不妊治療の助成金制度

病院での不妊治療となると非常に高額になりますが、経済的な負担を少しでも軽くするために助成金制度が存在します。
しかし、一定の条件があり、夫婦合算での所得が730万以下の夫婦になります。

そして、この助成金制度が昨年の平成26年より変更された点がいくつかあります。ざっとですが以下のようになります。

25年度まで
・治療開始した年から5年間で計10回まで。
・初年度につき、年3回まで申請可能、2年目以降は年2回まで申請可能。

26年度以降
・40歳未満の方
43歳までに通算6回まで申請可能。※1年間で6回の申請も可能。
・40歳以上の方
1年目は年3回まで申請可能。
2年目以降は年2回まで。
※43歳になるまでに通算3回まで。

大きく変更されたのは
・年制限
・通算回数10回 ⇒ 6回
・年間の申請回数

この3つが大きな変更点になります。
また、どうやら28年度からさらに変更される部分があるようなので詳細はこちらを参照下さい。
名古屋市の不妊治療の助成金制度の変更に関して

個人的な意見としましては年間の申請回数の制限がなくなったのはまだ良しとして、少子化の問題をどうにかしないといけないと言いながらも助成金の申請回数を減らすのはなぜ?と思ってしまいます。
申請回数が減ってしまった以上は少しでも妊娠しやすい体にしていく必要があると感じています。
鍼灸治療で少しっかりと身体を作ってから体外受精や顕微受精にチャレンジしませんか?

Share

関連記事

ショップカード作りました

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、蓬祥鍼灸院の長谷川です。 先日ですが、名刺とは別に「ショップカード」を作りました。 こちらのショップカードはお店の情報以外にもご紹介者カードとしても利用できるように、ご紹介者のお名前を記入で[…]

[» 続きを見る]

視力回復できるかも?鍼灸師が実践した方法とは?

こんにちは。蓬祥鍼灸院の長谷川です。 私事ではありますが2~3年前まで車を運転する時には眼鏡をかけておりましたが、現在は眼鏡なしで車を運転しております。以前は車を運転する時は眼鏡をかけなければいけませんでしたが、今は眼鏡[…]

[» 続きを見る]

妊娠しました

本日、4ヶ月ぶりに娘さんと来院された方から突然のサプライズ報告。 前回の治療後に妊娠が発覚し、酷いつわりに苦しみながらも本日から安定期に入ったとのこと。 元々、喘息の治療がメインではありましたが、1度流産を経験しているた[…]

[» 続きを見る]

母乳の出が良くなるツボ

母乳の出が悪い時に使用するツボをご紹介いたします。 その前に、東洋医学では母乳の出が悪くなる原因は主に2つあります。 ①肝鬱気滞 ②気血両虚 ①に関してはストレスが原因となります。 肝と関連している経絡が乳房の周りを走行[…]

[» 続きを見る]

ジストニアとストレスの関係とは?

コンテンツ1 ジストニアとストレスの関係2 ジストニアの方が治療以外にすべきこと3 時には決断も必要です ジストニアとストレスの関係 全身のあらゆる筋肉に発症する可能性のあるジストニアですが、現代医学では脳梗塞やうつ病の[…]

[» 続きを見る]