食後の眠気

食後に眠くなる・・・

この症状を訴える方も意外と多い現代人ですが、皆さんは経験はないでしょうか?
今までで1番ひどかった方は食事中に寝てしまうという方がいました。
何でこのような症状が出るのかというと、ヒントは日本のお昼の顔であったタモリさんにヒントが隠れています!

タモリさんは27時間テレビで総合司会を務めた時のことですが、食事を一切とらずに番組を行なっていました。
そして、このようなことを言います。

「食事を摂るということはものすごく体がエネルギーを使う。だから眠くなるからこういう時は食べない方が良い。」

これは実はその通りなんです!
東洋医学では食後に眠くなる原因は「脾気虚」という消化器系のエネルギー不足と考えます。
この脾という臓器は食べ物からエネルギーを作り出し全身に運ぶ役割があります。しかし、消化器系(脾)のエネルギーが不足している状態で食べることにより消化器系に過度の負担がかかり、脳へのエネルギーの不足が起こるために眠気に襲われることになります。

仕事と同じようなものです。
疲れた体では仕事の効率が悪くなります。

そして、もう1つ原因があります。
それは「食べ過ぎ。」

こちらは、体が元気で仕事もできる。しかし、大量に仕事をまかされて処理が追いつかない・・・というイメージが分かりやすいですかね。
また、食べすぎは消化器系に負担をかけることになるためいずれは「脾気虚」という状態を招く原因にもなります。

いずれにしても食後の眠気というのは消化器系に何かしらの問題があると言えます。
腹8分目でいきましょう!

※補足
脾気虚の方は舌の縁に歯型が付いています。
足三里や太白というツボへのお灸をお勧めします。

Share

関連記事

甲状腺について

甲状腺(こうじょうせん)は甲状軟骨という喉の骨にある甲状腺ホルモンを分泌する内分泌器官。 ・甲状腺ホルモンの分泌量が増えると甲状腺機能亢進症、通称「バセドウ病」 ・分泌不足になると甲状腺機能低下症 ・炎症が起きると「橋本[…]

[» 続きを見る]

花粉症の薬で悪夢?

市販の花粉症の薬は眠くなるなどの副作用がありますが、今では眠くなりにくく、1日2回の服用でOKという薬が出ています。 そうです。アレグラという花粉症の薬。 今この薬の副作用が少し話題になっていることをご存知でしょうか? […]

[» 続きを見る]

舌で見る健康状態

東洋医学独特の診断方法に「舌診」という舌を診る診察方法があり、舌を診るだけでも身体の状態がある程度分かってきます。 舌の状態は診てるようで、意外と診ていない方も多くいらっしゃいます。 しかし、鏡さえあれば誰でも簡単に診る[…]

[» 続きを見る]

日本人の有給消化率

先日の治療中の患者さんとの会話。 「来月、仕事休んで旅に出ます。」という患者さんからのちょっとした報告があり、「有給ですか?」と聞くと、「もちろん!」という返事。 そこで疑問に思ったのが、日本人はどれぐらい有給を使ってい[…]

[» 続きを見る]

風邪の治療もできますよ

3週間ぶりに来院された30代の女性患者さんが治療前に「風邪を引きました」と一言。 そのため、まずは風邪の治療を先に行なうことにしました。 症状は喉の痛みとイガイガ、微熱。 脈診と舌診の結果、「風熱表証」として1寸5番鍼で[…]

[» 続きを見る]