逆子 30歳 女性

31週目での検診でも逆子になっていたが逆子体操で正常位に戻ったが、今回は逆子体操でもなかなか治らなかったために当院へ来院。

腹部の触診にて右上腹部に頭部、右下腹部にお尻がある状態の逆子。

腹部の冷えはなく、全体的に温かい。

自覚症状としてはお腹がとても張りやすい、妊娠してから爪が脆くなった。

また、その他の症状としては常に眠気がある、食が細い、乾燥肌、妊娠前は生理前になるとお腹を下しやすくなる。

体質的に気滞・血虚ではあるが、逆子の原因としては気滞と判断し、一般的なお灸による逆子治療だけでなく鍼による治療も行う。

2回目の来院時の触診にて右上腹部にあった頭部が左下腹部に移動していおり、また 『上腹部を蹴られる感覚がある』 というため逆子は治っていると判断し、2回の治療で終了。

3日後の検診にて逆子が治っていると連絡あり。

Share

関連記事

気の流れを良くする食材

気の流れが悪くなる原因の多くは「ストレス」。 ストレスは様々な病気を誘発するため現代社会においてはストレス対策ができるかどうかが非常に重要となる。 気の流れを良くするために一番良いのは運動。 運動をすると血流が良くなるが[…]

[» 続きを見る]

自律神経失調症の鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 女性 自律神経失調症による不眠症2 弁証、治療について3 考察 30代 女性 自律神経失調症による不眠症 元々、名古屋に住んでいたが結婚をしたため、夫の地元である他県へと引っ越すが、姑への結婚前の挨[…]

[» 続きを見る]

PMSに対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状2 体表観察、弁証、治療について3 考察 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状 学生時代には生理前の体調不良はほとんど感じていなか[…]

[» 続きを見る]

1本の鍼でも体は変わる

1本の鍼を体に刺すだけでも体はしっかりと変化します。 このようなことを言われても正直信じられませんよね。 実は僕もあまり信じてはいませんでした。(笑い) でも今は自信を持って言えます。 なぜなら、現在は平均2~3本ほどの[…]

[» 続きを見る]

東洋医学において大切なこと

東洋医学で大切なことは 「一人ひとりの体質を考えること!」 東洋医学といえば鍼灸治療や漢方薬になりますが、最近では病院でも漢方薬を処方してもらうこともできますし、ドラッグストアでも購入することができます。 しかし、病院で[…]

[» 続きを見る]