消化器系の不調からくる膝の痛み

数年前から膝の内側に痛みがあり、接骨院に通っているがなかなか良くならない。
階段を下りる時に痛みがある。
臍の少し上の下脘(げかん)に冷えあり。
下痢と軟便を繰り返し、病院では年齢的な腸の機能低下によるものなので治療法はないと言われている。

弁証:脾気虚

左太白に1寸2番、左外関に1寸3番で20分置鍼。

治療後に左足のみで軽くスクワットを行なっても痛みはなし、お腹の冷えも改善。
膝の内側には足の太陰脾経という消化器系と関係がある経絡が通っているが、脾の弱りが原因による膝の痛みということになります。
あとは便の方が改善されるかどうかですが、数回の治療で治る見込みです。

Share

関連記事

たかが水でも毒になる

人の体の約60%は水分と言われているため、体にとって水分は非常に重要なものであることは間違いありません。 しかし、体にとって必要なものとは言っても、時には毒になることもあります。 いわゆる「水毒」ということです。 どんな[…]

[» 続きを見る]

患者さんの笑顔

膝の痛みで来院されている60代の女性。 整形外科や整骨院で治療を受けてもまったく症状が変わらないどころか、痛みは徐々に増してきて、「この先歩けなくなるのではないか・・・」という不安をもらされていました。 しっかりと身体の[…]

[» 続きを見る]

2019年 花粉情報

今さらではありますが、明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 さて、毎年恒例となっておりますが、2019年の花粉情報になります。 今年の花粉は昨年の猛暑の影響もあり大量飛散と予報されております。[…]

[» 続きを見る]

低音障害型難聴に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 37歳 女性 低音障害型難聴2 体表観察、弁証、治療について3 考察 37歳 女性 低音障害型難聴 今年のGW明けの週末の昼休み中に会社でテレビを観ているとテレビから聞こえてくる音や周りの人の声が二重に聞こ[…]

[» 続きを見る]

2017春 花粉飛散情報

1月も気がつけばもうすぐ終わり、多くの方を悩ませる時期がやってきます。 花粉シーズンの到来です。 早い方ではすでに症状が出始めているのではないでしょうか? では今年の花粉の飛散量はどうなのかというと ・昨年の飛散量と比較[…]

[» 続きを見る]