※思いのほか長文になっています。
こう言われるとなんだか聞こえが悪いですよね。
鍼灸師風情が何言ってんだって感じですが、これは僕が患者さんに言っている訳ではありません。

この言葉は薬を出す側のある方が言っている言葉になります。
その人物とは・・・

「日本薬剤師会会長 児玉孝氏」

日本薬剤師会のトップが語る薬とは・・・

「薬は毒である」
薬は人工的に作られた化学合成物質であり、身体の中には本来存在しないものを摂取することになるため「毒」といっていいため、できれば飲まないほうが良い。
本来人の身体には治そうとする治癒力があるが、薬を身体に取り込むことによりこの働きを抑えてしまう。

「薬を飲んでも病気は治らない」
薬は症状を抑えるものであり、病気を治すわけではない。
逆にクスリにはリスクがあり、それが副作用である。
また、体内に入った薬は肝臓で解毒・分解され、腎臓を通り尿として排出されるが、肝臓の解毒作用は年齢とともに低下するため、肝臓や腎臓に負担がかかりやすくなる。
さらに、高齢者になると異物に対する抵抗力も低下するため、副作用が起きていることにも気付きにくくなる。

「日本人は明らかに薬を飲み過ぎ」
高齢になれば色々と体の不調がでてきますが、ご家族の中に色々な種類の薬を服用されている方はいませんか?
医師は患者さんに早く良くなってもらいたいという思いで薬を処方するが、他の薬との飲み合わせなどを事細かに考えている余裕がない。そのため、薬の飲み合わせや管理・説明などは薬剤師の仕事になっている。
そして、患者さん側も処方された薬を漠然と飲んでいる方が多いそうです。

日本人は諸外国と比べても薬の消費量が多いそうです。
その理由が「国民皆保険制度」になり、所得に応じた金額を支払えば健康保険に加入できるという仕組み。
誰でも健康保険に加入でき、安く病院に罹ることがでるため、ちょっとしたことでも病院へ行き薬を処方してもらう。そして、徐々に薬がないと不安になり、とりあえず薬だけもらいに行く。

結果的に国民医療費が増大し赤字となる。

赤字を帳消しにするために毎月支払う健康保険料が増大する。

こんな流れになっています。

その点ヨーロッパは風邪ぐらいでは薬は処方してもらえず、「家で寝てなさい。」と言われるようです。
もし問題があれば薬を処方するか、大きな病院を紹介するそうです。

こんなことを書くと薬を全否定しているように聞こえますがそうではなく、薬が開発されたからこそ死なずに済むようになった病気もあります。
ただ問題なのは薬に依存することと長期の服用ではないでしょうか?

本当に必要なときに薬が効かなくなってしまう可能性がありますよ。

薬がない時はどうしていたかを考えてみましょう。
薬は口から体内に取り込みます。
口から体内に取り込むといえば飲食物です。

「医食同源」、「薬食同源」という言葉があります。

食べ物は医療にもなる。食べ物は薬にもなるという意味です。
まず薬に頼るのではなく、できることから始めましょう!

思いのほか長文になりましたがこれにて終了!

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------