鍼灸治療は全科の治療が可能

病院では内科・呼吸器科・消火器科・泌尿器科・婦人科・整形外科・・・という具合に診療科が分かれているため症状によって通う病院が変わってきたりします。

しかし、鍼灸治療はあまり知らない方もいらっしゃっるかもしれませんが、「全科」の治療が可能になります。

ただし、全科だからといってすべての疾患が治療できるわけではありません。

たとえば器質的疾患(変形など構造に問題がある場合)などはお手上げになりますし、ガンや出血性の病気なども不可になります。

鍼灸治療にも色々な治療があり、解剖学的な知識を用いて治療する場合もありますが、当院では東洋医学の考えを元に治療を行うため病名というのはあまり関係がありません。

東洋医学は「病気を治す医学」ではなく、「病人を治す医学」だからです! 病気になるには必ず原因があります。

そして、その原因は人それぞれ違います。

東洋医学はその方の身体のバランスを診て、乱れたバランスを正していくことにより病気を治していきます。

「肝鬱気滞証」という現代医学で言う病気の状態があります。

この状態はストレスなどで気の流れが悪くなっている状態のことです。

すると、頭痛・肩こり・腰痛・坐骨神経痛・生理痛・不妊症・頻尿・胃痛・・・など様々な症状が出てきます。

しかし、治療法はすべて同じで気の流れを良くしてあげればいいんです。

これが東洋医学の治療であり、全科に対応することができる理由になります。

Share

関連記事

子宮筋腫とエストロゲンの関係

閉経後も子宮筋腫が小さくならない こんにちは。名古屋の鍼灸師こと蓬祥鍼灸院の長谷川です。 子宮筋腫とエストロゲンの関係ですが、一般的には子宮筋腫はエストロゲンの影響で大きくなり、閉経することによりエストロゲンの分泌が少な[…]

[» 続きを見る]

同病異治とは

前回は「異病同治」についての話でしたが、今回は「同病異治(どうびょういち)」について。 同病異治とは 「西洋医学的には同じ病気でも、原因が違えば治療法も異なる」 ちなみに西洋医学は「同病同治」になり、同じ病気には同じ治療[…]

[» 続きを見る]

円形脱毛症は2ヶ月前から?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 円形脱毛症は当院でもご相談の多い疾患になりますが、学生時代の学校以外の勉強会に参加していた時にこのようなことを教わりました。 「円形脱毛症は発症した日から2ヶ月前に何かあっ[…]

[» 続きを見る]

痛みと精神の関係

痛みと精神の関係性として、東洋医学では神主学説というものがあります。 神主学説とは 「心が不安定な状態だと痛みが増し、心が安定してくると痛みが軽くなる。」という考え方です。 東洋医学では昔からこのような考え方をしていまし[…]

[» 続きを見る]

ゴーヤーの苦味成分

ここ数日は梅雨明けしたのではないかと思うぐらい暑くてたまらず、ついに自宅でもエアコンデビューしました。 こんな暑い日には冷たい飲み物やアイスが恋しくなりますが、やはりこういったものは摂りすぎは注意しなければいけません。 […]

[» 続きを見る]