鍼灸と健康保険

今回は鍼灸治療と健康保険という業界のお話です。

まず鍼灸治療において健康保険が使用できるかどうかと言うことですが、答えは「Yes」です。
しかし、どこの鍼灸院でも健康保険が使用で知るかどうかと言うと答えは「No」になります。

また、どんな病気に対しても保険が使えるかというと、こちらも答えは「No」

では、いったいどんな時に保険が適応になるかというと、以下の場合になります。

①頚椎症(むちうちなど)
②頚腕症候群(首や肩、腕にかけての痛みや痺れ)
③五十肩
④神経痛(坐骨神経痛や肋間神経痛・三叉神経痛)
⑤腰痛
⑥リウマチ

簡単に言いますと、痛みや痺れを伴う場合のみ鍼灸治療でも健康保険が使用できます。

しかし、以下のような場合は保険は適応されません。

めまいが最も辛い症状。
しかし、肩こりや腰痛もある。

この場合は健康保険が使えそうではありますが、主訴がめまいであるため保険適応外となります。
もし、保険を使用するとなると、めまいの治療は行なうことはできません。
実費であればすべての治療はOKとなります。

さらに、鍼灸で保険を使用するためには少し面倒なことがあります。それが・・・

①病院で医師の同意書をもらう。
②場合によっては患者さんが全額負担し、後に患者さん自らが加入している健康保険組合に差額分を請求する。

①に関しては絶対条件で必要になります。
問題は②になりますが、通常、保険診療となると3割分だけ払えばいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はそうもいかない保険組合が現在は多々あるのです。
加入されている保険組合によっては鍼灸院側からの請求は一切受け付けない!という保険者さんがたくさん存在しています。

なぜこうなったかは正直良く分かりませんが、きっと悪さをする人が多いのではないでしょうか?

Share

関連記事

へバーデン結節

おはようございます。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 最近朝から手がこわばったり、指が痛い、または何か指の関節が腫れている・・・ もしかして「リウマチ!?」 というお悩みの方はまずは病院で血液検査をしてみましょう。もし[…]

[» 続きを見る]

生理痛の原因は東洋医学ではどのように考えるの?

コンテンツ1 生理痛は東洋医学ではどのように考えるか?1.1 不通則痛とは?1.2 不栄則痛とは?2 あなたはどのタイプの生理痛?2.1 気滞2.2 瘀血2.3 気血両虚2.4 冷え(寒邪)3 まとめ 生理痛は東洋医学で[…]

[» 続きを見る]

あなたが求めるのは治療ですか?慰安ですか?

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 本日の内容は治療院を選ぶ際に非常に重要な部分になってきます。 身体の不調があればどこかで治療を受けて早く良くしたいという気持ちがあるかと思いますが、皆さんは「治療」を受けたいの[…]

[» 続きを見る]

駐車場に関して

当院では駐車場を2台分ご用意しております。 1台はマンションの敷地内、ベランダ側の9番。 もう一台は徒歩1分ほどの場所になります。 昨日、新規の方になりますがマンション敷地内の駐車場に間違えて止められた方がいらっしゃり、[…]

[» 続きを見る]

浮腫み(むくみ)について②

肺が病むと浮腫みの原因になることがある。 肺は呼吸器だが、東洋医学では水分代謝と非常に関係の深い臓器の1つ。 肺と水分代謝の関係は主に以下の3つ ①皮膚に潤いを与える ②大腸に水分を送る ③排尿作用の促進 肺が悪くなると[…]

[» 続きを見る]