慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の著効例

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)でお悩みの30代女性。

昔から風邪を引くと副鼻腔炎になりやすく、発症するたびに抗生物質を服用している。
普段でも鼻から何か垂れてくる感じがある。

肺経・大腸経に顕著な圧痛あり。

左合谷に3番1寸で15分置鍼。
しん会から刺絡(特殊な鍼で出血させる治療法)。

3日ほど経つと鼻から垂れてくる感じは消失。

今後は様子を見ながら治療は継続となります。

Share

関連記事

心と身体

心と身体は切っても切り離せない関係です。 今までにもうつ病の方やパニック障害など心の病を抱えている方の治療に当たる機会がありましたが、治療をしていると本当にそう感じています。 一般的には心の病を抱えている方は心療内科や精[…]

[» 続きを見る]

妊娠しやすい体作り~食事編~

コンテンツ1 妊娠しやすい体とは?2 妊娠しやすい体作りのための食事とは?2.1 薬食同源とは?3 これを食べると妊娠できるという食材はない!しかし、個々の体質ごとにお勧めの食材はあり!4 過度の脂質制限してませんか? […]

[» 続きを見る]

今度は秋バテ

こんにちは。 名古屋の鍼灸師・長谷川です。 最近テレビで「秋バテ」という言葉を聞きました。 「○○バテ」と言えば「夏バテ」という言葉しか以前は聞きませんでしたが、数年前から「春バテ」という言葉が誕生し、今年から「秋バテ」[…]

[» 続きを見る]

鍼灸と健康保険

今回は鍼灸治療と健康保険という業界のお話です。 まず鍼灸治療において健康保険が使用できるかどうかと言うことですが、答えは「Yes」です。 しかし、どこの鍼灸院でも健康保険が使用で知るかどうかと言うと答えは「No」になりま[…]

[» 続きを見る]

呼吸を変えれば身体も変わる

普段何気なくしている呼吸ですが、呼吸法を変えるだけでも身体は変わってきます。 一度ぐらいは聞いたことがあると思いますが、腹式呼吸を実際にやってみたことがあるという方は少ないんじゃないかと思います。 呼吸法には、肋骨を広げ[…]

[» 続きを見る]