ツボの面白さ

昨日の雪は凄かった!
そして今日は東日本大震災から4年です。
最近テレビでは地震の予知に関する内容の番組が多い気がしますが、いつか予知できるようになってほしいと願います。

さて、今日はツボの面白さについてですが、これは不思議さとも言えるかもしれません。
足に復溜(ふくりゅう)というツボがあります。場所は下の写真の位置になります。

image

このツボの何が面白いのかというと効能に関して「えっ?」っと思ってしまうんです。

・中国の李世珍 臨床経穴学 効能 滋陰補腎
・北辰会代表 藤本蓮風 経穴解説 効能 腎陽虚に使用

専門用語で申し訳ありません・・・
簡単に言うと李世珍は腎陰虚という体質の場合に使用する。これに対して藤本蓮風先生は腎陽虚の場合に使用。
※ツボは「肩こりに効くツボ」とか「頭痛に効くツボ」といういう感じでは使用しません。
ちなみに特徴的な症状には以下になります。

【腎陰虚】
手足のほてり、寝汗、頬部の紅潮、夕方以降に身体がほてる、喉の乾き、舌の赤みが強い、脈が速い

【腎陽虚】
寒がり、手足の冷え、腰部の冷え、頻尿、下痢をしやすい、舌色が薄い、脈が遅い

腎陰虚は熱症状があり、腎陽虚は冷えの症状があるという真逆のケースになっています。
不思議ですよね。
ここで気になるのが両者が逆のケースに対して使用したことがあるのかどうかですが、これは分かりません。
また専門的な話になりますが難行69難の考え方からするとどちらにも効果がありそうではありますが、僕は今のところ腎陰虚の方に対してしか使用したことはありませんがしっかりと効果が出ています。

1番大切なのは闇雲に鍼を打つのではなく、自分がしっかりと目的をもって鍼を打つということだと思っています。
自分の臨床を思い返してみても、迷いがなく「ここだ!」っと選んだツボで治療をするとビックリするような効果が出ています。

ツボって面白いですよ!

Share

関連記事

東洋医学に関するお勧め書籍

東洋医学は鍼灸師になるためには必ず勉強しなければならない科目ですが、鍼灸師の中でも東洋医学に対して好き・嫌いが分かれています。 そのため、一般の方が東洋医学について勉強するのは非常に大変です。 でも、興味があるという方に[…]

[» 続きを見る]

治療をお断りさせていただく例

以前ですが、このようなお問い合わせがありました。 「○○という病気なんですが、この病気がお灸で治ったという方のブログを見たので、お灸だけで治療をして欲しいのですが。」 このようなお問い合わせが合った場合、なぜ断ることにな[…]

[» 続きを見る]

冷や汗が出るほどの激しい痛みの生理痛の正体

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 生理痛は多くの女性が持っている症状の1つですが、その痛みは人それぞれになります。痛みの感じ方も人によって変わってくるために自分の生理痛が酷いかどうかはなかなか判断し[…]

[» 続きを見る]

呼吸を変えれば身体も変わる

普段何気なくしている呼吸ですが、呼吸法を変えるだけでも身体は変わってきます。 一度ぐらいは聞いたことがあると思いますが、腹式呼吸を実際にやってみたことがあるという方は少ないんじゃないかと思います。 呼吸法には、肋骨を広げ[…]

[» 続きを見る]

四診合参

四診合参とは 望診・聞診・問診・切診の4つことを指し、東洋医学での診察方法のことになる。 今では画像診断や血液診断などを行なえば、身体の異常を発見することができたが、昔はこのようなことは当然行なうことができなかったため、[…]

[» 続きを見る]