激しい生理痛の正体は子宮内膜症かも?

こんにちは。
蓬祥鍼灸院の長谷川です。

女性の方に毎月起こる生理ですが、皆さんは生理痛はどの程度の痛みがありますが?
もちろん、全く痛みがないというのが理想ではありますが、中には毎回激痛に悩まされており薬を飲んでも痛みが治まらないという方も中にはいらっしゃいますし。
もし、このような痛みがあるようですと、子宮内膜症という病気が隠れているかもしれないため、まずは婦人科を受診してみましょう。

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは子宮の内側にある粘膜組織が、子宮以外の場所で増えていく進行性の婦人科疾患になり、月経のある女性の10~15%ほどに診られます。
子宮以外にできた内膜組織も本来の月経と同じような変化が起こり、月経期になると内膜が剥がれることにより出血を起こしますが、本来は体外に排出される血液が体外に排出されないために体内に蓄積されていき、他の臓器と癒着を起こしたり、チョコレート嚢腫という新たな婦人科疾患を引き起こします。

子宮内膜症の原因

はっきりとした原因はわかってはいませんが、遺伝的素因や女性ホルモンが関係しているとも言われております。また、私の個人的な見解ではありますが、やはりストレス過多の方に内膜症を持たれている方が多くいらっしゃいます。

東洋医学から診た子宮内膜症の原因

東洋医学では内膜症の原因にも様々ありますが最も多い原因が体に溜まった瘀血(おけつ)というものになります。
この瘀血が溜まる原因として最も多いのがストレスになり、ストレスが原因で気血の流れが悪くなり、子宮内にドロドロとした血が溜まった状態になります。
また、瘀血は運動不足や生殖機能が弱いことが原因で起きることもあります。

子宮内膜症の症状

症状としては激しい下腹部痛、性交時痛、排便時痛、月経過多、不正出血などがあり不妊症の原因にもなります。
生理痛に関しては生理がくるたびに酷くなっていくのが特徴になります。
また、性交痛や排便痛も子宮内膜症の特徴的な症状になり、子宮と直腸の間にある「ダグラス窩」という場所に内膜が増殖・癒着したことが原因となります。

ダグラス窩

子宮内膜症は不妊の原因になるの?

子宮内膜症の方が気になるのが、「子宮内膜症は不妊の原因になるかどうか?」かと思います。
まず、知っておいてただきたいのが、子宮内膜症があっても自然妊娠されている方は大勢いるということ。つまり、子宮内膜症の場合、必ずしも不妊症の原因になるわけではないが、場合によっては不妊症の原因になる可能性を秘めています。
ではどのようなケースで不妊症の原因になるかというと、卵巣に子宮内膜症ができてしまう卵巣嚢腫の場合に排卵がうまくできなくなることにより、不妊の原因となってきます。

子宮内膜症の治療

現代医学での治療は命に関わることはないために、鎮痛剤などで月経痛を和らげることもありますが、生理がある以上は悪化していくため現在ではピルを使用したホルモン療法が一般的になります。
低用量ピルを服用すると、妊娠に近い状態になるため、排卵が止まり、子宮内膜の増殖が抑えられることで月経時の痛みが軽くなります。

しかし、最近ではピルの副作用の中に血栓症という血液が固まりやすくなるという副作用があり、何名かの死亡例もあるため喫煙をする方、親族で脳梗塞や心筋梗塞などを起こしている場合は注意が必要になります。

また、卵巣の方へ月経血が流れてしまうことで卵巣嚢腫(チョコレートなど)になってしまった場合には大きさにもよりますが、手術する必要が出てきます。手術の適応は5センチ以上となりますが、中には手術をすることにより卵巣にダメージが残り、若くして閉経してしまうというリスクもあります。

子宮内膜症に対する鍼灸治療

子宮内膜症は不妊症の原因となるため、当院には妊娠を希望される方から生理痛を治すことを目的とした方などが来院されます。
子宮内膜症に対する鍼灸治療はまず第一に生理痛の緩和を目的としますが、厳密には現状がどの程度の痛みなのかによっても治療方針は少々変わってきます。

薬を飲めば耐えられる痛みであれば最初から内膜症を起している体質の治療を起こっていきます。逆に薬を飲んでも動けないほどの痛みであれば生理前~生理中にかけては生理痛の緩和を目的とした治療、その他の期間は体質の治療を行って行きます。

治療期間は早い方では2ヶ月ほどで痛みはほとんどなくなる方もいらっしゃいますが、やはり半年ほどは考えていただいた方が良いでしょう。

また、卵巣嚢腫ができてしまっている場合は大きさにもよりますが、やはり鍼灸治療ではなく手術の選択も考えていただいた方が良いのですが、「まだ体にメスは入れたくない」という方はご相談いただければと思います。

Share

関連記事

テレビ愛知にて放送中

こんにちは。 名古屋の鍼灸師、長谷川です。 東洋医学は現代の方にとってはあまり馴染みがなく、よく分からない、怪しいという印象を持たれる方も多いと思いますが、江戸時代までは日本において普通に行なわれていた医療でした。 少し[…]

[» 続きを見る]

浮腫み(むくみ)について

浮腫みとは全身を流れている血液中の水分が、何らかの原因によって全身あるいは身体のある部分に留まってしまうもの。 問診表のチェック項目にもよくチェックが入っていたりします。 最も多いであろう浮腫みの原因は下肢の筋力不足や運[…]

[» 続きを見る]

内装工事〜完成までもう少し〜

内装工事が始まり2週間が経過しましたが、現在は壁を張っている最中です。この壁貼り作業も明日には終了する予定です。 明日は候補に挙がっているクロスとフロアタイルを実際に壁や床に当てて選んでいきます! また、明日はNTTの現[…]

[» 続きを見る]

心と身体

心と身体は切っても切り離せない関係です。 今までにもうつ病の方やパニック障害など心の病を抱えている方の治療に当たる機会がありましたが、治療をしていると本当にそう感じています。 一般的には心の病を抱えている方は心療内科や精[…]

[» 続きを見る]

女性に多い喉のつかえ感

痰でも絡んでるかな? いや、痰とは違う。 でも喉に何かある感じがする。 比較的女性に多く見られる喉のつかえ感。 東洋医学ではこのような症状を「梅核気」といい、梅の実が喉に詰まっているような感じ、でも実際には何もない状態に[…]

[» 続きを見る]