合谷というツボ

今日は暖かいですが、花粉症の方にとっては最悪な日でしょうか。

これから治療の際に良く使うツボをご紹介していこうと思います。
まず第一弾は「合谷」。

このツボはテレビなどでも紹介されることもあるのでご存知の方も多いかと思いますが、このツボは一般的には「肩こり・頭痛・歯痛・疲れ目」などに効果があるツボ・・・という感じで紹介されています。
これは間違ってはいませんが、正しくもありません。

人によっては効く方もいれば、まったく効かない!という方もいます。

ではまずはこのツボの場所ですが、写真を参考にして下さい。
黒点の部分になりますが、このツボは非常に広がりを持ったツボになるため、囲われている部分すべてが合谷とも言えます。

image

ではではこのツボの本当の効能は以下になります。

・行気
気の流れを良くすることにより、邪気を散らす。
気の流れが悪いために起こっている不調を(病名は一切関係なく)治療することができます。生理痛などの場合はその場でお腹の痛みや張りがスッと取れてしまいます。
体質的にはこちらになります。

・去風作用
風の邪気を取る。つまりカゼの初期症状である悪寒の治療ができるため、かの有名な葛根湯いらずのツボ。
その他、風の邪気によるめまいや皮膚の痒みなどにも効果あり。※この辺は専門的な話になるため割愛します。

この合谷というツボは本当に色々な病気の治療に使えるツボになります。

合谷で治療したことがある病気は・・・
肩こり・頭痛・耳鳴り・メニエール・良性発作性頭位めまい症・飛蚊症・アトピー性皮膚炎・五十肩・腰痛・坐骨神経痛・花粉症・風邪・生理痛・卵巣嚢腫・子宮内膜症・バルトリン腺炎・主婦手湿疹・にきび・蓄膿症など

ツボを軽く押してみてゴリゴリした感じがあったら気の流れが悪くなっている可能性があります。
今の時期ですと花粉症の治療にも使用することが多いため定期的に刺激してみてください。

Share

関連記事

五十肩①

五十肩とは50歳前後の中年期に起きる肩の痛みで、「肩関節周囲炎」と言われる肩関節周囲の組織の退行変性が原因となる。 この五十肩は片側に発症し、夜間痛(夜に痛みが増す)も起きるため、睡眠にも影響が出てくる。 また、五十肩は[…]

[» 続きを見る]

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]

運動してますか?

世間ではGWに突入しておりますが、本日もお仕事をしております。 突然ですが、皆さんは今現在運動はしてますか? 僕は10年前まではバスケをやっていましたが、辞めてから早10年・・・最近腹回りがヤバイと思い恐る恐る体重計に乗[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎と食事

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 当院でもご相談が多い皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎ですが、中にはとても食事に気を使っている方も多くいらっしゃいます。 アトピーに良くない食べ物としては ・乳製品 ・チョコレ[…]

[» 続きを見る]

秋の花粉症

鼻水・鼻づまり・くしゃみ・目の痒み・・・ 秋といえば「花粉症」という嫌なイメージがある方も多く、秋に花粉症の症状に困る方は花粉症でお悩みの中でも3割りはいらっしゃるようです。 今年の飛散量は例年通りという予想。 実は僕も[…]

[» 続きを見る]