不妊治療の助成金制度

病院での不妊治療となると非常に高額になりますが、経済的な負担を少しでも軽くするために助成金制度が存在します。
しかし、一定の条件があり、夫婦合算での所得が730万以下の夫婦になります。

そして、この助成金制度が昨年の平成26年より変更された点がいくつかあります。ざっとですが以下のようになります。

25年度まで
・治療開始した年から5年間で計10回まで。
・初年度につき、年3回まで申請可能、2年目以降は年2回まで申請可能。

26年度以降
・40歳未満の方
43歳までに通算6回まで申請可能。※1年間で6回の申請も可能。
・40歳以上の方
1年目は年3回まで申請可能。
2年目以降は年2回まで。
※43歳になるまでに通算3回まで。

大きく変更されたのは
・年制限
・通算回数10回 ⇒ 6回
・年間の申請回数

この3つが大きな変更点になります。
また、どうやら28年度からさらに変更される部分があるようなので詳細はこちらを参照下さい。
名古屋市の不妊治療の助成金制度の変更に関して

個人的な意見としましては年間の申請回数の制限がなくなったのはまだ良しとして、少子化の問題をどうにかしないといけないと言いながらも助成金の申請回数を減らすのはなぜ?と思ってしまいます。
申請回数が減ってしまった以上は少しでも妊娠しやすい体にしていく必要があると感じています。
鍼灸治療で少しっかりと身体を作ってから体外受精や顕微受精にチャレンジしませんか?

Share

関連記事

生理不順で周期がバラバラになる原因は?

女性にしか起こらない生理的な現象が「月経(生理)」になりますが、特に問題のない方であれば月に1回は必ず訪れるものになります。 医学的には25日~40日以内に定期的に来ていれば問題視されることはありません。 しかし、中には[…]

[» 続きを見る]

駐車場に関して

当院では駐車場を2台分ご用意しております。 1台はマンションの敷地内、ベランダ側の9番。 もう一台は徒歩1分ほどの場所になります。 昨日、新規の方になりますがマンション敷地内の駐車場に間違えて止められた方がいらっしゃり、[…]

[» 続きを見る]

サーキュレーターで問題解決!

新治療院に移転してから早4ヶ月が経ちました。 夏は快適に治療ができていましたが、問題は冬でした! 壁には断熱材が入っていますが、床はコンクリートに直接フロアタイルを貼り付けているため、底冷え+入り口のガラスからの冷気で間[…]

[» 続きを見る]

ジストニアと中医学

ジストニアの中医学的考察 現代医学では指定難病とされるジストニアですが、個人差はあるものの鍼灸治療で改善することはまだあまり知られていない現実があります。鍼灸院に訪れる方で多いのは頚部ジストニアとなりますが、鍼灸治療にも[…]

[» 続きを見る]

筋緊張型頭痛に対する鍼灸治療の症例

コンテンツ1 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例2 弁証および治療について3 考察 30代 男性 筋緊張型頭痛の症例 2019年5月来院。 4月中旬から頭痛がするため、総合病院を受診すると筋緊張型頭痛と診断。薬を処方された[…]

[» 続きを見る]