半年前からの膝の激痛に対する症例

50代 女性
主訴:両膝の痛み

半年前から両膝に激痛があり、整形外科でレントゲンを撮るも異常なく、医師からは加齢によるものと、体重の増加を指摘される。
病院での処置は水が溜まっているため水を抜くだけ。
以後、1週間から10日ほどのペースで整形外科にて水を抜き痛みをごまかしていた。

痛みは膝の屈伸運動で痛みが増すが、基本的には常に痛みがあり楽になることもなく、常に膝の周りに鉛があるように重い。
また、痛みのせいで寝つきが悪く、睡眠状態もあまり良くない。
現在のペイン指数は6

弁証:気滞血瘀・脾経経気不利

左合谷・左陰陵泉に3番鍼で15分置鍼。
治療終了後のペイン指数は1
痛みだけではなく、鉛が取れたように膝が軽くなる。

2診目
1週間後に来院。
1週間たったがほとんど痛みもなく膝も軽いが、やや右膝に違和感がある。
睡眠状態は改善され、よく眠れるようになる。
ペイン指数は1。

左合谷・右足三里に3番鍼で15分置鍼。
右膝の違和感消失。

あと1・2回で終了予定になります。

Share

関連記事

基礎体温の正しい測り方

コンテンツ1 あなたはできてる?基礎体温の正しい測り方1.1 基礎体温の正しい測り方2 基礎体温計について3 実測体温or予測体温4 まとめ あなたはできてる?基礎体温の正しい測り方 当院では不妊症で起こしの方には必ず基[…]

[» 続きを見る]

生理痛 29歳 女性

主訴:生理痛 月経周期:28日 生理痛:あり(締め付けられるような痛み) 月経量:多い 月経色:赤紫色 その他、仕事で人間関係によるストレスがあり、生理前になるとイライラしやすくなる。 脈:沈弦渋 弁証:肝鬱気滞血オ 【[…]

[» 続きを見る]

東洋医学において大切なこと

東洋医学で大切なことは 「一人ひとりの体質を考えること!」 東洋医学といえば鍼灸治療や漢方薬になりますが、最近では病院でも漢方薬を処方してもらうこともできますし、ドラッグストアでも購入することができます。 しかし、病院で[…]

[» 続きを見る]

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。 この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部[…]

[» 続きを見る]

直観力

日々治療をしていると直感的に「ここだなっ!」と感じたツボに鍼を打つことがあります。 直感で選び迷いのない鍼が打てると驚くほどの効果が出る。 これは治療者の直感力。 おそらく患者さん側にも同じことが言えるのではないかと思い[…]

[» 続きを見る]