本当に凄い鍼灸師ができること

本当に凄い鍼灸師が出きることは○○です。

考えていただけたでしょうか?

ではでは、本当に凄い鍼灸師とはどんなひとか?

「患者さんが訴えている症状を悪化させることができる、または健康な人の体調を崩すことができる人。」

意外でしたか?

ポイントとなるのは治そうとした結果悪化するのではなく、「狙って」悪化させることができる鍼灸師が本当に凄いと言えます!

患者さんからしたらとんでもない鍼灸師じゃないか!と思うかもしれませんが、「治すこと」よりも「わざと悪化させること」の方が遥かに難しいのです。

ただし、わざと悪化させることができる鍼灸師はちゃんと治すこともできるのでその点はご安心?ください。

このような凄腕の鍼灸師の方に嫌われたら酷い目に合う可能性があるかもしれません。

Share

関連記事

迷っているのは○○!

迷っているのは○○! 以前某専門学校が出していたキャッチコピーですが、当時は『確かにそうかも!』と思った記憶があります。 ではこの○○に入る言葉をご紹介。 迷っているのはやりたい証拠! 迷うということは確かに『やってみた[…]

[» 続きを見る]

甲状腺機能低下症による脱毛症

甲状腺とは喉にある内分泌腺で基礎代謝を高めたり成長ホルモンの働きを助ける作用があるホルモンを分泌する。 この甲状腺から分泌されるホルモンの数値が低下した状態を「甲状腺機能低下症」というが、この疾患は甲状腺機能亢進症である[…]

[» 続きを見る]

鍼灸って何に効くの?

こんにちは。 名古屋の蓬祥鍼灸院の長谷川です。 皆さんも一度は考えたことがあるかと思いますが、「鍼灸治療は何に効くのか?」という問題です。 ご自身が抱えている身体の不調に対して鍼灸治療が効果があるのかという疑問は必ず出て[…]

[» 続きを見る]

鍼灸治療の受領率

日本においての鍼灸治療の年間受領率(一年間に鍼灸治療を受けた事がある)が3%という非常に低くなっている。 生涯受領率(一生のうちに鍼灸を受けたことがある)に関しても20~30%と低くなっている。 数年前は年間受領率は5~[…]

[» 続きを見る]

東洋医学のお勧めドラマ

春らしい春がない今日この頃。 明日から学校では新学期が始まります。 小さかった姪っ子が明日から6年生になるとは・・・大丈夫なのか?(笑い) さて、今日は東洋医学のお勧めのドラマのご紹介です。 東洋医学的な鍼灸治療がどのよ[…]

[» 続きを見る]