鍼灸と健康保険

今回は鍼灸治療と健康保険という業界のお話です。

まず鍼灸治療において健康保険が使用できるかどうかと言うことですが、答えは「Yes」です。
しかし、どこの鍼灸院でも健康保険が使用で知るかどうかと言うと答えは「No」になります。

また、どんな病気に対しても保険が使えるかというと、こちらも答えは「No」

では、いったいどんな時に保険が適応になるかというと、以下の場合になります。

①頚椎症(むちうちなど)
②頚腕症候群(首や肩、腕にかけての痛みや痺れ)
③五十肩
④神経痛(坐骨神経痛や肋間神経痛・三叉神経痛)
⑤腰痛
⑥リウマチ

簡単に言いますと、痛みや痺れを伴う場合のみ鍼灸治療でも健康保険が使用できます。

しかし、以下のような場合は保険は適応されません。

めまいが最も辛い症状。
しかし、肩こりや腰痛もある。

この場合は健康保険が使えそうではありますが、主訴がめまいであるため保険適応外となります。
もし、保険を使用するとなると、めまいの治療は行なうことはできません。
実費であればすべての治療はOKとなります。

さらに、鍼灸で保険を使用するためには少し面倒なことがあります。それが・・・

①病院で医師の同意書をもらう。
②場合によっては患者さんが全額負担し、後に患者さん自らが加入している健康保険組合に差額分を請求する。

①に関しては絶対条件で必要になります。
問題は②になりますが、通常、保険診療となると3割分だけ払えばいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はそうもいかない保険組合が現在は多々あるのです。
加入されている保険組合によっては鍼灸院側からの請求は一切受け付けない!という保険者さんがたくさん存在しています。

なぜこうなったかは正直良く分かりませんが、きっと悪さをする人が多いのではないでしょうか?

Share

関連記事

性感染症のカンジタを侮るなかれ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 今日は性感染症の1つである「カンジタ」についてです。 当院のホームページを見に来る方の中でも「カンジタ」というキーワードが非常に多く、ほぼ毎日のようにこのキーワードで検索されて[…]

[» 続きを見る]

呼吸器の問題=肺ではない

呼吸や呼吸器系に問題が起きると「肺」に問題があると考えるのが普通でしょう。 しかし、東洋医学では呼吸器系の問題=肺の問題とは考えません。 確かに肺の問題であることは多々あるが、そこは東洋医学の不思議な部分でもあり、まった[…]

[» 続きを見る]

パニック障害の症例

11月11日来院。 28代 女性 16歳の頃よりパニック障害による過呼吸や動悸があり、精神科に通院中。 きっかけは家族間でのゴタゴタ。 酷い時には手足の内側に蕁麻疹が出る。 ストレスや季節の変わり目に特に症状が酷くなり、[…]

[» 続きを見る]

ごま油で花粉症対策

花粉症の方にはごま油を摂ることをお勧めしていますが、その理由はごま油に含まれる「αリノレン酸」。 このαリノレン酸にはアレルギーを抑制する作用や抗炎症作用があり、中でもお勧めなのが「えごま油」になります。 このえごま油を[…]

[» 続きを見る]

治療院前の工事のお知らせ

現在、当院の目の前ではアパートの建設工事を行なっております。 その関係で12月6日(木)~14日(金)まで水道工事が行なわれるため、工事車両が止まるとともに、一方通行も解除されます。 警備員の方が現場には立っているため、[…]

[» 続きを見る]