半年前からの膝の激痛に対する症例

50代 女性
主訴:両膝の痛み

半年前から両膝に激痛があり、整形外科でレントゲンを撮るも異常なく、医師からは加齢によるものと、体重の増加を指摘される。
病院での処置は水が溜まっているため水を抜くだけ。
以後、1週間から10日ほどのペースで整形外科にて水を抜き痛みをごまかしていた。

痛みは膝の屈伸運動で痛みが増すが、基本的には常に痛みがあり楽になることもなく、常に膝の周りに鉛があるように重い。
また、痛みのせいで寝つきが悪く、睡眠状態もあまり良くない。
現在のペイン指数は6

弁証:気滞血瘀・脾経経気不利

左合谷・左陰陵泉に3番鍼で15分置鍼。
治療終了後のペイン指数は1
痛みだけではなく、鉛が取れたように膝が軽くなる。

2診目
1週間後に来院。
1週間たったがほとんど痛みもなく膝も軽いが、やや右膝に違和感がある。
睡眠状態は改善され、よく眠れるようになる。
ペイン指数は1。

左合谷・右足三里に3番鍼で15分置鍼。
右膝の違和感消失。

あと1・2回で終了予定になります。

Share

関連記事

バランスを取り合う五臓六腑(内臓)の関係性

本日は東洋医学のお話です。 東洋医学といえば現代医学とは考え方が大きく違うために非常に分かりづらい部分が多々あります。 中でも五臓六腑という内臓のお話となるとどうしても現代医学での臓器のことと混同してしまいがちですが、こ[…]

[» 続きを見る]

気温差が激しい今日この頃

こんにちは。 蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近は朝・晩の気温が大分低くなり、涼しいを通り越してやや肌寒いぐらいの日があるかと思いきや、日中になると30℃前後にまで気温が上がるため、体調管理が難しくなってきます。 こういった[…]

[» 続きを見る]

妊娠報告

PCOS(多嚢胞卵巣症候群)による不妊でお越しの方が治療開始1ヶ月で自然妊娠いたしました。 多嚢胞卵巣症候群は当院に不妊で来院される方の中でも最も多く、通常は基礎体温を整えるのに少し時間がかかりますが、この辺りも自力での[…]

[» 続きを見る]

妊娠に向けたタイミングの取り方

妊娠を望む場合、多くの方は排卵日辺りで性行為を行なうことが多いと思います。 また、不妊治療における第一の選択として病院で排卵チェックを行いタイミングを取る方法がありますが、この時も医師から「この日に取ってね」と支持される[…]

[» 続きを見る]

血液の流れが悪い「瘀血体質」

血液がドロドロになり流れが悪い状態。 このように言われると動脈硬化?っと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、動脈硬化とは違います。 このタイプは女性に非常に多く見られ、婦人科疾患との関わりも非常に深くなります。 東洋[…]

[» 続きを見る]