子宮内膜症とは子宮の内側にある粘膜組織が、子宮以外の場所で増えていく進行性の婦人科疾患になり、月経のある女性の10~15%ほどに診られます。
子宮以外にできた内膜組織も本来の月経と同じような変化が起こり、月経期になると内膜が剥がれることにより出血を起こしますが、本来は体外に排出される血液が体外に排出されないために体内に蓄積されていき、他の臓器と癒着を起こしたり、チョコレート嚢腫という新たな婦人科疾患を引き起こします。

【子宮内膜症の原因】
はっきりとした原因はわかってはいませんが、遺伝的素因や女性ホルモンが関係しているとも言われております。また、私の個人的な見解ではありますが、やはりストレス過多の方に内膜症を持たれている方が多くいらっしゃいます。

東洋医学から診た子宮内膜症の原因】
東洋医学では内膜症の原因にも様々ありますが最も多い原因が体に溜まった瘀血(おけつ)というものになります。
この瘀血が溜まる原因として最も多いのがストレスになり、ストレスが原因で気血の流れが悪くなり、子宮内にドロドロとした血が溜まった状態になります。
また、瘀血は運動不足や生殖機能が弱いことが原因で起きることもあります。

【子宮内膜症の症状】
症状としては激しい下腹部痛、性交時痛、排便時痛、月経過多、不正出血などがあり不妊症の原因にもなります。
生理痛に関しては生理がくるたびに酷くなっていくのが特徴になります。
また、性交痛や排便痛も子宮内膜症の特徴的な症状になり、子宮と直腸の間にある「ダグラス窩」という場所に内膜が増殖・癒着したことが原因となります。

ダグラス窩

【子宮内膜症の治療】
現代医学での治療は命に関わることはないために、鎮痛剤などで月経痛を和らげることもありますが、生理がある以上は悪化していくため現在ではピルを使用したホルモン療法が一般的になります。
低用量ピルを服用すると、妊娠に近い状態になるため、排卵が止まり、子宮内膜の増殖が抑えられることで月経時の痛みが軽くなります。

しかし、最近ではピルの副作用の中に血栓症という血液が固まりやすくなるという副作用があり、何名かの死亡例もあるため喫煙をする方、親族で脳梗塞や心筋梗塞などを起こしている場合は注意が必要になります。

また、卵巣の方へ月経血が流れてしまうことで卵巣嚢腫(チョコレートなど)になってしまった場合には大きさにもよりますが、手術する必要が出てきます。手術の適応は5センチ以上となりますが、中には手術をすることにより卵巣にダメージが残り、若くして閉経してしまうというリスクもあります。

【子宮内膜症に対する鍼灸治療】
子宮内膜症は不妊症の原因となるため、当院には妊娠を希望される方から生理痛を治すことを目的とした方などが来院されます。
子宮内膜症に対する鍼灸治療はまず第一に生理痛の緩和を目的としますが、厳密には現状がどの程度の痛みなのかによっても治療方針は少々変わってきます。

薬を飲めば耐えられる痛みであれば最初から内膜症を起している体質の治療を起こっていきます。逆に薬を飲んでも動けないほどの痛みであれば生理前~生理中にかけては生理痛の緩和を目的とした治療、その他の期間は体質の治療を行って行きます。

治療期間は早い方では2ヶ月ほどで痛みはほとんどなくなる方もいらっしゃいますが、やはり半年ほどは考えていただいた方が良いでしょう。

また、卵巣嚢腫ができてしまっている場合は大きさにもよりますが、やはり鍼灸治療ではなく手術の選択も考えていただいた方が良いのですが、「まだ体にメスは入れたくない」という方はご相談いただければと思います。

 

ご予約・お問い合わせ

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は薬に頼りたくない方や病院で良くならない方に
対して東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑1-89 グリーンハイツ高畑1F
TEL 052-355-6866
友だち追加
---------------------------------------------------------------------