鍼灸治療後の基礎体温の変化

多嚢胞卵巣症候群と診断された30代女性。

治療前の基礎体温は低温期でも体温が36.7℃以上になったり、13日(赤丸の日)で高温期を迎えても36.7℃を下回ったりとガタガタしており、きれいな2層には分かれていない。
病院ではクロミッドとHMG-HCG療法を実施。

taion2

3月18日来院。
初回治療は肝鬱気滞血オ、脾気虚とし、百会(左)に5番鍼、左足三里・左三陰交に3番鍼で15分置鍼。
自宅でのお灸を指導。

2診目は1週間後に来院。(25日)
初回の治療後は夕方16時頃に睡魔に襲われてちょっと遅い昼寝のつもりが起きると21時まで寝てしまうが、夜も問題なく熟睡。また、いつもなら寝るときにお腹が張っていたが、お腹の張りもなかった。
基礎体温はこちら。

taion

少し見づらいかもしれませんが、流れは以下のようになります。
・16日に注射(HMG-HCG療法)
※注射後36時間以内に排卵が起きると医師に伝えられたが、翌日の体温は測り忘れ。おそらく排卵は起きているとみられ高温期に移行。

・18日に当院にて鍼灸治療実施。

・23日に再度注射(HMG-HCG)。

・23日に注射していこう体温が下がる・・・

初回の治療後に眠くなるのはとても良い反応です。
そして、基礎体温も治療前と比べると安定していますが、2回目の注射をして移行下がってしまっているのがちょっと残念。
本日2回目の治療を行なったので明日移行体温がどうなるか!

Share

関連記事

顎関節症の症例

40代女性 1週間ほど前に食事をしている際に左側の顎に痛みが起きる。 歯科医に行くと顎関節症と診断される。 顎関節症は20代の頃にも発症したことがあり、当時は名古屋へ引っ越してきたことによるストレスから発症。当時は歯ぎし[…]

[» 続きを見る]

睡眠不足がもたらす心への影響

寝苦しい夜が続いていますが、皆さんはしっかりと睡眠を取れているでしょうか? 私はここ数日、野良猫に安眠妨害されており、猫対策を色々と考えております。 睡眠は人間の3大欲求の1つでありますが、良質な睡眠はやはり大切です。 […]

[» 続きを見る]

ゴーヤーの苦味成分

ここ数日は梅雨明けしたのではないかと思うぐらい暑くてたまらず、ついに自宅でもエアコンデビューしました。 こんな暑い日には冷たい飲み物やアイスが恋しくなりますが、やはりこういったものは摂りすぎは注意しなければいけません。 […]

[» 続きを見る]

多嚢胞卵巣症候群を食事で改善する方法

コンテンツ1 多嚢胞卵巣症候群を薬を使わずに改善する方法2 多嚢胞卵巣症候群と食事の関係3 血糖値の急上昇を防ぐ食事法3.1 糖質以外は制限しないこと4 まとめ 多嚢胞卵巣症候群を薬を使わずに改善する方法 比較的若い女性[…]

[» 続きを見る]

PMSは東洋医学ではどう考えるか?

コンテンツ1 東洋医学でのPMSの基本的な考え方2 なぜ色々な症状が出てくるのか?3 東洋医学的なPMSの体質 東洋医学でのPMSの基本的な考え方 PMSでお悩みの方に多いのがストレスとの因果関係です。 家庭環境の問題や[…]

[» 続きを見る]