳なので今が1番体がピークの状態で、あとは老いていくだけなのか・・・という感じです。

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------