薬剤性カンジタ皮膚炎の改善

以前ブログにも書きました、カンジタによる手湿疹が見事に改善しました!
治療前の脈は弦数という一言で言えば速い脈だったのが、治療後に脈を確認すると非常に落ちついていたため、ある程度は改善するだろうという感触でしたが、治療した自分でも1回の治療で「ここまで変わるのか・・・」というほどの驚きの改善度合いです。

肝経湿熱・肺経鬱熱と考えて、左合谷・左太衝の2穴を使用。

治療前がこちら。

image

そして、約2週間後の本日がこちら。

image

結局、皮膚科など受診せず、市販の薬も使用していないとのこと。
人の体って本当に凄いです!たった0.2ミリの鍼を2本体に刺すだけでこれだけ変化するわけですからね。

ただ、これはあくまでも1つの症例になります。
すべての方がこのように1回の治療で劇的に改善するわけではありませんが、継続することで改善します。
薬に頼る前に、まずはご自分の治癒力を上げることを考えませんか?

btn_02

Share

関連記事

温めると痒みが増す湿疹

  こんにちは。名古屋の体質改善請負人こと、鍼灸師の長谷川です。 湿疹やアトピー性皮膚炎でお悩みの方の中にはイライラした時や入浴後、または運動後に痒みが増し、逆に冷やすと痒みが治るという方がいらっしゃいます。 […]

[» 続きを見る]

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは腟の入口付近にある左右一対の腺で、性行為を滑らかにするための液を分泌しています。 この分泌腺にブドウ球菌、淋菌(りんきん)、バクテロイデス、クラミジア・トラコマチスなどが感染して炎症を起こす病気で、外陰部[…]

[» 続きを見る]

うつ病の症例

30代女性。 2人目出産後から両足の大腿部の内側に違和感を感じていたが、「完璧な母親でありたい」という思いから家事・育児にと奮闘しすぎたことにより産後うつとなる。 大腿部の違和感は整形外科でMRI検査にて腰椎椎間板ヘルニ[…]

[» 続きを見る]

アトピー性皮膚炎に照海穴

30代女性。 幼少期よりアトピー性皮膚炎があったが、高校生の時に毎日のように菓子パンを食べていたら症状悪化。 以後、ステロイド軟膏を使用し症状を和らげていたが、今年の春から仕事の関係上、パンをよく食べるようになり再度症状[…]

[» 続きを見る]

抗生物質の副作用による手湿疹

薬の副作用って真剣に考えたことはありますか? あまり深く考えずにポンポンと飲んでしまう方もいるのではないでしょうか? 抗生物質の副作用でこんな症状が出る方もいるようです。 それが「カンジタ」。 カンジタと言えば性感染症の[…]

[» 続きを見る]