鍼灸と健康保険

今回は鍼灸治療と健康保険という業界のお話です。

まず鍼灸治療において健康保険が使用できるかどうかと言うことですが、答えは「Yes」です。
しかし、どこの鍼灸院でも健康保険が使用で知るかどうかと言うと答えは「No」になります。

また、どんな病気に対しても保険が使えるかというと、こちらも答えは「No」

では、いったいどんな時に保険が適応になるかというと、以下の場合になります。

①頚椎症(むちうちなど)
②頚腕症候群(首や肩、腕にかけての痛みや痺れ)
③五十肩
④神経痛(坐骨神経痛や肋間神経痛・三叉神経痛)
⑤腰痛
⑥リウマチ

簡単に言いますと、痛みや痺れを伴う場合のみ鍼灸治療でも健康保険が使用できます。

しかし、以下のような場合は保険は適応されません。

めまいが最も辛い症状。
しかし、肩こりや腰痛もある。

この場合は健康保険が使えそうではありますが、主訴がめまいであるため保険適応外となります。
もし、保険を使用するとなると、めまいの治療は行なうことはできません。
実費であればすべての治療はOKとなります。

さらに、鍼灸で保険を使用するためには少し面倒なことがあります。それが・・・

①病院で医師の同意書をもらう。
②場合によっては患者さんが全額負担し、後に患者さん自らが加入している健康保険組合に差額分を請求する。

①に関しては絶対条件で必要になります。
問題は②になりますが、通常、保険診療となると3割分だけ払えばいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はそうもいかない保険組合が現在は多々あるのです。
加入されている保険組合によっては鍼灸院側からの請求は一切受け付けない!という保険者さんがたくさん存在しています。

なぜこうなったかは正直良く分かりませんが、きっと悪さをする人が多いのではないでしょうか?



プロフィール
【取得資格】
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師

【鍼灸師になったきっかけ】
小学校から専門学校までバスケットボールをしており、高校時代に某高校のバスケットボール部のトレーナーをしている方の鍼灸院に怪我の治療でお世話になったことがきっかけ。
高校卒業後はスポーツトレーナーを目指し、トライデントスポーツ健康科学専門学校※現名古屋平成看護医療専門学校に通い、卒業後に名古屋鍼灸学校にてはり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師国家資格を取得。
現在は不妊症をはじめとした婦人科疾患や皮膚疾患、精神疾患などの治療に力を入れております。

蓬祥鍼灸院公式LINE
Share

関連記事

月経に関して

東洋医学には多くの古典が存在しますが、そのうちの1つである「黄帝内経 素問」という古典の中の上古天真論に体の変化(月経)に関する記述があります。 CMでもお馴染みの「女性は7の倍数で体調に変化が出る」というやつですね。 […]

[» 続きを見る]

冷え性 28歳 女性

主訴:冷え性 10代の頃から冷え性であり、冬場はもちろん夏場でも素足でフローリングを歩いているだけで足の指の感覚がなくなる。 また、毎日6㎞ジョギングをしているが、それでも足は温かくなることはなく、汗もあまりかかない。 […]

[» 続きを見る]

過労や加齢体質による花粉症

昨日から名古屋も本格的に花粉シーズンに突入と発表があったので、花粉症の方にとっては憂鬱なシーズンの始まりです。 今回は過労や加齢を現す「腎虚体質」による花粉症のお話です。 腎といっても「腎臓」ではありません。 花粉症の症[…]

[» 続きを見る]

冷え性 50代 女性

数年前より夏場でも手足の冷えを自覚するようになり、現在では首もとの冷えもある。 その他、肩こりや頭痛あり。 頭痛は冬場に寒い場所にいると痛みが出てくる。 また、お風呂で湯船に浸かっていても身体が温まる感じがせず、のぼせや[…]

[» 続きを見る]

PMSに対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状2 体表観察、弁証、治療について3 考察 38歳 女性 PMS(月経前症候群)による生理前の諸症状 学生時代には生理前の体調不良はほとんど感じていなか[…]

[» 続きを見る]