本当に凄い鍼灸師ができること

本当に凄い鍼灸師が出きることは○○です。

考えていただけたでしょうか?

ではでは、本当に凄い鍼灸師とはどんなひとか?

「患者さんが訴えている症状を悪化させることができる、または健康な人の体調を崩すことができる人。」

意外でしたか?

ポイントとなるのは治そうとした結果悪化するのではなく、「狙って」悪化させることができる鍼灸師が本当に凄いと言えます!

患者さんからしたらとんでもない鍼灸師じゃないか!と思うかもしれませんが、「治すこと」よりも「わざと悪化させること」の方が遥かに難しいのです。

ただし、わざと悪化させることができる鍼灸師はちゃんと治すこともできるのでその点はご安心?ください。

このような凄腕の鍼灸師の方に嫌われたら酷い目に合う可能性があるかもしれません。

Share

関連記事

不正出血について

月経時以外に出血するものを不正出血といいますが、不正出血の原因は西洋医学的には非常に多くの原因があり、子宮体ガンや子宮頸ガンが隠れている場合もあるため注意が必要になってきます。 東洋医学ではこの不正出血の原因は脾不統血の[…]

[» 続きを見る]

花粉による目の痒みに刺絡が著効

花粉症でお悩みの男性。 仕事では中間管理職となり、ストレスフルの状態。 頭のてっぺんにある百会を触ると熱がこもっているのを確認したため、肝鬱化火による花粉症と考え、右合谷に1本鍼を打ち、百会に刺絡を行なうとかなり赤みの強[…]

[» 続きを見る]

デスクワークによる肩こりや腰痛

現代病ともいえる日本人のデスクワークによる肩こりや腰痛。 人間というのは同一姿勢でいることは意外とストレスになることはあまり知られていません。立っている時で考えていただくと分かりやすいのですが、必ずどちらかの足に体重をか[…]

[» 続きを見る]

花粉症対策

今日から本格的に春の兆しになるため、花粉症の方にとっては辛い日常の始まりかもしれません。 春は木々が芽吹き、生長する季節でもあるため、人の身体の中でも同じようなことが起こり、気温の上昇とともにエネルギー(気)が上昇しやす[…]

[» 続きを見る]

年下の男性の精子が卵子を活性化

先日のyahooニュースに面白い記事が載っていました。 年下のパートナーを持つ女性の方が卵子が、同い年や年上のパートナーを持つ女性よりも妊娠しやすいという研究データになります。 年齢で言うと30歳未満の男性のパートナーを[…]

[» 続きを見る]