副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは俗にいう蓄膿症になり、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞からなる副鼻腔という空洞に細菌やウイルス感染により炎症が起き、鼻づまりや鼻水、頭痛、頭重感、歯痛、嗅覚の低下、後鼻漏(鼻水が喉に落ちる)などの症状が出ます。

主に風邪を引くことにより発症することが多いが、アレルギー性鼻炎により発症することもあり、慢性化すると炎症により膿が溜まってきます。

風邪や鼻炎との違いは、くしゃみや悪寒、目の痒みがなく
①鼻水がドロドロしている。
②鼻水が黄色や緑色。
③後鼻漏。
④鼻の中に悪臭がある。

このような症状があれば副鼻腔炎の疑いが強くなります。

西洋医学では抗生剤や内服薬での治療が主流ではありますが、薬に頼りたくないという方にとっては鍼治療も非常に有効な治療法になります。
急性のものであればあるほど治癒はしやすく、慢性化したものでもしっかりと改善できます。

Share

関連記事

便秘の症例

20代 女性 就職を期に一人暮らしをはじめた途端に便秘になる。 仕事のストレスもあったが、それ以上に自宅のユニットバスに抵抗があり、トイレは我慢してコンビニや職場でするようになる。 就職するまでは毎日出ていたが、旅行など[…]

[» 続きを見る]

得気って何?

鍼灸治療を受けたことがある方は経験しているかもしれませんが、鍼を刺すと「ズン」した感覚が起こります。 これは得気といわれます。 別の言い方では響きとも言いますが、これは鍼治療を行う際に患者さんが感じる感覚になり、鍼を刺し[…]

[» 続きを見る]

妊娠報告

昨年の7月から不妊治療でお越しの40歳女性。 この度、自然妊娠の報告をいただきました。 約7ヶ月にわたり、週1回の治療を継続されお灸も毎日行なっていただけていました。 治療は補腎のために太ケイや照海を使用し、月経期には三[…]

[» 続きを見る]

舌で見る健康状態

東洋医学独特の診断方法に「舌診」という舌を診る診察方法があり、舌を診るだけでも身体の状態がある程度分かってきます。 舌の状態は診てるようで、意外と診ていない方も多くいらっしゃいます。 しかし、鏡さえあれば誰でも簡単に診る[…]

[» 続きを見る]

より良い鍼を求めて

現在の鍼灸院ではほとんどがディスポーサブル(使い捨て)鍼を使用しています。 そして、鍼にも色々と種類があり、和鍼(日本の鍼)、中国鍼、刺さない鍼(ローラー鍼、提鍼など)があり、メーカーも色々です。 私は現在は株式会社・山[…]

[» 続きを見る]