肩こり 40歳 女性

主訴:肩こり

仕事で長時間のパソコンを使用している。
肩を触ると思わず「うわっ!」っとなってしまうほど肩がガチガチになっている。

肩こり以外にはイライラしやすい・目が充血しやすいなどの症状あり。

脈:弦

舌:紅舌

弁証:肝鬱化火
治療

1診目:百会・合谷・太衝

百会の時点で肩がとても軽く、筋肉も柔らかくなる。

以後は自宅や仕事の合間にもストレッチをするように指導し、定期的に鍼をしているため肩こりはかなり改善している。
肩こりは現代病と言え、完全に0の状態にするのは難しい部分もありますが、自身で肩のストレッチや定期的に鍼をすることによりいい状態をキープすることができます。

また、当院では肩こりに対しては主に頭のてっぺんにある百会というツボを使用し、患部である肩には鍼を打ちませんが「フッ」っと軽くなります。

そのためお着替えの必要や肩・背中を出す必要がないため女性でも安心して受けていただけます!

Share

関連記事

ジストニアに対する鍼灸治療

ジストニアとは脳の大脳基低核という部分に何らかの異常が起きることにより、自分の意思とは関係なく筋肉が収縮し、筋肉が緊張した状態が起こってしまう神経系の難病になり、命の関わることはありませんが、日常生活には大きな影響が出て[…]

[» 続きを見る]

誤った漢方薬の処方

こんにちは。名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 近年では漢方薬を処方される病院が増えており、漢方薬を専門に打ち出している医院も増えてきています。 しかし、やはりそこは西洋医であるため、西洋医学に関する知識はしっかりと持たれ[…]

[» 続きを見る]

原因不明の皮膚疾患の経過報告

60代女性 原因不明の皮膚疾患。 7~8年前に靴擦れのようなものから傷に変わり、総合病院の皮膚科を受診するも原因は不明、病名も付いていない。※リベド血管炎にもにているが確定診断はされていない。 医師から皮膚の移植手術を勧[…]

[» 続きを見る]

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは俗にいう蓄膿症になり、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞からなる副鼻腔という空洞に細菌やウイルス感染により炎症が起き、鼻づまりや鼻水、頭痛、頭重感、歯痛、嗅覚の低下、後鼻漏(鼻水が喉に落ちる)などの症状が出ます[…]

[» 続きを見る]

春の花粉症

今年もあと少しで終わります。 会社などでもそろそろ忘年会が行なわれているころでしょうか? 以前は秋の花粉症に関して書きましたが、今回は春の花粉症に関してです。 秋の花粉症に関してはこちら。 今や現代病ともいえる花粉症です[…]

[» 続きを見る]