薬の副作用って真剣に考えたことはありますか?
あまり深く考えずにポンポンと飲んでしまう方もいるのではないでしょうか?
抗生物質の副作用でこんな症状が出る方もいるようです。

それが「カンジタ」。

カンジタと言えば性感染症の1つとして有名で、特に女性が罹りやすい性感染症になります。
カンジタはカビの一種であるカンジタ菌の感染により発症し、症状は外陰部のかゆみ、おりものの増加、チーズ状のパサパサしたおりものが出るなどがあります。

しかし、このカンジタという病気は性感染症ではないという考え方もあり、風邪、ストレス、寝不足、疲労などで体力が落ちた時に症状が出ることもあります。

そして、抗生物質の使用後に発症することもあるそうです。

抗生物質は身体にとって有害な菌だけではなく、体を守るために必要な菌も退治してしまいますが、カンジタ菌は真菌というカビの一種であるため抗生物質は効きません。

そのため、抗生物質を使用することで他の菌は死滅するが、カンジタ菌は生き残り、そして増殖することによりカンジタを発症してしまいます。

調べてみると意外と抗生物質を服用後にカンジタを発症する方は多いようです。
そして、当院にも抗生物質服用後にカンジタのような症状が出るとともに、手湿疹を発症した方が来院されました。
皮膚科ではあまりちゃんと診察をしてくれず、「じゃあ薬だしときますね。」で終わってしまうためあまり行く気にはならないそうです。

image

これはかなり酷い状態です。
薬の副作用は本当に恐ろしい・・・
結果はまた後日ご報告します。

驚きの改善が見られました。詳細はこちら

Share
---------------------------------------------------------------------
名古屋市中川区の蓬祥鍼灸院は西洋医学では原因不明で治療法がない、
薬に頼りたくないという方に東洋医学の面から治療を行う鍼灸院です。
〒454-0911
愛知県名古屋市中川区高畑5-227 IBハイツ201
TEL 052-355-6866
---------------------------------------------------------------------