肩こり 40歳 女性

主訴:肩こり

仕事で長時間のパソコンを使用している。
肩を触ると思わず「うわっ!」っとなってしまうほど肩がガチガチになっている。

肩こり以外にはイライラしやすい・目が充血しやすいなどの症状あり。

脈:弦

舌:紅舌

弁証:肝鬱化火
治療

1診目:百会・合谷・太衝

百会の時点で肩がとても軽く、筋肉も柔らかくなる。

以後は自宅や仕事の合間にもストレッチをするように指導し、定期的に鍼をしているため肩こりはかなり改善している。
肩こりは現代病と言え、完全に0の状態にするのは難しい部分もありますが、自身で肩のストレッチや定期的に鍼をすることによりいい状態をキープすることができます。

また、当院では肩こりに対しては主に頭のてっぺんにある百会というツボを使用し、患部である肩には鍼を打ちませんが「フッ」っと軽くなります。

そのためお着替えの必要や肩・背中を出す必要がないため女性でも安心して受けていただけます!

Share

関連記事

異病同治・同病異治

東洋医学の治療の特徴として「異病同治」、「同病異治」というものがあり、現代医学との大きな違いになります。 ・異病同治:異なった病気でも原因が同じであれば治療法も同じ。 ・同病異治:同じ病気でも原因が違えば治療法も違う。 […]

[» 続きを見る]

不妊治療における病院選び

不妊治療での病院選びは皆さんはどうされていますか? 大半の方がまずは近所、もしくは通いやすい産婦人科を探されて受診されている方が多いかと思います。 まずはそれでOKだと思います。 そういったところで、タイミング指導を受け[…]

[» 続きを見る]

鍼1本で顎関節症治癒

1年半ほど前から左顎にドーンとした痛みがあり、歯科医で顎関節症と診断。 現在は口を大きく開けることができず、また左側を下にして寝ても顎に痛みがある。また、歯科医では顎の筋肉を軟らかくするために顎を左右に動かすことを勧めら[…]

[» 続きを見る]

最後に行きつくのが鍼灸治療

先日患者さんとの会話で、「世の中には色々な治療があるけど、最終的に辿り着くのは鍼灸だね。」というお話になりました。 やはり鍼灸治療は鍼灸治療は「痛い」という先入観から敬遠されがちなのでしょう。 何を隠そう、この方もご自身[…]

[» 続きを見る]

動眼神経麻痺の治療経過報告

昨年の12月からお越しの40代女性。 数年前に交通事故に遭い、動眼神経麻痺を発症。 ※動眼神経とは光を取り込む瞳孔を収縮させたり目を開く(まぶたを上げる)ための筋肉を動かす神経。 そのため、軽度の眼瞼下垂、瞳孔は開きっぱ[…]

[» 続きを見る]