自律神経失調症 37歳 女性

主訴:息苦しい、血の気が引く感じがする(橋本病のキャリア)

転職したことがきっかけで、職場の人間関係のストレスにより体調を崩し、現在は病院にて処方された安定剤を飲んでいる。

食せ活も乱れており、主にコンビニでの弁当が多い。

症状としては息切れ、動悸、爪が割れやすい、目がかすむ、むくみやすい、身体がほてる、イライラしやすい、生理前の胸の張りがあり、月経周期ははバラバラで、生理痛は月経後に締め付けるような痛みがある。

睡眠時間は4~5時間で寝付きが悪く、毎晩眠りにつくのに2~3時間はかかり、夜中に目が覚めることもある。

水分摂取量は夏場でも1日に500mlしか飲まず、排尿回数も1日2回。

脈:細弱

舌:半どん舌

腹診:お腹全体が冷えているが、特にへその下の冷えが強い。

弁証:気血両虚、陰虚

合谷・三陰交・復溜・気海へ鍼をし、置鍼20分。

治療後お腹の冷えが取れる。

週1回のペースで治療を行うことにしたところ、初回の治療後から睡眠が改善され、すぐに眠りにつくことができるようになる。

2診目以降も同様の治療を行いながらも、新たに出てきた症状に対しての治療を行い、5回の治療で終了。

以後体調管理の目的で定期的に通っていただいています。

Share

関連記事

身体に余分な水分が溜まった「痰湿体質」

体の水分は通常体中を巡り、身体に潤いを与えていますが、このタイプの方は体の中の水分の流れが悪くなることにより、有害な物質である「痰湿」が身体に溜まった状態になります。 体の中に余分な水分が溜まっているため、梅雨の時期や、[…]

[» 続きを見る]

女性の無理なダイエットがもたらす代償とは?

コンテンツ1 無理なダイエットがもたらす代償2 無月経とダイエットとの関係は?2.1 ダイエットによる無月経を阻止するためには?2.2 パリコレモデルも無理なダイエットはしていない!3 ダイエットによる無月経の治療法は?[…]

[» 続きを見る]

子宮腺筋症

子宮内膜症や子宮筋腫などと同じように激しい生理痛の原因となるのが子宮腺筋症という病気。 酷い場合は生理時意外にも下腹部に痛みが起きてきます。 子宮腺筋症・子宮筋腫・子宮内膜症のそれぞれの違いは ・子宮腺筋症 子宮内膜にあ[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜症と鍼灸治療

子宮内膜症に対しては鍼灸治療はピルなどとは違い副作用がないため有効な治療の選択肢になります。 子宮内膜症など婦人科疾患でお悩みの方に多く診られるのが、「オ血」と言われるドロドロとした血液を身体(子宮)に溜め込んでいる体質[…]

[» 続きを見る]

セルフケアってなぜ必要なの?

コンテンツ1 セルフケアってなぜ必要なの?2 肌のセルフケアはするのになぜ心身のセルフケアはしないの?3 セルフケアをすれば医療費は減る4 どんなことをすればいいの?4.1 ストレス発散4.2 休息を取る4.3 運動をす[…]

[» 続きを見る]