不妊治療の助成金制度

病院での不妊治療となると非常に高額になりますが、経済的な負担を少しでも軽くするために助成金制度が存在します。
しかし、一定の条件があり、夫婦合算での所得が730万以下の夫婦になります。

そして、この助成金制度が昨年の平成26年より変更された点がいくつかあります。ざっとですが以下のようになります。

25年度まで
・治療開始した年から5年間で計10回まで。
・初年度につき、年3回まで申請可能、2年目以降は年2回まで申請可能。

26年度以降
・40歳未満の方
43歳までに通算6回まで申請可能。※1年間で6回の申請も可能。
・40歳以上の方
1年目は年3回まで申請可能。
2年目以降は年2回まで。
※43歳になるまでに通算3回まで。

大きく変更されたのは
・年制限
・通算回数10回 ⇒ 6回
・年間の申請回数

この3つが大きな変更点になります。
また、どうやら28年度からさらに変更される部分があるようなので詳細はこちらを参照下さい。
名古屋市の不妊治療の助成金制度の変更に関して

個人的な意見としましては年間の申請回数の制限がなくなったのはまだ良しとして、少子化の問題をどうにかしないといけないと言いながらも助成金の申請回数を減らすのはなぜ?と思ってしまいます。
申請回数が減ってしまった以上は少しでも妊娠しやすい体にしていく必要があると感じています。
鍼灸治療で少しっかりと身体を作ってから体外受精や顕微受精にチャレンジしませんか?

Share

関連記事

眠気②

前回は現代医学の観点から食後の眠気について書いたので、今回は東洋医学の観点からのお話です。 東洋医学では食後の眠気の原因は主に2つ。 1.脾気虚(胃腸の弱り) 2.湿邪の停滞 まずは脾気虚という胃腸の弱りについて。 脾と[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは痒みのある湿疹を主な症状とする皮膚疾患。 湿疹の状態は赤みがありジュクジュク、掻くと滲出液が出る、カサカサなど様々で年齢によっても変化してきます。(ジュクジュク⇒カサカサ) 原因は不明とされていますが[…]

[» 続きを見る]

呼吸器の問題=肺ではない

呼吸や呼吸器系に問題が起きると「肺」に問題があると考えるのが普通でしょう。 しかし、東洋医学では呼吸器系の問題=肺の問題とは考えません。 確かに肺の問題であることは多々あるが、そこは東洋医学の不思議な部分でもあり、まった[…]

[» 続きを見る]

日本人の有給消化率

先日の治療中の患者さんとの会話。 「来月、仕事休んで旅に出ます。」という患者さんからのちょっとした報告があり、「有給ですか?」と聞くと、「もちろん!」という返事。 そこで疑問に思ったのが、日本人はどれぐらい有給を使ってい[…]

[» 続きを見る]

花粉症にパイオネックス

今年は花粉症の方の治療が例年に比べて多いのですが、今年は体の治療に加えて新しい治療方法を加えております。 それが、パイオネックスというシールタイプの鍼を使用した補助療法です。 シールタイプの鍼はこちらになります。 真ん中[…]

[» 続きを見る]