不妊治療の助成金制度

病院での不妊治療となると非常に高額になりますが、経済的な負担を少しでも軽くするために助成金制度が存在します。
しかし、一定の条件があり、夫婦合算での所得が730万以下の夫婦になります。

そして、この助成金制度が昨年の平成26年より変更された点がいくつかあります。ざっとですが以下のようになります。

25年度まで
・治療開始した年から5年間で計10回まで。
・初年度につき、年3回まで申請可能、2年目以降は年2回まで申請可能。

26年度以降
・40歳未満の方
43歳までに通算6回まで申請可能。※1年間で6回の申請も可能。
・40歳以上の方
1年目は年3回まで申請可能。
2年目以降は年2回まで。
※43歳になるまでに通算3回まで。

大きく変更されたのは
・年制限
・通算回数10回 ⇒ 6回
・年間の申請回数

この3つが大きな変更点になります。
また、どうやら28年度からさらに変更される部分があるようなので詳細はこちらを参照下さい。
名古屋市の不妊治療の助成金制度の変更に関して

個人的な意見としましては年間の申請回数の制限がなくなったのはまだ良しとして、少子化の問題をどうにかしないといけないと言いながらも助成金の申請回数を減らすのはなぜ?と思ってしまいます。
申請回数が減ってしまった以上は少しでも妊娠しやすい体にしていく必要があると感じています。
鍼灸治療で少しっかりと身体を作ってから体外受精や顕微受精にチャレンジしませんか?

Share

関連記事

【年齢は関係なし】結婚するならブライダルチェックを受けるべき理由

近々結婚する予定だが、ブライダルチェックを受けるべきかどうか悩んでいませんか? またはなぜ受けるべきか知りたいと考えていませんか? ブライダルチェックは数年前から推奨されていることですが、その必要性がいまいち伝わっていな[…]

[» 続きを見る]

高温期が短い理由は黄体機能不全かも【治療法やセルフケアについて】

あなたの基礎体温は高温期が14日続いていますか?または高温期にも関わらず低温期の体温までガクッと下がることはありませんか? こういった基礎体温は少し問題があり、不妊の原因となっている可能性があります。 一体どのような問題[…]

[» 続きを見る]

妊娠おめでとうございます。

約1年にわたり不妊治療のために来院されていた30代の女性がこの度妊娠いたしました。 当初は自然妊娠を目標にしておりましたが、ガタつきのあった基礎体温は整ったものの、なかなか自然妊娠に至らなかったため、試しに人工授精を行う[…]

[» 続きを見る]

子宮内膜症でも妊娠できるの?【不妊症との関係】

子宮内膜症は現代の女性には多く見られる婦人科疾患ですが、子宮内膜症でも妊娠できるかどうか気になる方も多いかと思います。 子宮内膜症でも妊娠できるか?どんな治療をがあるのか?鍼灸治療や漢方薬での治療はどうか?など色々と疑問[…]

[» 続きを見る]

ごま油で花粉症対策

花粉症の方にはごま油を摂ることをお勧めしていますが、その理由はごま油に含まれる「αリノレン酸」。 このαリノレン酸にはアレルギーを抑制する作用や抗炎症作用があり、中でもお勧めなのが「えごま油」になります。 このえごま油を[…]

[» 続きを見る]